[CML 049172] 野良犬猫への餌やりが禁止される? モラルを低下させる「モラル条例」案を改善させよう! ~北九州市~

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 7月 3日 (月) 09:47:28 JST


動物実験廃止を求める会
http://www.java-animal.org/topics/2006/06/01/2810/


*野良犬猫への餌やりが禁止される? モラルを低下させる「モラル条例」案を改善させよう! ~北九州市~*

北九州市が検討を進めている「北九州市モラル条例」には、タバコのポイ捨てや自転車の無謀運転などと共に「野良犬、野良猫に餌を与えること」も禁止行為として含まれていることがわかりました。
餌やり禁止」の問題点とは・・・

   - *野良猫へのエサやりを禁じることは、「地域猫活動」を妨げることになる*

「地域猫活動」が全国的な広がりをみせているように、「野良猫の増加」「猫の糞」などの問題は、「不妊去勢手術の徹底」や「遺棄の防止」「終生、愛情を持って育てる飼い主の義務」などを広める動物愛護を基盤にした、息の長い地域ぐるみの取り組みによってしか、根本的な解決の道はありません。
行政と連携した本格的な活動を行う市民グループも増えていますが、元をたどれば、一人、二人の市民による取り組みが発展したものです。つまり


*、「餌やりする市民」は「地域猫活動ボランティアの卵」と言えます。
本来なら、行政は、こういった「餌やり市民」を励ましながら、「餌をやるだけだと、不幸な猫が増えてしまうので、不妊去勢手術もお願いします」と地域猫活動への参加に導くべきなのです。ところが、「北九州市モラル条例」では、「野良猫への餌やりは禁じる」としており、これでは、地域猫活動の芽をつんでしまうことにつながってしまいます。
地域猫活動をしている市民の中には、その地道な活動を理解されず、日頃から近隣住民に「餌をやるな!」などと怒鳴られたり、嫌がらせを受けるなど辛い目にあっている人が多いのが現状です。
このような状況で万が一にも、「野良猫の餌やりは禁じる」と条例で定められた場合、「これから地域猫活動していこう」と考える人や、活動を続けているボランティアは、「この活動を理解せず、快く思っていない人から市や警察に通報されるかもしれない」といった精神的重圧から、地域猫の活動の開始を断念したり、続けていた活動から手を引いてしまいかねません。つまり、「餌やり禁止」は、地域のためになる市民活動を阻害することになるのです。*

   - *野良犬猫への餌やりを禁じることは、「優しさ」を否定することになり、市民のモラルを低下させる。*

*「餌やり」行為は、市民の動物を思う優しい気持ちの現れであり、それを条例で行政が禁止する、という方法は、市民感情を大変傷つけるばかりか、動物愛護精神に反するものです。*
野良犬猫が増える原因は、「犬猫を捨てる(遺棄する)」「不妊手術を施していない飼い犬猫が公園など、自宅以外で子供を産んだ(繁殖制限を怠る)」などに尽きます。犬猫の遺棄を取り締まり、不妊去勢手術の実施を市民に周知徹底させれば、不幸な犬猫はいなくなっていくのです。
市民の模範となるべき行政が、飼い主に捨てられた不幸な犬猫への餌やりを禁じるということは、市民のモラル低下を招き、逆に捨て犬猫を増やすことにもなりかねません。

   - *野良犬猫への餌やりを禁じることは、生命倫理観の欠如にもつながる*

昨今、残酷な動物虐待事件が多発し、虐げたり殺して喜びを味わうという残酷で異常な行為も少なくありません。一方、人に対する凶悪犯罪も多発していて、その前段階において、小動物の虐待を行なっていたという数多くの事実が判明しています。つまり動物の生命尊重は、弱者をいたわる、思いやりのある温かい社会づくりと深く関わっているのです。人々の生命観の希薄さ、倫理観の欠如が凶悪犯罪の原因であることは言うまでもなく、野良犬や野良猫への餌やりを禁じることは、市民、とりわけ多感な時期の青少年に悪影響を及ぼします。
多くの意見を届けてください

この「北九州市モラル条例」案には、以上のような大きな問題があると判断したJAVAは、担当部署である北九州市の安全・安心課に対して詳細を確認し、問題点の指摘を行いました。また、検討委員会委員長宛に

   1.  「北九州市モラル条例」案から、「野良犬、野良猫に餌を与えることを禁じる」を削除すること。
   2.  「北九州市モラル条例」を動物愛護に反しない条例にすること。

を強く求めました。
ぜひ、皆さんからも「野良犬猫への餌やり禁止を盛り込まないで」といった要望をしてください。

*<要望先>*
*北九州市 総務市民局 安全・安心課*
〒803-8501 福岡県北九州市小倉北区城内1番1号
TEL:093-582-2911(直通)
FAX:093-582-3889(直通)
Eメール:sou-anshin at mail2.city.kitakyushu.jp(直通)


CML メーリングリストの案内