[CML 049201] 政権批判の催し中止は「憲法違反」 姫路市、認める:朝日新聞デジタル

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 7月 3日 (月) 18:04:10 JST


政権批判の催し中止は「憲法違反」 姫路市、認める:朝日新聞デジタル
<http://www.asahi.com/articles/ASH9Y4VCLH9YPIHB01M.html>

>兵庫県姫路市が7月、安倍政権を批判するポスター掲示や発言があったことを理由に催しを中止させた問題で、市は「中止は集会、表現の自由を保障した憲法に違反していた」とし、主催した西播地域労働組合総連合(西播労連)に対し、正式に謝罪することを決めた。西播労連はこれを受け、市を相手取り約220万円の損害賠償を求めて神戸地裁姫路支部に起こした訴訟を取り下げる。


>市は8月に謝罪する意向を示していたが、西播労連側は「形だけの謝罪では終わりにできない」として提訴。「中止は違憲」と認めることなどを市に申し入れていた。西播労連側によると今回、市が違憲と認め、催しのやり直しに応じるなど申し入れの内容を大筋で受け入れたという。30日に市役所で正式に謝罪する。



*>市が違憲と認め、催しのやり直しに応じるなど申し入れの内容を大筋で受け入れた*


へえ~、これは凄いですね。

自治体は中立だから政権批判は認めないものと思っていましたが、一方で福岡は戦争展の後援をやめたかと思えば、百田尚樹の講演の後援はしたりと基準がまったくわからないですからね。

今回、姫路市が「憲法違反」と認めた事は、他の自治体にも影響するんじゃないでしょうかね。


CML メーリングリストの案内