[CML 046589] Fwd: レイプ加害者と強制結婚?!

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 1月 27日 (金) 16:38:31 JST


---------- 転送メッセージ ----------
From: リサラット・カーン - Avaaz <avaaz at avaaz.org>
日付: 2017年1月27日 16:16
件名: レイプ加害者と強制結婚?!
To: "baffydct at gmail.com" <baffydct at gmail.com>


<https://secure.avaaz.org/campaign/jp/bangladesh_child_marriage_law/?bmZQylb&v=87322&cl=11733452947&_checksum=3f857645fe09009ec57c9708bba27261e3bead2b9109a5a1bd6818a80ff9a80e>

*バングラデシュでは、レイプ被害に遭った未成年の少女と加害者との強制結婚を認めかねない法案が可決されようとしています。*けれど、
女性の権利向上に取り組んできた同国首相に、少女たちを守る決断を下すよう強く訴えかければ、法案から強制結婚に関する条項を削除させることができるはずです。
*キャンペーンにご署名をお願いします。*


署名する
<https://secure.avaaz.org/campaign/jp/bangladesh_child_marriage_law/?bmZQylb&v=87322&cl=11733452947&_checksum=3f857645fe09009ec57c9708bba27261e3bead2b9109a5a1bd6818a80ff9a80e>
皆さま

署名ひとつで、バングラデシュのハシナ首相は、
*数百万人の少女を守ることができます。でも、同じ署名で、レイプ被害者の少女と加害者との強制結婚を認めかねない法案を成立させてしまう恐れもあるのです!*

バングラデシュは、少女や女性を守るための画期的な法案を可決させてきました。けれど、児童婚廃止に向けた新法案に「特殊状況」に関する条項が盛り込まれた場合、
レイプ被害者の少女と加害者との強制結婚を認めてしまう恐れがあります。

この問題に取り組んできた現地活動家らは、条項の削除を求める抗議デモを開催したところですが、もうこの法案は、いつ可決されてもおかしくありません。
*児童に対する強姦を許しかねない法の抜け穴を塞ぎ、*少女たちを守るための国家行動計画を速やかに進めていくよう、
*ハシナ首相に世界中から訴えかけましょう。*

*クリックして、児童強姦を認める条項を削除させる*
<https://secure.avaaz.org/campaign/jp/bangladesh_child_marriage_loc/>

*女性の権利向上を求める大規模抗議デモに続き、世界でもっとも弱い立場にある少女たちを守るために、私たちもできることがあるのです。*

これまでのところ、首相は「特殊状況」条項への支持を表明していますが、その理由は、農村地域に住むレイプ被害者の少女や妊娠中の少女たちにとっては
、結婚した方がまだ状況がましになるからだ、と述べています。けれど、彼女たちを守る手段は、結婚だけではないはずです。例えば、
父親の姓をもたない農村地域に暮らす少女やその子どもたちが、学校に通えるようにする法案を可決することや、「特殊状況」
下にある少女たちに必要な支援を提供する国家行動計画を新たに策定することも、そのひとつです。

この条項を削除し、児童婚廃止に率先して取り組むよう、ハシナ首相に訴えかけましょう。*キャンペーンに**ご署名**をお願いします。*

*クリックして、児童強姦を認める条項を削除させる*
<https://secure.avaaz.org/campaign/jp/bangladesh_child_marriage_loc/>

*バングラデシュでは、今後ますます女性の権利向上が期待されます。*1970年代、女性一人当たりの出産数は7人でしたが、
現在は2人を上回る程度にまで減少しました。また、助成金が支給されることで、より豊かな隣国のインドよりも多くの少女たちが、
中等教育を受けられることになります。

これまでにもAvaazは世界中のメンバーたちと力を合わせ、アフガニスタンからインド、ソマリア、ケニアに至るまで、
少女たちをこのような虐待から守るために立ち上がり、女性の権利向上を求めてきました。児童婚根絶に向けた希望の光となるよう、
皆でバングラデシュ政府を動かしましょう!

希望を込めて

リサラット、アントニア、リサ、エマ、アリス、リッケン、そしてAvaazチーム

関連情報:

15歳未満で結婚する女性が3割 児童婚が蔓延するバングラデシュ(ハフィントン・ポスト/日本語)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/27/child-brides-
wedding-in-bangladesh_n_8046636.html

児童婚認めるバングラデシュの新法案は「退歩」(ガーディアン/英語)
https://www.theguardian.com/global-development/2017/jan/
17/bangladesh-plan-to-allow-some-child-marri...
<https://www.theguardian.com/global-development/2017/jan/17/bangladesh-plan-to-allow-some-child-marriages-is-step-backwards>

バングラデシュ首相 女性支援に向けた取り組みで受賞(デイリー・スター/英語)
http://www.thedailystar.net/frontpage/pm-awarded-women-empowerment-1288363

バングラデシュで児童婚根絶に向けた取り組みが大きく後退(ヒューマン・ライツ・ウォッチ/英語)
https://www.hrw.org/news/2016/12/01/huge-step-backwards-
child-marriage-bangladesh

「児童婚は悪」に例外無し(デイリー・スター/英語)
http://www.thedailystar.net/opinion/no-strings-attached/
child-marriage-wrong-exceptions-are-unacceptable-1320772



------------------------------

*Avaaz.org は、世界各国4400万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです*。 このネットワークを通じて、
世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」
や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、
6大陸18カ国、17言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちら
<https://www.avaaz.org/jp/highlights.php/?footer>から、またFacebook
<https://www.facebook.com/Avaaz>やTwitter <https://twitter.com/Avaaz>もご覧ください。
メールアドレス、表示言語、その他個人情報の設定を変更するには、こちら
<https://www.avaaz.org/jp/contact/?footer>からご連絡ください。 *メール配信の停止をご希望の場合はこちらをクリック
<https://secure.avaaz.org/act/?r=unsub&bmZQylb&v=87322&lang=jp&cid=22374&_checksum=3f857645fe09009ec57c9708bba27261e3bead2b9109a5a1bd6818a80ff9a80e>*
してください。

Avaazにご連絡いただく場合は、*このメールに直接返信されるのではなく* 、こちら www.avaaz.org/jp/contact
<https://www.avaaz.org/jp/contact?footer> からご連絡いただくか、お電話 (+1) 888-922-8229
<+1%20888-922-8229> (米国)にてご連絡ください。


CML メーリングリストの案内