[CML 049196] 動物を犠牲にしない社会のあり方を考えよう。動物実験せずに獣医師になれませんか?

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 7月 3日 (月) 15:16:16 JST


動物を犠牲にしない社会のあり方を考えよう <http://blog.goo.ne.jp/zebralucien>
倫理的科学的観点から動物実験に反対する/軍事予算拒絶。研究成果が軍事転用されるのを恐れ
<https://ameblo.jp/nekoinusun/entry-11975997545.html>

<https://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/katameno_unko>

https://ameblo.jp/nekoinusun/theme-10086988115.html
こんにちは。これは、京都での管理人のアニマルライツ活動記録や、アニマルライツに関しておもうことをつづったブログです。










*http://blog.goo.ne.jp/zebralucien
<http://blog.goo.ne.jp/zebralucien>渋谷区教委が主催する中学生向けセミナーで、マウスの解剖を行うことについて、市民団体「動物実験廃止・全国ネットワーク」と「地球生物会議」(文京区)が中止するよう要望し、区教委は十四日、中止を決めた。
セミナーは、中学生の科学離れを食い止める狙いで毎年開催しており、解剖や化石の 発掘など、学校ではできない本物に触れる実験や体験を行っている。
ことしは全五回で、区内の中学生十四人が応募。初回の二十九日がマウスの解剖だった。
昨年まではカエルを解剖していたが、両生類の致死率が高いツボカビ病が今年、国内で 初確認されたことなどから、マウスに替えたという。
区内の会員が区報で募集記事を見たのがきっかけで、両団体は ▽映像など代替方法がある ▽生命の大切さを知るために殺すのは本末転倒 ▽インドや
スイスでは子どもの生体解剖を禁止している-などと十二日、文書で中止を要望した。*
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20070915/CK2007091502048940.html



*十四日に再要望に訪れた会員ら六人に、田端清・児童育成担当副参事は「解剖学は否定しないが、庁内でもヒトに近いほ乳類のマウスを中学生に解剖させる是非に賛否両論が出ていた中で、要望もあったので、中止を決めた」と話した。今回のセミナーは骨格や筋肉に関する学習に変更。来年度も、マウスの解剖はしない方針という。
両団体の事務局を務める東さちこさんは「ネズミの解剖中止は一つの成果だが、カエルや魚ならよいわけではなく、今後も運動を続けたい」と話した。*
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20070915/CK2007091502048940.html


CML メーリングリストの案内