[CML 049193] J・クロムウェル 反原発所集会で逮捕。表現の自由に対する弾圧の懸念。

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 7月 3日 (月) 14:11:10 JST


アニマルライツセンター
http://www.arcj.org/en/国連「表現の自由」特別報告者「懸念は深まった」記者クラブ廃止など提言【発言詳報】

http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/19/freedom-of-expression_n_9728404.htm

表現の自由を守る会

https://hyogen.jp/l
山田太郎議員が、アニメ・漫画・ゲーム等を守るためにしてくれた事まとめ(2016年6月版)
<http://nijigenkisei.ldblog.jp/archives/47848248.html>

http://nijigenkisei.ldblog.jp/archives/47848248.html
Mr.H <https://twitter.com/DrStrangel> @*DrStrangel*
<https://twitter.com/DrStrangel>

映画、漫画、小説等サブカル全般、加えて小林よしのりと中日ドラゴンズ、浦和レッドダイヤモンズのファン。RTをメインに有益な情報及び言論を広げようと思ってます。
反原発、反TPP、反・排外主義、反ネトウヨ、反ネトリべ。女性宮家創設を切に願う。”やり方は三つしかない。正しいやり方。間違ったやり方。俺のやり方だ(byカジノ)

←ジェームズ・クロムウェルさん演じる刑務所長さん(「グリーンマイル」) →ジェームズ・クロムウェルさん演じる刑務所長さん(「ロンゲスト・ヤード」)

https://twitter.com/KilkilGoregore/status/880067430424264706
J・クロムウェル 反原発所集会で逮捕

2015.12.21 12:40
Tweet <http://twitter.com/share>
[image: 米俳優、ジェームズ・クロムウェルさん(左)=2015年12月18日、米ニューヨーク州ワワヤンダ(AP)]
<http://www.sankeibiz.jp/express/photos/151221/exf15122112400004-p1.htm>

米俳優、ジェームズ・クロムウェルさん(左)=2015年12月18日、米ニューヨーク州ワワヤンダ(AP)【拡大】
<http://www.sankeibiz.jp/express/photos/151221/exf15122112400004-p1.htm>

映画「ベイブ」(1995年)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた米俳優、ジェームズ・クロムウェルさん(75)が18日、米ニューヨーク州ワワヤンダで発電所の建設に抗議する集会を開き、逮捕された。AP通信が伝えた。

クロムウェルさんら約30人は建設現場の入り口をふさぎ、「発電所の排出する毒物が人々の健康に悪影響を与える」などと叫び、建設中止を訴えていた。環境保護活動に熱心なことで知られているクロムウェルさんのほか、5人も逮捕された
『ベイブ』ジェームズ・クロムウェル、霊長類輸送を続けるエールフランスに抗議

   - «前の映画ニュース <https://www.cinematoday.jp/news/N0062619>
   - 次の映画ニュース» <https://www.cinematoday.jp/news/N0062622>

2014年5月1日 <https://www.cinematoday.jp/news/date/2014/05/01>
[image: 『ベイブ』ジェームズ・クロムウェル、霊長類輸送を続けるエールフランスに抗議]
「虐待は許されない」ジェームズ・クロムウェル - Joe Kohen / FilmMagic / Getty Images

   - [image: 拡大] 画像拡大 <https://www.cinematoday.jp/image/N0062621_l>

動物愛護運動に熱心なことで知られる映画『ベイブ』のジェームズ・クロムウェルが、霊長類を研究所に空輸し続けているエールフランスに抗議をするため、木箱に入って動物虐待反対を訴えた。

映画『ベイブ/都会へ行く』フォトギャラリー <http://ctdy.jp/u9THoTt5>

CBS Los
Angelesなどによると、ジェームズはロサンゼルス国際空港のエールフランスのターミナルに金網と木で作られた大きな箱を置き、その中に入って抗議をしたとのこと。エールフランスは大手航空会社の中では唯一、霊長類を実験用に研究所に空輸する会社だと動物愛護団体PETAは言っており、2013年だけでも5,500匹の猿が同社によって研究所に運ばれたという。

「一番の惨劇は、何も知らないエールフランスの乗客の席の下のカーゴ室で、猿が苦痛と恐怖を味わっていることです。わたしとPETAは、虐待は許されないということを訴えにきました」とジェームズはコメントしている。この抗議運動に対し、エールフランスはまだコメントは出していない。

ジェームズは今年2月にウィスコンシン大学構内で行った動物虐待に対する抗議運動で警備員に取り押さえられ、逮捕されている。(澤田理沙)
抗議活動で逮捕 罰金拒否で実刑へ 『ベイブ』俳優

   - «前の映画ニュース <https://www.cinematoday.jp/news/N0092619>
   - 次の映画ニュース» <https://www.cinematoday.jp/news/N0092633>

2017年7月3日 11時15分 <https://www.cinematoday.jp/news/date/2017/07/03>
[image: 抗議活動で逮捕 罰金拒否で実刑へ 『ベイブ』俳優]
支払い拒否 - ジェームズ・クロムウェル - Roy Rochlin / FilmMagic / Getty Images

   - [image: 拡大] 画像拡大 <https://www.cinematoday.jp/image/N0092629_l>

映画『ベイブ』(1995)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた俳優ジェームズ・クロムウェルが、1週間の禁固刑を言い渡されたと Times
Herald-Record などが報じた。

『ベイブ』の続編『ベイブ/都会へ行く』フォトギャラリー
<https://www.cinematoday.jp/movie/T0010661/photo>

ジェームズは2015年12月にニューヨーク州北部に建設中の発電所で抗議活動に参加し、逮捕されている。交通妨害で有罪となり、罰金375ドル(約4万1,250円)の支払いを命じられたが、これを拒否し続けたことで今回の実刑判決を受けたそう。(1ドル110円計算)

この時に逮捕された6人のうち、3人は罰金を支払ったが、ジェームズのほかに2人が支払いを拒否しており、彼らも禁固刑を言い渡されたという。裁判官は7月14日まで支払いを待つことを承諾したものの、ジェームズは「団結しなければ何も変わらない。パワー・トゥ・ザ・ピープル」とメディアにコメントしているため、罰金を支払わずに刑務所に入るものと思われる。(澤田理沙)


CML メーリングリストの案内