[CML 046637] Re:  谷口真由美 難民を受け入れない日本人にトランプ大統領を批判する資格はあるのか?日本にはすでに巨大な壁がある!

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2017年 1月 31日 (火) 21:15:16 JST


                             (情報記載 石垣)
みなさん
お世話様

>アメリカには腹も立つものの、市民は批判の精神を持ち、日本だとなあなあで認めてしまい、
しかし市民は空港で弁護士の皆さんが、7か国から来た人たちに、プラカードを持って助けるとしており、
本来お金をもらうべき仕事を、プロのボランティアでやって、それも全米の空港でやっており、
アメリカの市民はやれることをすぐにやり、これは日本も学ぶべき

これは的確です。
安保法制(戦争法)反対で2015.9.19国会に10万人を超え集まりました。
しかし、安倍政権はこれに懲りず、「テロ等準備罪」という共謀罪
を提出、特定秘密保護法、安保法制(戦争法)、「テロ等準備罪」で
事実上、平和憲法は破壊されます、
             安保法制違憲訴訟埼玉の会 石垣敏夫

 谷口真由美 難民を受け入れない日本人にトランプ大統領を批判する資格はあるのか?日本にはすでに巨大な壁がある!

 永岡です、朝日放送ラジオの、堀江政生のほりナビクロス、火曜日に大阪国際大の谷口真由美さんが出られました。

 今回も、トランプ大統領のことで、前大統領の悪口をふつうは言わないのに、ボロクソ&司法長官を解任、ダウ下落、規制緩和の大統領令、日米首脳会談の前に、でんでん総理とトヨタの会長が会談で、谷口さん、移民を使ってきたアメリカであり、トランプ氏の企業も移民に支えられたと言われました。また、カナダでのテロで、カナダは難民を受け入れて、それへの危惧も語られました。

 

 谷口真由美のドタバタ!?会議、全日本おばちゃん党代表代行の谷口さん、言わないといけないことがあり過ぎて、しかし日本でも通常国会で共謀罪もあり、トランプ氏の騒動から見て、日本の我々の考えるべきこと、今日のトランプ氏、イラン、イラク他7か国の入国停止に世界で反発であり、しかしこの7か国は、ワシントンポストの報道で、トランプ氏の取引した国は入っておらず、要するに自分と利益関係のない国で見せしめであり、なぜこの7か国か、アメリカの難民でこの7か国の人はテロはなく、ではなぜか?これはアメリカのメディアも攻勢をかけるが、アメリカは移民の国であり、移民を入れないと、トランプ氏も出て行かないとならず、ネイティブアメリカンしかいてはいけないし、白人は宗教の迫害を逃れてアメリカに移民として来て、グリーンカードを持つ人は、移民として存在し、谷口さんは3月にニューヨークの国連の女性会議に出るのに、7か国の方は入れず、国連の職員は入れるが、7か国の大学の先生etcは入れず、国連のスタッフも、アフリカの国境は保護の必要な人に開かれていると、トランプ氏を批判して、アメリカの司法長官、三権分立のサリー氏、トランプ氏の大統領令を出した7か国について、無視すべきと通知したら、トランプ氏に解任されて、これに対して、トランプ氏のスポークスマンはツイッターで発信したが、もちろん記者会見すべきであり、アメリカ市民はこれに抗議して立ち上がり、日本でも内閣の法制局長官が戦争準備法案関係で更迭されて、しかしアメリカには腹も立つものの、市民は批判の精神を持ち、日本だとなあなあで認めてしまい、しかし市民は空港で弁護士の皆さんが、7か国から来た人たちに、プラカードを持って助けるとしており、本来お金をもらうべき仕事を、プロのボランティアでやって、それも全米の空港でやっており、アメリカの市民はやれることをすぐにやり、これは日本も学ぶべきで、アメリカの議会前などで、トランプ氏に憲法を知っているのかとデモであり、日本でも東京でトランプ氏に反対の行動があり、そういう呼びかけは、アメリカの弁護士さんもやり、アメリカの大使館の前に、壁ではなく橋を、とアメリカ国民がデモ、戦争準備法案の市民デモには、冷ややかな反応なのに、外国なデモには日本国民も寛容で、日本国民も立ち上がるべき、スタバのCEOは、トランプ氏の難民排斥に対して、1万人の難民を雇用するとして、この国の良識、アメリカンドリームに疑問が出ているためで、移民が成功する=アメリカンドリーム、特定の国を拒否するのは許されず、アップルもトランプ氏を批判して、アメリカでは大企業がトランプ氏を批判して、日本も楽天の三木谷氏が批判して、スマホ用のアメリカとの国際電話を無料にしたのみで、しかし日本で、総理に対して、大企業は動くことはなく、企業が悪いと言うより、我々日本国民の感性で、国民が立ち上がるべきであり、マインドとして、アメリカのことを連日ワイドショーでやっても、他所の国のこと、日本はどうなのか?イギリスのメイ首相も、トランプ氏を批判、メルケル首相は難民条約を知っているかと言うほどであり、同盟国の日本も、アメリカに言うべきか?同盟国のカナダは難民受け入れを言い、しかし安倍総理はノーコメントはおかしい、尻尾を振っているだけであり、日本国民も、イギリスやドイツの首相を褒めるのではなく、自分の国の政治家にちゃんとさせるべきで、民度は上がらず、我々の話であり、難民条約、2015年度に難民申請は7000人以上いるのに、認定は27人、陣頭畳からの配慮を入れても100人程度「日本には巨大な壁がすでにあり、排外主義の国」、鎖国状態で、東京高裁で、日本で生まれたタイ人の高校生が強制送還の判決、両親は強制送還であり、子どもも帰れ、この人は16年日本の学校にいたのに、強制退去にされて、両親が不法滞在でも、子どもは日本で暮らして、日本語しかしゃべれず、これを認めなかったのは大問題なのに、これに大きく日本国民は異議を唱えず、日本国民は、トランプ氏のことを他山の石として、国際化をしないと、世界から取り残されると言われて、堀江さんも、日本は移民、難民を受け入れないと成り立たないと言われて、谷口さん、移民の受け入れの準備もないのに、日本はトランプ氏を批判するのみで、日本人が難民に壁を作っていることをちゃんと認識すべきと、谷口さん締めくくられました、以上、谷口さんのお話でした。

 

 

 

 


CML メーリングリストの案内