[CML 046601] IK改憲重要情報(176)

河内 謙策 kenkawauchi at nifty.com
2017年 1月 28日 (土) 14:36:46 JST


IK改憲重要情報(176)[2017年1月28日]

私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信しま
す。

(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由で
す)

弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策

連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所電話
03-6914-3844,FAX03-6914-3884

河内が参加している「南シナ海問題署名運動」のサイトは以下のとおりです。

http://www.southcs.org/
__________________
(以下の見解は、河内の見解です。市川の見解は必ずしも河内の見解と同一ではあり
ません。御了解ください。)

   安倍・トランプ電話会談の危険性

 本日夜、安倍首相とトランプ大統領の電話会談が行われると発表されています。
 天木直人氏が、早速、この電話会談に対する憂慮を表明されました。私も、天木氏
の憂慮に同意の意見を表明させていただきたいと思います。
http://天木直人.com/2017/01/28/post-5965/

 私が強調したいことは、オバマ大統領の時にはオバマ大統領にあわせ、トランプ大
統領になればトランプ大統領にあわせて、国民にはかることも無く無原則に日本の将
来を決めていくのは日本の利益を放棄する売国外交だということです。安倍首相は右
翼だという意見もありますが、今や、自分の首相の地位を最優先させる権力主義者に
なったということです。
 私が心配するのは、トランプが必ず日本の防衛力と日本の役割拡大を言ってくるの
に対し、安倍首相は、それを受け入れる決意を既に固めている事です。それは、すで
に国会答弁の中で明らかになっています。
http://www.zakzak.co.jp/smp/society/politics/news/20170127/plt1701270830003-
s1.htm

トランプ公約に従えば、日本の軍事費は今の2倍(!)になります。これが、どんな
重圧を日本国民にもたらすことになるか、いうまでもありません。イギリスは、すで
にGDP2%を受け入れました。
http://www.sankei.com/world/news/170128/wor1701280005-n1.html

  安倍首相は、TPPが破綻したので苦境に陥っています。それで、トランプの通
商協定という案に飛びつくことでしょう。しかし、自由貿易はいいことだ、というの
が幻想であることは既に明らかにになっていることです。

 日本の民衆運動は、世界情勢の急展開に合わせて、その隊列を急速に整える必要が
あるのではないでしょうか。

_______________
          以上


 






CML メーリングリストの案内