[CML 046256] 1/21(土)希望政策フォーラム「原発事故避難者に住まいと安心を」@文京区民センター

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2017年 1月 2日 (月) 09:15:04 JST


紅林進です。

新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

「希望のまち東京をつくる会」の「うつけんニュース」vol.120より、
希望政策フォーラム「原発事故避難者に住まいと安心を」開催
のご案内などを転載させていただきます。


【転送・拡散歓迎!!】

──────────────────────
1. 1月21日(土)希望政策フォーラム「原発事故避難者に住まいと安心を」開催
──────────────────────
福島から東京への避難した人たちの住まいがなくなる?
2017年3月末で、
 原発事故の区域外避難者(自主避難者)への、福島県による
住宅提供が打ち切られようとしています。自主避難者の県外避難先として、
東京都は全国最多の5235人を受け入れています(H28年12月1日時点)。
これらの方々の多くが、来春に住むところを失いかねない事態い追い込まれています。
北海道や山形県など、全国の自治体で支援(住宅の無償提供)継続を決めるとこ
ろも出ているなか、小池都知事は12月20日、都としても何らかの支援を継続する
ことを明らかにしました。
果たして東京都はどのような支援を行うのでしょうか?また行うべきなのでしょうか?
また、わたしたちには何に注目し、何をしていけばいいでしょうか?福島の原発
からの電気をもっとも利用してきた東京
 。私たちのできることを、避難者の取材
をつづけてきた吉田千亜さんとともに考えます。

日時:1月21日(土)18時開会(17時45分開場)20時閉会予定
会場:文京区民センター2A(東京都文京区本郷4-15-14)
地図 https://www.yu-cho-f.jp/seminar/kumin_map.pdf
     都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分
     東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
     東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分
     JR水道橋駅東口徒歩15分
     都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2分

資料代:500円(生活にお困りの方は無料)

ゲスト:吉田千亜(フリーライター)

あいさつ:宇都宮けんじ

 ※小さなお子さんがいらっしゃる場合は、託児の対応もいたします。
 事前にお申し込みください。

主催:希望のまち東京をつくる会
URL: http://utsunomiyakenji.com/
連絡先:
TEL 080-9413-1402
MAIL:office at utsunomiyakenji.com


──────────────────────
2. 「築地移転の闇をひらく」(大月書店)紹介
──────────────────────
2016年10月9日に「希望のまち東京をつくる会」が開いた『緊急!希望政策
フォーラムー築地から東京が変わる』がきっかけとなり、大月書店から『築地移
転の闇をひらく』という本が出版されました。宇都宮けんじが、2012年の東京都
知事選出馬時から、都が取り組むべき最も重要な政策のひとつとして訴えてきた
「築地市場移転問題」。土壌汚染隠しや設計上の不備、東京都の不透明な策定
過程  などは、今の日本で起こっているさまざまな社会問題の「縮図」のようです。
築地市場問題のすべてがわかる一冊、年末年始の読書にぜひ!


──────────────────────
3.新事務所のお知らせ
──────────────────────
新事務所への移転作業が完了いたしました。
オープンは1月15日以降の予定です。
住所:〒113-0033東京都文京区本郷1-4-6ヴァリエ後楽園303
(JR水道橋駅東口徒歩3分、都営地下鉄三田線水道橋駅A1出口徒歩1分)
TEL:03-5844-6046
FAX:03-5844-6047

事務所の備品について寄付のご協力をいただき、だいぶ揃ってまいりました。
ありがとうございます。引き続き、リソグラフの印刷機のご寄付または安価での
譲渡を求  めております。
よろしくお願いいたします。


CML メーリングリストの案内