[CML 046333] クライメート・ジャスティスとは?

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2017年 1月 8日 (日) 10:25:40 JST


クライメート・ジャスティスとは?
http://www.foejapan.org/climate/justice/whats_1.html

私たちが便利で快適なライフスタイルを求めることで、地球温暖化が起きています。すでに世界中で、温暖化の影響による異常気象や自然災害が頻発しています。今後も進行する温暖化によって、さらに影響は増加、拡大し、より深刻な被害がもたらされると予測されています。特に、貧しい途上国では、食糧や水不足、災害による生命の危機が高まります。

クライメート・ジャスティス(気候の公平性)とは、先進国に暮らす私たちが、石油や石炭などの化石燃料を大量消費してきたことで引き起こした温暖化への責任を果たし、すべての人々の暮らしと生態系の尊さを重視した取り組みによって、温暖化を解決しようとするコンセプトです。

世界中の温暖化影響に苦しむ人々の間で、クライメート・ジャスティス運動が広がり始めています。温暖化問題の背景にある、大量生産・消費・廃棄、南北問題や貧富の差を正し、公平で平等な社会をつくることで、温暖化の根本的な解決を目指しています。温暖化問題への取り組みの中には、温室効果ガスの削減のみを目的とするばかりに、他方で環境を破壊したり人権を侵害してしまうといったネガティブな作用が働いてしまうものもあります。温暖化の被害を受ける人々が、温暖化問題への取り組みによってさらに傷つけられることもあるのです。クライメート・ジャスティス運動では、先進国の温室効果ガスの大幅削減や温暖化影響に弱い人々への支援と共に、温暖化への取り組みが自然生態系や社会に配慮され、持続可能な社会の実現を可能にするものであることを目指しています。

 

以下、Friends of the Earthが求めるクライメート・ジャスティス(気候の公平性)

先進国は早急に温室効果ガスの排出を大幅に削減しよう。
歴史的な温暖化への責任として、先進国は温暖化影響を受けやすい途上国を支援する。
温暖化の取り組みでは、十分に自然生態系や人々の生活、文化を尊重しよう。
石油、石炭などの化石燃料開発と消費を減らしていこう。
途上国の貧しい人々がエネルギーにアクセスしやすくなる仕組みを作ろう。
省エネや自然エネルギーの開発、普及を優先し、国内の排出を最大限に削減しよう。カーボン・オフセット(CO2排出を植林等により相殺すること)はその上での最終手段に留めるべき。


CML メーリングリストの案内