[CML 051334] 第2446日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2017年 12月 30日 (土) 08:23:50 JST


青柳行信です。2017年12月30(土)。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店ひろば第2446日目報告☆
     呼びかけ人賛同者12月29日迄合計4420名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:

 青柳さん

今日29日は 家の掃除をしました。
窓を拭いて、古いアルバムを整理して、捨てました。
1997年ころの写真が出てきました。 雲仙普賢岳の火砕流の跡の
写真や、佐賀のバルーンの写真が出てきました。あれから20年です。
早いものですねえ。 
新聞には、大手企業が勝手な働かせ方をやっているのが見えました。
先日から、品質の低下につながる大手企業の人減らしも載っていました。
資本の儲け本位のやり方に 腹が立ちます。
あんくるトム工房
働き方  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4619


★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「遺言のつもりで演ずる」反戦劇 『肝っ玉おっ母と子供たち』
     (左門 2017・12・30−1990)
 ※仲代達矢主演。「私の師匠である千田是也先生など新劇の
 先輩は、演劇を通して平和と自由を求めてました。そのため多
 くは戦前、逮捕、投獄されました。・・・遺言のつもりで舞台に臨
 みます」。空襲下に手を引いていた女の子が焼夷弾で吹き飛ば
 された。残った手を棄てて、供養しなかったことを今も悔いる。
 

★ 福岡の福島久子です。)
 ☆葬礼は人が人である条件
 ※(毎日新聞12月30日朝刊内田樹氏の記事より)
 座間事件に関して述べている。
 自分が手にかけた遺体と寝起きできる人の出現を、
 社会政策で抑止することはできない。
 「そういう人」が周辺に出現した時「この人は危険だ。
 近づくな」と知らせる「アラーム」が適切に鳴動するような感受性を育てることくらいである。
 と述べているが、どうしたらいいのだろう。
 そういう人は我々と波動が合わなくて、なんとなく分かるのだろうか。


★ 堤静雄 さんから: 
大相撲の暴力事件。
私は詳しい真相は知りませんが、
貴乃花親方が相撲界の不正を内部告発しようとしているのであれば、
森友学園事件とも重要な共通点があることになります。
さらにセクハラを訴えている女性もいました。
過去には東電もありました。
内部告発者を押しつぶすようなことがあってはいけません。


★ 神奈川 菅原 さんから:
 ☆以下は、へらずぐち亭誤字脱字さんの句です。
「働かぬ 1パ−セントが  富を取り」
「好景気 1パ−セントが  山分けし」


★ 宮崎・黒木和也 さんから:

*やっぱり日本の護衛艦「いずも」は「空母」になるのか! だが「恐るるに足らず」=中国報道
サーチナ 2017年12月29日 10時12分 
http://news.livedoor.com/article/detail/14094371/ 

*<原発周辺自治体>リスク同じ、再稼働に関与要求
毎日新聞 12/29(金) 22:21配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000092-mai-sctch 

*<原発周辺自治体>再稼働の同意権要求5割 立地自治体と差
毎日新聞 12/29(金) 20:11配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000071-mai-sctch

*脱原発・再生エネルギー拡大 電力需給基本計画を確定=韓国
聯合ニュース 12/29(金) 17:14配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000045-yonh-kr

*なぜ人々は原発再稼働に「無関心」なのか
現代ビジネス 12/29(金) 13:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171229-00053751-gendaibiz-bus_all

*「辺野古」再検証し見直し…立民が基本政策発表
読売新聞 12/29(金) 9:18配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00050020-yom-pol

*無人米軍住宅に年20億円 民有地借り上げ 日本負担
東京新聞 2017年12月29日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017122902000127.html

*韓国、自殺歯止めなく 芸能人や高齢者顕著 先進国最悪
東京新聞 2017年12月29日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201712/CK2017122902000113.html

*Jパワー「30キロ圏検討も」 東海第二の事前協議「拡大」案
東京新聞【茨城】 2017年12月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201712/CK2017122902000143.html

*リニア事件、清水も談合認める 元幹部、聴取に説明
東京新聞 2017年12月29日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017122902000106.html

*ニッポンの大問題 安倍一強と国会の劣化
東京新聞 【社説】 2017年12月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017122902000129.html


★ 田中一郎 さんから: 
 ※「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(68):柏崎刈羽原発が
新規制基準に「適合」などという審査結果を出した原子力規制委員会はもはや
「規制委」ではなく「推進委」だ + 三菱マテリアルG データ改ざん 他 いち
ろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/68-144c.html

 ※【市民社会フォーラム第209回学習会のご案内】『しあわせになるための
「福島差別」論』出版記念シンポジウム@東京 (1/28日)

前略,田中一郎です。

下記の講師たちは、放射能や被ばくの危険性をゴマカス者たちとして、
脱被ばくと福島第1原発事故被害者救済の運動を進める市民から
厳しく批判されている人たちです。
(特に、野口邦和、菊池誠、池田香代子、開沼博、児玉一八、清水修二、
野口邦和、安斎育郎、早野龍五)

発言「丸飲み」は禁物です。
参加される場合は厳しい批判的スタンスで臨んでいただければ幸いです。

かようなシンポジウムを市民社会フォーラムが何故に開催するのか、
その目的意識を厳しく問い詰める必要がありそうです。

たとえば「福島県民健康調査検討委員会」で2700人を上回る人数の
子どもたちが、甲状腺ガン発症に危険性が高いとして「経過観察」とされている
にもかかわらず、その子どもたちの状態が把握されず、その後甲状腺ガンに
なった子供たちが何人いるかも隠蔽されたままにされていることが
明らかになっているのですが、それがもう、半年以上も放置状態です。

他にも許しがたいことは山ほどあります。
そうしたことに、このパネラーたちがまともに発言するかどうかです。

●『放射線被曝の理科・社会』の問題点  山田耕作・渡辺悦司  市民と科学者
の内部被曝問題研究会
 http://blog.acsir.org/?eid=37

(12.25)「第29回福島県民健康調査検討委員会」結果および関連情報 +
 (12.25)原子力市民委員会「『原発ゼロ社会への道 2017 ― 脱原子力
政策の実現にむけて』発表のつどい」 いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/29-2017-f62f.
html

==========================
■□■市民社会フォーラム第209回学習会のご案内■□■
      出版記念シンポジウム@東京
      『しあわせになるための「福島差別」論』

日 時 2018年1月28日(日)14:00〜17:00(13:30開場)
会 場 YMCAアジア青少年センター 3階会議室
    http://www.ayc0208.org/hotel/jp/access-access.html
    JR「水道橋駅」5分/JR「御茶ノ水駅」8分/地下鉄「神保町駅」7分
参加費 1000円
登壇者(予定)
 パネリスト    池田香代子さん(ドイツ文学翻訳家)
          野口 邦和さん(日本大学准教授、放射線防御学)
          児玉 一八さん(核・エネルギー問題情報センター理事、
生物化学)
          越智 小枝さん(医師、元相馬中央病院内科診療科長)
          番場さち子さん(一般社団法人ベテランママの会代表理
事)
 コメンテーター  菊池  誠さん(大阪大学大学院理学研究科教授)
 コーディネーター 松本 春野さん(絵本作家)
 ※その他執筆者に登壇依頼中です

主 催 市民社会フォーラム
共 催 かもがわ出版
お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡くだされば
ありがたいです。
メール:civilesocietyforum at gmail.comまで。

『しあわせになるための「福島差別」論』(かもがわ出版)の出版を記念して、
執筆者とゲストをお招きし、
福島原発事故から7年を迎えようとする今、
分断と対立を乗り越えるために、科学的な議論を通じて互いを尊重しつつ、
福島と日本のしあわせにとって何が大切かを考えます。

告知ページ(ホームページ)
http://shiminshakai.net/post/2994
(フェイスブック)
https://www.facebook.com/events/937363079750682/

■『しあわせになるための「福島差別」論』(2018年1月、かもがわ出版)
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/sa/0939.html

【著者】
池田香代子・開沼博・児玉一八・ 清水修二・野口邦和・松本春野・安斎育郎・
一ノ瀬正樹・大森真・越智小枝・小波秀雄・早野龍五・番場さち子・前田正治

【内容】
福島から避難した子どもたちに対してくり返されるいじめ。
本書は原発事故がもたらした差別と分断を乗り越える道筋を示す。
「(被害者)それぞれの判断を尊重すること」、「科学的な議論の土俵を共有す
ること」が不可欠ではないか。
まわりの人々に求められるのは、福島の人々の「しあわせ」を最優先することで
はないか。

【目次】
第1章 福島原発事故はどんな被害をもたらしたか  
第2章 善意と偏見ー不幸な対立を乗り越えるために  
第3章 7年たって考える放射能・放射線  
第4章 被曝による健康被害はあるのかないのか  
第5章 事故現場のいまとこれから  


★ 渡辺悦司 さんから:
福島だけでなく首都圏も含む東日本全体が汚染され、健康被害が広範囲に
さらに深刻な形で顕在化しつつあります。

客観的に広範囲の避難を組織することが絶対に必要ですが、政府は真逆の
政策をとっています。

そのことにより、避難が困難な事情に追い込まれたり、汚染地域に住み続け
なければならない条件を抱えておられる人々が多くおられることもまた事実で
す。

そのような方々が、放射能汚染の健康影響を可能なかぎり抑え、健康被害を
できるかぎり少なくする方策を提起することもまた絶対に必要です。

さらに、汚染の少ない地域に避難された方々の健康の回復を可能なかぎり促
し援助する方策も必要とされています。

私どもの本『放射線被曝の争点』の補章「内部被曝を軽減するために 放射
性物質の排出を促し抗酸化力を高める食品とレシピ」の共著者である大和田
幸嗣さん(元京都薬科大学教授 がん分子生物学がご専門)が、そこでの内
容を膨らませて、『放射能に負けないレシピと健康法』を緑風出版から刊行さ
れました。

ぜひお求めください(88頁定価1000円)。
なお、Amazonでは取り扱われておりません。

できれば、出版社を支援する上でも、緑風出版で直接ご注文いただければ、
幸いです。

以下に本の紹介文と目次を引用しておきます。

http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-1724-5n.html

------------------

福島第一原発からの放射能放出は、いまも閉じ込められてはおらず、政府
の放射能コントロールの現状は、アンダーコントロールとはとても言えないお
粗末なものだ。

こうした今の日本の現状で、福島の人びとをはじめ私たちが健康に生きて
いくには、放射能被爆(内部被曝と外部被曝)を常に意識し、それから身を
守る方法を身につけ、実行していくことが必要である。  

広島・長崎、チェルノブイリの経験に加え、最新の健康科学や放射能防護
研究の成果等を参考にして、放射能に負けない体を作るための食物やレシ
ピ、デトックス(解毒)の方法等を考えた。

本書が提案するレシピと健康法を実践して、放射能に対する賢い向き合い
方を身につけてほしい。

目次

はじめに
Part1 レシピ
レシピ1 安全な水とは
レシピ2 玄米・分つき米を1日1回:フィチン酸・ビタミンEが豊
富
  レシピ3 糠ぬかふりかけをとる
レシピ4 味噌汁(味噌・生姜・ワカメ入り)を1日1回
  レシピ5 活性酸素除去因子メラノイジンに富む滋養鉄火味噌
  レシピ6 アルギン酸を毎日飲んで放射能を排出しよう:免疫機能も
改善される
レシピ7 ペクチンペーストを毎日食べて腸からの放射能の取り込み
を防ごう
レシピ8 畑のインスリン菊芋は膵臓を癒すだけではなく放射能防御
にも有効
Part2 健康法
  健康法1 心臓の不整脈を予防し突然死を防ぐオメガ3 系脂肪酸:脳神
経系の病気予防と治療にも有効
  健康法2 心臓─脳血管系の病気予防にナッツ類を食べよう
健康法3 ダークチョコレート・ひよこ豆・レッドビンズは鼻血・下痢・
下血の予防と治癒に有効
  健康法4 体を温めて免疫力を高める方法とデトックス(解毒)
  健康法5 放射能が蓄積し易い重要な臓器を守るための運動
  健康法6 とがり竿は人・動物・植物を元気にする:簡単な技術で新し
い環境作り
健康法7 自然界の音楽と果樹や動物が歓ぶクラシック音楽を聴いて
免疫力を高めよう
あとがき
Part3 資料
  資料1 福島原発事故後5 年間で全国に降下した放射性セシウムの
土壌蓄積量[原子力規制委員会「定時降下物モニタリング」
2011年3月18日〜2016年3月31日]
  資料2 放射性元素吸着作用を持つ生物成分と抗酸化作用が期待さ
れる栄養成分
  資料3 高いウラン濃縮能を持つ植物由来の生薬
  資料4 家庭用常備薬としてのヨウ素剤(Iodine tablet)


★ 石田 さんから: 
みなさま
知人から下記メールを受け取りました。関心のある方はお読みください。
〜〜〜
安倍政権は、北朝鮮の核とミサイル開発の脅威をあおり、陸上配備型の迎撃ミサ
イルイージス・アショアや北朝鮮の基地を攻撃できる長距離巡航ミサイルの導入
を決定しました。
しかし、このような軍備増強策は、相互の軍拡競争を招き、破滅的な結果を招く
恐れがあります。
そこで私たちは、元外務省国際情報局長の孫崎享氏の講演会「北朝鮮情勢を考える」
を11月長崎市で開催しました。その動画をyoutubeにアップしています。
孫崎氏は、日本の迎撃ミサイルシステムは、機能しないと主張します。
次のアドレスをクリックすると御覧いただけます。
https://youtu.be/j3Ce0ygAxTY  

興味深い内容です。お知り合いに拡散をお願いします。


★ 前田 朗 さんから:
 ※古代オリエント史の愉しみ
池上英洋『ヨーロッパ文明の起源』(ちくまプリマー新書)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2017/12/blog-post_29.html

 ※ヘイト・クライム禁止法(141)ナミビア
http://maeda-akira.blogspot.jp/2017/12/blog-post_79.html
********************


−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●さよなら原発! 福岡 例会●
日時:2018年 1月12日(金)18時30分〜 
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●九州電力に提出した公開質問状●
http://tinyurl.com/y9p3nwa9
※九州電力 回答日  来年に延期

●玄海原発再稼働反対!●
https://tinyurl.com/y6wrrs2d

●「玄海原発の再稼働になぜ反対するのか!」●
http://tinyurl.com/zokzgym

●福岡県総がかり実行委員会 全体会議●
日時:2018年 1月20日(土)18時〜 
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)研修室
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
  地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第20回
「憲法について語りあおう」
日  時: 2018年1月31日(水)18:30〜     
発題者:石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者)
テーマ:改憲をめぐる今日の政治状況
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
  案内チラシ https://tinyurl.com/y92q4wo6
  
●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第21回
「憲法について語りあおう」
日  時: 2018年2月23日(金)18:30〜     
発題者:石村 善治(福岡大学名誉教授・憲法研究者)
テーマ: 天 皇 制 の 歴 史
    大逆(幸徳)事件から現代まで
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
  案内チラシ https://tinyurl.com/y97g8euj
  
●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

●『安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名』にご協力を●
 ■署名用紙はこちらから⇒ http://kaikenno.com/
 ●インターネット署名も開始しています。
  http://chn.ge/2hb7FxY または https://goo.gl/cfTkRA 
  
●第7回口頭弁論: 2018年2月28日(水) 13:30●
 (川内原発行政訴訟)第7回口頭弁論 福岡地裁301号
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
  (13:00から15分間 門前集会  その後に入廷)
傍聴ご参加よろしくお願いします
  第8回口頭弁論: 2018年5月30日(水) 13:30

第6回口頭弁論
裁判で小林報告書プレゼン
https://tinyurl.com/ycontyb3
プレスリリース(川内行訴)
http://tinyurl.com/yb2za8wm
川内行訴_期日の概要Ver3 
https://tinyurl.com/y8bequmo
 第18準備書面(違法判断の基準時)
https://tinyurl.com/ybs8efah
第19準備書面 小林報告書
https://tinyurl.com/yadl7s2m

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団●
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
 第25回回口頭弁論: 2018年5月11日(金)
 模擬法廷・報告集会は佐賀県立美術館ホール

【玄海原発3・4号機再稼働差止仮処分】
申立書はコチラ
→ http://no-genpatsu.main.jp/download/karisyobunmousitate.pdf


○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆              
          午前10時から午後3時。(火・木曜 開設)
           (月・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 口座番号 01770−5−71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内