[CML 049280] 天安門の母「歴史見直して」 きょう事件から28年,「真相、賠償、問責」三個訴求公平公正,公民權利

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 7月 5日 (水) 12:36:41 JST


天安門の母「歴史見直して」 きょう事件から28年

2017年6月4日 朝刊


息子の王楠さんの遺影に花を供える張先玲さん。王楠さんは生きていれば47歳になるが、その姿は見られない=平岩勇司撮影
[image: 写真]

【北京=平岩勇司】中国で民主化を求める学生や市民が武力弾圧された一九八九年の天安門事件から、四日で二十八年。事件で子どもを亡くした親の会「天安門の母」は一日、今年も事件の真相究明を求める公開書簡を発表した。創設者の一人、張先玲さん(79)は「いつか必ず歴史が見直される時が来る」と訴える。

「軍は人民を撃つかな?」。北京に戒厳令が敷かれ、街中が緊迫していた八九年六月三日夜、張さんは息子の王楠さん(19)から問いかけられた。「そんなことはないだろうけど、今晩は外に行ってはだめよ」。そう忠告したが、ジャーナリスト志望だった王さんの思いは止められなかった。「この歴史的な動きを記録したいんだ」。深夜にカメラと録音機を持って家を飛び出す。そして四日未明、学生の集まる天安門広場近くで制圧部隊に頭を銃で撃たれ、死亡した。

「息子は反革命分子ではない。愛国青年でした。軍が人民を殺すなんて許されない」。同じ境遇の親らと「天安門の母」を設立し、「真相究明、謝罪と賠償、責任追及」を求め公開書簡を発表してきた。だが政府の回答はなく、警察から監視されるように。毎年六月四日が近づくと電話は遮断され、墓参りも警察同行でしか認められない。

八九年当時は改革・開放政策が軌道に乗り始めた時期。官僚と企業の腐敗問題も浮上し、学生らは「腐敗撲滅」をスローガンにした。張さんは「習近平国家主席は『反腐敗』を掲げている。それこそ学生たちの要求だった」と指摘する。

だが、弾圧を過ちと認めることは共産党政権の正統性を揺るがす。中国外務省の報道官は二日の記者会見で天安門事件への見解を問われ「八〇年代末の政治風波(騒ぎ)について政府は既に結論を出している」と例年通りコメントした。

二十八年がたち「天安門の母」のメンバーも次々と亡くなっている。「悔しい。死んでも目をつぶらない」「私の代わりに解決の時を見届けて」。それぞれ亡くなる前に無念の思いを伝え、旅立っていく。

張さんはたびたび王楠さんの夢を見る。「家で友人とおしゃべりをしていると、友人が『王楠が帰ってきた』と言うんです。ドアが開くと十九歳のままの王楠が顔を出して。遅く帰宅した時にいつも見せる、すまなそうな、はにかんだ表情なの。私は泣きながら息子に抱きついて…」

長い年月がたとうと悲しみは消えない。事件が風化しようと事実は消えない。「いつか必ず正しい評価が下されると信じている。その時まで生き続けます」

<天安門事件>
1989年4月に改革派指導者の胡耀邦元共産党総書記が死亡したことを機に、学生らが政治の民主化や言論の自由、腐敗撲滅を要求。天安門広場を拠点に活動を続けたが、軍が6月3日夜から4日未明に弾圧した。当局は死者数を319人としているが、数千人に達するともいわれる。
【六四28】天安門母親公開信:初心不改 矢志不渝
https://www.hk01.com/%E5%85%A9%E5%B2%B8/95263/-%E5%85%AD%E5%9B%9B28-%E5%A4%A9%E5%AE%89%E9%96%80%E6%AF%8D%E8%A6%AA%E5%85%AC%E9%96%8B%E4%BF%A1-%E5%88%9D%E5%BF%83%E4%B8%8D%E6%94%B9-%E7%9F%A2%E5%BF%97%E4%B8%8D%E6%B8%9D
撰文: 李俊杰
發佈日期:2017-06-02 17:32
最後更新日期:2017-06-02 20:01
 丁子霖與丈夫蔣培坤。(網絡圖片)



今年是六四事件28周年,「天安門母親」於過去一年共有5名年老的六四死者家屬去世。天安門母親發起人張先玲接受香港電台專訪時表示,另一位發起人丁子霖疾病纏身,加上其丈夫前年蔣培坤去世,丁心靈受創,至今已經兩年缺席聚會。

天安門母親發言人尤維潔指出,缺乏丁子霖與蔣培坤兩位學者協助,天安門母親蒙受打擊和損失。尤維潔表示,丁子霖去年接過一名男子來電,對方聲稱民政部門與家屬討論賠償問題,而若事件屬實,反映當局藉逐個擊破策略分化家屬,此行為是不可接受。張先玲與尤維潔兩人都認為,「真相、賠償、問責」三個訴求缺一不可,絕不退讓。

*天安門母親公開信:初心不改,矢志不渝*

天安門母親近日亦在其網頁發表公開信
<http://www.tiananmenmother.org/TiananmenMother/28%20years/m20170604001.htm>
,指出由1989年至今,已有48位難屬去世,「每個人心裡都明白,我們未來的時間不多了,但是大家仍抱有一個共同的願望,希望能在有生之年看到為『六四』正名,為無辜的罹難者恢復名譽」。

公開信又指,(死難者家屬)身為中國公民,受中國憲法的保護,我們有權利就「六四」慘案中失去親人提出我們的申訴。我們不能接受政府將學生愛國運動定性為「反革命暴亂」並以平暴為由用機槍、坦克屠殺手無寸鐵的學生、市民,亦不能接受政府將六四定性為「政治風波」,指這只是政府單方面為屠殺推脫責任。

公開信表示死難者家屬,家屬多年來被監控、軟禁等,無法自由舉行哀悼活動,但會繼續堅持三項訴求,即「真相、賠償、問責」,無論遇到甚麼壓力,都初心不改,矢志不渝。

公開信最後更指出,中國執政黨與政府一天不就「六四」屠殺進行反思、不承認其對國家與國民犯下的罪行、不落實「天安門母親群體」的三項訴求,中國社會就不可能有實際意義的公平公正,公民權利、依法治國就是一句空話。

今年是六四事件28周年,「天安門母親」於過去一年共有5名年老的六四死者家屬去世。天安門母親發起人張先玲接受香港電台專訪時表示,另一位發起人丁子霖疾病纏身,加上其丈夫前年蔣培坤去世,丁心靈受創,至今已經兩年缺席聚會。

天安門母親發言人尤維潔指出,缺乏丁子霖與蔣培坤兩位學者協助,天安門母親蒙受打擊和損失。尤維潔表示,丁子霖去年接過一名男子來電,對方聲稱民政部門與家屬討論賠償問題,而若事件屬實,反映當局藉逐個擊破策略分化家屬,此行為是不可接受。張先玲與尤維潔兩人都認為,「真相、賠償、問責」三個訴求缺一不可,絕不退讓。


今年是六四事件28周年,「天安門母親」於過去一年共有5名年老的六四死者家屬去世。天安門母親發起人張先玲接受香港電台專訪時表示,另一位發起人丁子霖疾病纏身,加上其丈夫前年蔣培坤去世,丁心靈受創,至今已經兩年缺席聚會。

天安門母親發言人尤維潔指出,缺乏丁子霖與蔣培坤兩位學者協助,天安門母親蒙受打擊和損失。尤維潔表示,丁子霖去年接過一名男子來電,對方聲稱民政部門與家屬討論賠償問題,而若事件屬實,反映當局藉逐個擊破策略分化家屬,此行為是不可接受。張先玲與尤維潔兩人都認為,「真相、賠償、問責」三個訴求缺一不可,絕不退讓。
天安門母親發言人尤維潔。(余俊亮攝)
相關文章
【圖集】六四前夕天安門塵封照片首曝光 窺見學生運動真實面貌
<https://www.hk01.com/兩岸/95027/-%E5%9C%96%E9%9B%86-%E5%85%AD%E5%9B%9B%E5%89%8D%E5%A4%95%E5%A4%A9%E5%AE%89%E9%96%80%E5%A1%B5%E5%B0%81%E7%85%A7%E7%89%87%E9%A6%96%E6%9B%9D%E5%85%89-%E7%AA%BA%E8%A6%8B%E5%AD%B8%E7%94%9F%E9%81%8B%E5%8B%95%E7%9C%9F%E5%AF%A6%E9%9D%A2%E8%B2%8C>
【內地維權.博評】天安門母親走了 卻迎來一個個709母親
<https://www.hk01.com/01博評-政經社/91794/-%E5%85%A7%E5%9C%B0%E7%B6%AD%E6%AC%8A-%E5%8D%9A%E8%A9%95-%E5%A4%A9%E5%AE%89%E9%96%80%E6%AF%8D%E8%A6%AA%E8%B5%B0%E4%BA%86-%E5%8D%BB%E8%BF%8E%E4%BE%86%E4%B8%80%E5%80%8B%E5%80%8B709%E6%AF%8D%E8%A6%AA>
89年擲顏料污損天安門毛澤東像 民運人士余志堅美國病逝
<https://www.hk01.com/兩岸/81741/89%E5%B9%B4%E6%93%B2%E9%A1%8F%E6%96%99%E6%B1%A1%E6%90%8D%E5%A4%A9%E5%AE%89%E9%96%80%E6%AF%9B%E6%BE%A4%E6%9D%B1%E5%83%8F-%E6%B0%91%E9%81%8B%E4%BA%BA%E5%A3%AB%E4%BD%99%E5%BF%97%E5%A0%85%E7%BE%8E%E5%9C%8B%E7%97%85%E9%80%9D>
天安門母親認為,不承認其對國家與國民犯下的罪行,依法治國就是一句空話。(余俊亮攝)

*天安門母親公開信:初心不改,矢志不渝*

天安門母親近日亦在其網頁發表公開信
<http://www.tiananmenmother.org/TiananmenMother/28%20years/m20170604001.htm>
,指出由1989年至今,已有48位難屬去世,「每個人心裡都明白,我們未來的時間不多了,但是大家仍抱有一個共同的願望,希望能在有生之年看到為『六四』正名,為無辜的罹難者恢復名譽」。

公開信又指,(死難者家屬)身為中國公民,受中國憲法的保護,我們有權利就「六四」慘案中失去親人提出我們的申訴。我們不能接受政府將學生愛國運動定性為「反革命暴亂」並以平暴為由用機槍、坦克屠殺手無寸鐵的學生、市民,亦不能接受政府將六四定性為「政治風波」,指這只是政府單方面為屠殺推脫責任。

公開信表示死難者家屬,家屬多年來被監控、軟禁等,無法自由舉行哀悼活動,但會繼續堅持三項訴求,即「真相、賠償、問責」,無論遇到甚麼壓力,都初心不改,矢志不渝。

公開信最後更指出,中國執政黨與政府一天不就「六四」屠殺進行反思、不承認其對國家與國民犯下的罪行、不落實「天安門母親群體」的三項訴求,中國社會就不可能有實際意義的公平公正,公民權利、依法治國就是一句空話。


CML メーリングリストの案内