[CML 046705] 転送【いよいよ日曜日に『貧困世代』『下流老人』著者の藤田孝典さんが京都にやってくる!】「追いつめられる若者と社会の構造~みんなの未来を変えるために生活困窮・貧困問題を考える~」のご案内

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2017年 2月 4日 (土) 09:17:19 JST


いよいよ日曜日です。転送します。

_____________________________

「追いつめられる若者と社会の構造~みんなの未来を変えるために生活困窮・貧困問題を考える~」のご案内

 
みなさま
佐々木です。
生活困窮・貧困問題を社会福祉士の藤田孝典さんのお話しを聞き考える企画をアジェンダ・プロジェクトさんとの共催で行うことになりましたのでお知らせいたします。
講師の藤田孝典さんは、ソーシャルワーカーとして相談を受けながら、背景にある社会の構造の問題を知らせていらっしゃる方で、「下流老人」「貧困世代」の著者です。
若い人の置かれている状況を世代をこえて一緒に考えることで、棄権票を減らし政治・選挙に参加する人を増やし、社会構造を変えるきっかけにつながればと思い企画しました。
ぜひご参加ください。
また、宣伝にご協力いただけましたらうれしいです。
以下、ご案内です。
 
・:・:・::・::・::・:・::・::・:
ふつうに働き
ふつうに生きたい
 
追いつめられる若者と社会の構造
~みんなの未来を変えるために生活困窮・貧困問題を考える~
 
https://www.facebook.com/events/368801676825726/
 
2月5日(日)18:30~
ひと・まち交流館京都 3F第5会議室
講師:藤田孝典さん(社会福祉士、「下流老人」「貧困世代」の著者)
参加費:500円(割引希望される方は受付で申し出てください)
 
代わりはいくらでもいる労働力となり
がんばっても普通に暮らせない
睡眠を削って収入を増やすしかない
 
ケガや病気で生活困窮に急落する可能性は誰にでもある。
 
戦争をする国、軍事基地が増え、原発や武器でもうける国に本格的になっていなく、
憲法も変わっていない今においても、
すでに生き方働き方を選べない若者、こどもたち
この現状をどうすることもできないのだろうか。
 
これから社会を担う若者のおかれている状況を世代を越えて考えたいと思います。
そして、社会構造を変えみんなの未来をみんなでつくるためにどうしたらよいか考えるきっかけにしたいと考えています。
 
アジェンダ・プロジェクト
グローバル・ジャスティス研究会  共催
問い合わせ:グローバル・ジャスティス研究会 080-2742-2590(ささき)
 



    


CML メーリングリストの案内