[CML 046824] 「最高裁」野暮で真摯な事件簿と 川名壮志の岩波新書

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2017年 2月 12日 (日) 08:37:23 JST


「最高裁のしごと 野暮で真摯な事件簿」
<http://blog.livedoor.jp/yamasitayu/archives/52161300.html> 川名壮志
<http://nashino13188.hateblo.jp/entry/2015/07/10/210008> 岩波新書
<https://www.iwanami.co.jp/book/b266480.html>

千人を超える記者のなかで最高裁の担当は一人。毎日新聞の記者が見た最高裁。わかりやすく説明している。

最高裁の広報ってかんじもするけど、大新聞社の記者だから仕方がないのかな。

---------- 目次 緑字は千恵子メモ ----------

*第1部 家族のあり方を最高裁がデザインする (民事編)*

第1章 わが子と思いきや赤の他人だった ―親子関係不存在確認訴訟でみる最高裁のしくみ 外観説 なるほど

第2章 夫は「主人」ではない 妻のアイデンティティ ―夫婦別姓にみる大法廷 各裁判官の意見を、それぞれまとめてる

*第2部 市民が裁く罪と罰 手綱をにぎる最高裁 (刑事編)*

第3章 死刑と無期懲役のわかれみち ―死刑破棄事件にみる裁判員裁判の難しさ おっと、でたよ裁判員裁判

第4章 求刑超えに「待った」をかけた最高裁 ―アマチュア市民とプロ裁判官をつなぐ最終審 1.5倍の刑って


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内