[CML 046489] 1/21(土)希望政策フォーラム「原発事故避難者に住まいと安心を」@文京区民センター

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2017年 1月 20日 (金) 01:41:49 JST


紅林進です。

開催日が明日1月21日(土)に迫りましたので、希望政策フォーラム「原発事故避難者に住まいと安心を」
のご案内を転載させていただきます。

ゲストの吉田千亜(フリーライター)さんのほか、避難当事者の方々も参加され、お話していただく予定です。


【転送・拡散歓迎!!】
───────────────────────────────────
明日1月21日(土)希望政策フォーラム「原発事故避難者に住まいと安心を」開催
───────────────────────────────────

いま宇都宮けんじが、最も緊急で重要な課題と位置付けているものに「原発事故自主避難者への住宅提供」
の打ち切り問題があります。移転先の目途のつかないまま退去勧告に追いつめられている避難者の方々。
特に東京都では、都職員による威圧的な退去勧告が繰り返され、都議会でも問題になりました。一方で、
東京都以外の自治体では、独自支援策が次 々に打ち出されています。阪神淡路大震災では、一昨年2015年
まで20年間にわたって公的支援が続けられました。

宇都宮けんじと希望のまち東京をつくる会では、すでに都知事と都議会各会派へ手渡した要望書のなかで提言。
都営住宅の優先入居枠も拡大されましたが、諸条件などが不十分なままです。

退去期限が刻々と迫るなか、急がなくてはなりません。ここ数日は新聞紙上でも大きく取り上げられ、また避難者
の子どもへのイジメ問題も表面化しております。ぜひ皆さんと一緒に、さらに世論を大きくひろげるための、緊急
集会をもちたいと思います。

母子避難者の取材による著書もある吉田千亜さんをトークゲストにお迎えし、避難されている当事者の方から も
直接お話をお聞きする貴重な機会をいただけることになりました。多くの方にこの問題を共有いただき、都政を
動かす世論の一助となっていただけるよう、ぜひご参加をお待ちしております。ご参加予定の方は、当日できる
小さなアクションを予定しておりますので、筆記用具をご持参ください。

また、当日会場に来られない方も、SNSなどでこの問題についての情報の拡散にご協力くださいますようお願い
いたします。

■日 時:1月21日(土)18時~20時(17時45分開場)
■場 所:文京区民センター2A(東京都文京区本郷4-15-14)
■アクセス:地下鉄丸ノ内線・後楽園駅4a出口より徒歩5分、南北線・後楽園駅6番出口より徒歩3分、
  都営三田線・ 春日駅A2出口す ぐ、JR水道橋駅東口より徒歩10分
  詳細・会場地図はこちらをご確認ください:http://utsunomiyakenji.com/schedule/1586
■資料代:500円(生活にお困りの方は減額、無料対応)
■ゲスト:吉田千亜(フリーライター)、避難当事者の方のお話(予定)
■挨拶:宇都宮けんじ
■主催:希望のまち東京をつくる会
      URL: http://utsunomiyakenji.com/
■連絡先:TEL:03-5844-6046
       Eメール: office at utsunomiyakenji.com


※託児やノートテイクなど対応いたします。事前にご連絡ください。

チラシ

https://www.dropbox.com/sh/j77f93faviyjckg/AACgfyPS33sSd8z5y-aItGAIa?dl=0


Facebookイベントページは下記

https://www.facebook.com/events/1814662365442174/








紅林進です。

「希望のまち東京をつくる会」の「うつけんニュース」vol.121より、
希望政策フォーラム「原発事故避難者に住まいと安心を」開催の
ご案内などを転載させていただきます。


【転送・拡散歓迎!!】
─────────────────────────────────────────────────────
2017年1月21日(土)希望政策フォーラム「原発事故避難者に住まいと安心を」開催
─────────────────────────────────────────────────────
福島から東京への避難した人たちの住まいがなくなる?
2017年3月末で、原発事故の区域外避難者(自主避難者)への、福島県による住
宅提供が打ち切られようとしています。自主避難者の県外避難先として、東京都は全国最多の5235人を受け入れています(H28年12月1日時点)。
これらの方々の多くが、来春に住むところを失いかねない事態い追い込
まれています。
北海道や山形県など、全国の自治体で支援(住宅の無償提供)継続を決めるところも出ているなか、小池都知事は12月20日、都とし
ても何らかの支援を継続することを明らかにしました。
果たして東京都はどのような支援を行うのでしょうか?また行うべきなのでしょうか?
また、わたしたちには何に注目し、何をしていけばいいでしょうか?福島の原発からの電気をもっとも利用してきた東京。私たちのできることを、避難者の取材をつづけてきた吉田千亜さんとともに考えます。

日時:1月21日(土)18時開会(17時45分開場)20時閉会予定
会場:文京区民センター2A(東京都文京区本郷4-15-14)
   地図 https://www.yu-cho-f.jp/seminar/kumin_map.pdf
     都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分
    
 東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
     東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分
     JR水道橋駅東口徒歩15分
     都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2分
資料代:500円(生活にお困りの方は無料)
ゲスト:吉田千亜(フリーライター)
あいさつ:宇都宮けんじ
主催:希望のまち東京をつくる会
   URL: http://utsunomiyakenji.com/
連絡先:TEL:03-5844-6046
    Eメール: office at utsunomiyakenji.com
※小さなお子さんがいらっしゃる場合は、託児の対応もいたします。事前にお申
し込みください。

チラシ

https://www.dropbox.com/sh/j77f93faviyjckg/AACgfyPS33sSd8z5y-aItGAIa?dl=0


Facebookイベントページは下記

https://www.facebook.com/events/1814662365442174/


CML メーリングリストの案内