[CML 046253] 「アイ・イン・ザ・スカイ」鳥の目それとも神? ドローン深化・映像戦争

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2017年 1月 1日 (日) 08:21:56 JST


映画「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」 <http://eyesky.jp/>

ヘレン・ミレン。「女王」やったり「殺し屋」やったり、脇役も含めて活躍してる、70歳。今度は英軍の諜報機関の大佐だ。

英米の共同軍事作戦。目的地はナイロビ。

現地の映像を前に、会議室で「あーだ、こーだ」。責任逃れのために電話かけまくり。

果ては可愛い少女を殺さない確率を、操作するってか。緊迫する進展に引き寄せられたが、ふと考えると偽善者じゃん。

イスラム教徒(いかにも悪人風)は、まとめて爆撃して平気。

参考 伊東良徳弁護士サイト「アイ・イン・ザ・スカイ」(映画)を題材に法を考える
<http://shomin-law.com/m/posts/blog5.html>



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内