[CML 046258] [NNk]NNAFJ おしらせ

M.Shimakawa mshmkw at tama.or.jp
2017年 1月 3日 (火) 01:07:10 JST


                          [TO: CML, keystone, rml]

                  (from [No Nukes Asia Forum Japan ML] 改行位置等若干変更)
 --------------------------------------------------------------------------

 Date: Fri, 30 Dec 2016 07:42:05 +0900
 From: "Sato Daisuke" <sdaisuke at rice.ocn.ne.jp>
 Subject: [nonuke 21610] NNAFJ おしらせ


NNAFJおしらせ(重複ご容赦、拡散歓迎)

★1.22 高浜原発うごかすな! 関電包囲全国集会
1月22日(日)16:00〜17:30関西電力本店前
(前段デモ出発集会14:00〜 中之島公園(大阪市役所南側) )

★再稼働阻止全国ネット−ワーク・全国相談会
1月21日(土)14:00〜21:00
1月22日(日)09:00〜12:00
場所:エルおおさか(地下鉄・京阪、天満橋駅)
○高浜原発うごかすな、高浜原発再稼働阻止のための討論
○川内・伊方など全国各地からの報告
連絡先:再稼働阻止全国ネット−ワーク事務局
info at saikadososhinet.sakura.ne.jp TEL 070-6650-5549 たんぽぽ舎気付

*********************

■国会は日印原子力協定を承認してはいけない!

 11月11日、日本とインドの両政府は日印原子力協力協定に調印した。しかし、
協定が発効するには、国会での審議と承認が行なわれなければならない。まだまだ私
たちにはできることがある。

 何度でも言わなければならない。日印原子力協定を承認することは、日本がインド
を第六の核保有国として承認することに他ならない。それは、核のない世界を切望す
る人々、とりわけ被爆者の方々を深く傷つけ裏切る行為である。

 日本がこれまでに締結した他の国との二国間原子力協定では、再処理を認めていな
いのに、インドにだけは認めるという。核保有国に原発を輸出して核技術や原子力資
機材や核物質を提供してはならない。あろうことか再処理まで容認するとは、それを
正当化するいかなる理由があるというのか。

 福島原発事故が収束のめどもたたない日本から原発を輸出することは、倫理のかけ
らもない背徳の行為である。さらにインド政府は、原発に反対する住民たちに対し
て、信じがたいような暴力的弾圧を行ない、死者も出ている。しかし日本政府は「そ
のようなことは知らない」「それは相手国の国内問題である」と言い放っている。

 原発を輸出してはならない。終わりのない災厄を輸出してはならない。相手国の
人々の苦しみを顧みず、危険であることが明白となった原発を売ってはならない。

■「日印原子力協力協定」に反対する共同アピール
31ヶ国、455団体、3,298名
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/209

*********************

■広瀬隆、韓国で巡回講演「地震帯の原発の危険を語る」
− キム・ボンニョ(円仏教環境連帯)
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/526
■盈徳(ヨンドク)郡守、「原発建設関連業務、中断」決定
− パク・ヘリョン(盈徳核発電所反対汎郡民連帯)
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/533
・・・こうした決定の最も大きな原動力は、昨年11月11〜12日に行なった「盈徳原発
誘致の賛否を問う自主住民投票」だ・・・ 
(ノーニュークス・アジアフォーラム通信No.143より)

*********************

★ノーニュークス・アジアフォーラム通信143号(12月20日発行、B5-26p)もくじ

・国会は日印原子力協定を承認してはいけない!
・「日印原子力協力協定」に反対する共同アピール
・「日印原子力協定阻止キャンペーン2016」 11月の活動 (松久保肇)
・広島市長、長崎市長が、日印原子力協定 交渉中止を要求
・インドの新聞に掲載「福島の女たちからモディ首相への手紙」
・日印原子力協定について (原発ゼロの会)
・ベトナムの原発計画:中止のワケ (吉井美知子)
・広瀬隆、韓国で巡回講演「地震帯の原発の危険を語る」(キム・ボンニョ)
・盈徳(ヨンドク)郡守、「原発業務推進、中断」決定 (パク・ヘリョン)
・東電賠償・廃炉費用、老朽炉廃炉費用の託送料金上乗せについて (原発ゼロの
  会)
・みんなが米山って書いたから、10月16日は脱原発記念日 (小木曾茂子)
・柏崎原発現地でも「再稼働反対」が過半数に! (矢部忠夫)
・泊原発再稼働阻止・大間原発建設反対10月集中行動 (佐藤英行)
・闘争の歴史を次世代に伝える − 海山原発闘争勝利15周年記念集会 (柴原洋一)
・原発メーカー訴訟原告団設立 (大久保徹夫)

年6回発行です。購読料(年2000円)
見本誌を無料で送ります。事務局へ連絡ください
sdaisuke at rice.ocn.ne.jp

************************
★本『原発をとめるアジアの人々』推薦文:広瀬隆・斎藤貴男・小出裕章・海渡雄
一・伴英幸・河合弘之・鎌仲ひとみ・ミサオ・レッドウルフ・鎌田慧・満田夏花
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/136f.htm

**************************************
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
http://www.nonukesasiaforum.org/japan/ 
https://www.facebook.com/nnafjapan
 
 



CML メーリングリストの案内