[CML 046976] 新刊『標的の島−自衛隊配備を拒む先島・奄美の島人』の発行のお知らせ1

MAKOTO KONISHI shakai at mail3.alpha-net.ne.jp
2017年 2月 22日 (水) 15:17:06 JST


社会批評社・小西誠です。

●新刊『標的の島―自衛隊配備を拒む先島・奄美の島人』ー2/24全国書
店発売と「立ち読み」ご案内! ぜひ、まずこの書籍の「立ち読み」を!

・先島諸島などの状況を少しでも知っていただくために、この本の「目次・プ
ロローグ」(三上智恵監督執筆)の「立ち読み」を公開します。ぜひ、ご覧に
なって下さい。

・「標的の島」編集委員会編 A5版224頁 現地の写真多数あり
 本体1700円+税
 http://www.maroon.dti.ne.jp/shakai/22-0-tachiyomi.pdf

*突如発表された自衛隊の先島―南西諸島配備。この島々の要塞化に自治と
平和を求めて島人が起ちあがる。再び沖縄を本土の捨て石にするのか? 

*石垣・宮古島・奄美大島で、自衛隊配備に対して起ち上がった住民たちが
現地から自ら描く渾身のドキュメント。 3月公開のドキュメンタリー映画『標
的の島』の三上智恵監督も執筆。

●この先島ー奄美への自衛隊新配備問題は、メディアが報じない中で先島諸島
などの住民たち自身が現地で必死のたたかいを続けています。またこの支援
を求めて新たに書籍・映画が製作されています。ぜひ、ご覧下さい。

*先島ー南西諸島への自衛隊配備の目的の分析は拙著『オキナワ島嶼戦争―
 自衛隊の海峡封鎖作戦』を参照して下さい。
 http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907127220

●三上智恵監督の新作のドキュメンタリーが3月25日より全国で公開されま
す。この映画は、辺野古新基地ー高江の米軍基地問題から、先島諸島への自衛
隊配備問題を、そのつながりを含めて現地の人々の声を届けています。ぜひ、
全国で上映会をお願いします。
http://hyotekinoshima.com/

■(株)社会批評社 東京都中野区大和町1-12-10 
  電話03-3310-0681 ファクス03-3310-6561
  shakai at mail3.alpha-net.ne.jp
  http://www.maroon.dti.ne.jp/shakai/

[社会批評社・新刊好評発売中]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●火野葦平戦争文学選全7巻の復刊
●第1巻『土と兵隊 麦と兵隊』(本体1500円)
●第2巻『花と兵隊』(本体1500円)
●第3巻『フィリピンと兵隊』(本体1500円)
●第4巻『密林と兵隊』(本体1500円)
●第5巻『海と兵隊 悲しき兵隊』(本体1500円)
●第6・7巻『革命前後(上・下巻)』(本体各1600円)
●『昭和からの遺言』(志村建世著)本体1500円
●『問う! 高校生の政治活動禁止』(久保友仁+清水花梨・小川杏奈)本体1800円
●『自衛隊 この国営ブラック企業』(本体1700円)
●『昭和天皇は戦争を選んだ!』(増田都子著)本体2200円
●『シンガポール戦跡ガイド』(小西誠著)本体1600円
●『フィリピン戦跡ガイド』(小西誠著)本体1800円
●『オキナワ島嶼戦争―自衛隊の海峡封鎖作戦』(小西誠著)本体1800円




CML メーリングリストの案内