[CML 051308] 【報告】第2444日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2017年 12月 28日 (木) 07:42:16 JST


青柳行信です。2017年12月28(木)。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店ひろば第2444日目報告☆
     呼びかけ人賛同者12月27日迄合計4420名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:

 青柳さん

今年 1年を振り返ってみました。
沖縄 広島 島根 長崎 等々 あちらこちら
走り回りました。
日本の社会は 右傾化を強めていますが、市民と野党の力で
不安のない社会を築きたいものです。
あんくるトム工房
2017年を振り返って
     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4617
     

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「問題があれば止める」と刈羽を許可 「原発自身が問題なのです」
          (左門 2017・12・28−1988)
 ※《原子力規制委員会は27日、東京電力柏崎刈羽原発6,7号機
 が新規制基準を満たすと認める審査書を正式決定し、安全対策の
 基本方針を決定した・・・。問題があれば運転停止などのペナルティ
 を科す方針だが・・・》(朝日、27夕)。このように中立を装った報道が
 国民をどれだけ誤導して来たか。原発そのものを告発することが要。
 

★ 乱 鬼龍 さんから: 
 ☆脱原発川柳【脱原発 1年の計 万年の計】


★ 中西正之 さんから:
<筒井哲郎氏著「原発は終わった」を読んで満足しました>

 最近筒井哲郎氏が「原発は終わった」の著作を行い、発売が始まっている事を
知ったので、取り寄せて読んでみました。

 この本を読んでみて、大変驚きました。一読する感想は、日本の石油プラント
技術の元プロジェクト・マネージャの大変な労作と感じられました。

 ここで報告されている事は、私も同じような事を感じ考えた、昭和の時代の日
本の技術者が後の世代に残さなければならない、根本的な問題と思われます。

 原子力発電は日本の国策として長期間にわたって推進されてきたが、その内部
の事は秘密にされて、その本当の内容が国民には知らされないままに、福島第一
原発のあの悲惨な過酷事故が引き起こされてしまった。そして、この事故を経験
し、原子力発電の事がかなり知られるようになったが、まだまだその本当の姿が
知られていない事が、今でも原発の再稼働が強行される原因となっていると思わ
れます。

 著者は福島第一原発の過酷事故発生後、大量の資料の調査と解析を行われ、そ
れらの結果の集大成をこの著作で説明されています。
 そして、その解析の基に成った資料は、丁寧な引用を示されており、資料の確
認が容易になっています。

 著者は、公開された資料や、直接の取材で日本の原発問題の解析と考察を行わ
れていますが、本質を良くつかまれているように思われます。
 32ページに「1.基本設計を輸入し続けた原発業界」の項目が有りますが、こ
の中に「1980年代には『ジャパン・アズ・ナンバーワン』という本が70万部をこ
えるベストセラーになった。」とあります。

 正に昭和の時代の、日本の経済構造や、日本の技術の象徴ではありますが、こ
のような一面のみを見る楽観的な見方が、原発安全神話を生み出し、福島第一原
発の過酷事故を経験しても、「世界で最も厳しい水準の安全規制」という新しい
安全神話が生まれてくる原因になったと思われます。

 著者は、この問題の本質をたくさんの事例で丁寧に説明されています。
著者の経歴を見ると、千代田化工機建設株式会社とあります。134ページに日本
の代表的なエンジニアリング会社3社の紹介が掲載されています。一般市民の人
には、エンジニアリング会社はなじみがないかもしれませんが、世界的に見れば、
エンジニアリング会社こそはプラント知識を専門にして存在する会社で有ると思
われます。このようなエンジニアリング会社元プロジェクト・マネージャの体系
的な解析報告は極めて貴重なものと思われます。

 この著書で引用されている出典は私の知らないものが大半ですが、それらから
解析されている論旨は、大半の部分は私がたどり着いた結論と同じでした。

 「原発は終わった」という事はその通りと思われますが、どうして日本の国で
現在のような原発の存在形態が生まれたのか、又福島第一原発の過酷事故の発生
によりあれ程悲惨な結果になってしまったが、それを教訓として日本の未来に何
を生かしていくのかは重要なテーマーと思われます。

 またこの問題は、原発問題だけにとどまらず、1945年以後の戦後の日本は何を
やってきたのか、又これからの日本は何をしなければならないのかの問題をこの
本は提起しているように感じられました。
 この本を読んで、それらへの答えにたどり着くたたき台を見つけることができ
ました。


★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1807日後
テント日誌 12月21日(木)〜12月25日(月)
内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/ycbuu7cy


★ たんぽぽ舎 さんから: 
紹介内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/y773f8cr
【TMM:No3257】
2017年12月27日(水)地震と原発事故情報−
    6つの情報をお知らせします

1.埼玉県議会が「原発再稼働」を求める意見書!12/22採択
    「世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた
    原子力発電所の再稼働を求める意見書」の撤回を求める
    要請文にご賛同をお願い致します
       福島県郡山市「虹とみどりの会」
2.「山谷支援年末年始助け合い運動」にご協力ありがとうございました
    全国各地から物資196箱とカンパ金のご支援が寄せられました
   山谷地区「年末年始の共同炊事などの予定」お知らせ
3.書籍の紹介
   『患者よ、がんと賢く闘え!』放射線の光と闇
        西尾正道(北海道がんセンター名誉院長)著
4.メルマガ読者からの原発等情報4つ(抜粋)
     原発環境整備機構幹部が動員要請 複数の東電社員にメール…ほか
    黒木和也 (宮崎県在住)
5.太陽系外からきた初めての彗星
     秒速約30キロ以上、地球衝突なら大変なことに…
    警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その227
    島村英紀(地震学者)
★6.新聞より1つ
  ◆「自然エネの送電線利用を」発ゼロ連盟 エネ庁に改善要請
       (12月27日東京新聞朝刊3面より抜粋)


★ 宮崎・黒木和也 さんから:

*
核のごみ処分場建設 説明会に“サクラ”
日テレNEWS24 12/27(水) 21:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171227-00000083-nnn-bus_all

*<NUMO>東電管理職らに周知依頼 核のごみ意見交換会
毎日新聞 12/27(水) 21:39配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000113-mai-soci

*汚染廃棄物 2月以降試験焼却へ
TBC東北放送 12/27(水) 20:22配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000006-tbcv-l04

*審査内容の説明要請へ=再稼働、慎重姿勢崩さず―新潟知事
時事通信 12/27(水) 16:15配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000063-jij-soci

*19年から損害賠償「新方式」 農林業風評被害、東電とJA合意
福島民友新聞 12/27(水) 10:22配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00010005-minyu-l07

*伊方原発運転禁止求め提訴 山口の住民ら174人
東京新聞 2017年12月27日 22時05分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017122701001534.html

*柏崎刈羽原発「適合」 規制委、福島同型で初
東京新聞 2017年12月27日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017122702000254.html

*ミサイル計画 グアムに影 北朝鮮表明で邦人客38%減
東京新聞 2017年12月27日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201712/CK2017122702000247.html

*核ごみ会合 「動員」機構幹部が要請 東電関係者複数にメール
東京新聞 2017年12月27日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017122702000142.html

*米国の安保戦略 力任せは世界を乱す
東京新聞 【社説】 2017年12月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017122702000175.html


★ 田中一郎 さんから: 
この2人、根は狂暴につき:枝野幸男・山尾志桜里は過去の過ちを繰り返すな=
くだらない改憲対案や新九条論などよりも、日本の今後の平和外交や平和国家と
しての国際社会でのふるまい・あり方を真剣に検討せよ
 いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/2-b148.html


★ 前田 朗 さんから:
 ※巨大ブラック企業――日本資本主義の闇
佐高信『巨大ブラック企業』(河出書房新社)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2017/12/blog-post_27.html

 ※日本平和学会理事、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員、
NGO「ピースボート」共同代表の川崎哲さんが、日本平和学会秋季大会(香川
大学)で行ったノーベル平和賞受賞記念スピーチが日本平和学会のサイトに公開
されました。
https://tinyurl.com/ybod652a

  ※東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会第11回公開シン
         ポジウム「日本の植民地主義と中国・北朝鮮脅威論を問い直す!」

第11回公開シンポジウム(沖縄[琉球大学]開催)
「日本の植民地主義と中国・北朝鮮脅威論を問い直す!」
「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」は昨年9月の設立一周年記念に続き、
下記のような形で第11回公開シンポジウムを沖縄で開催します。

共通テーマは、「日本の植民地主義と中国・北朝鮮脅威論を問い直す!」です。
多くの皆様方のご参加をお待ちしています。

【期日】2018年1月27日(土)13:30〜17:30(開場13:00)
【会場】琉球大学法文学部棟201教室
【参加費】300円(資料代として―非会員のみ) ※事前申し込みは不要です。

【プログラム】
(共同代表からの開会の挨拶)13:30〜13:40 挨拶:高良 鉄美(琉球大学)、
  司会者:木村 朗(鹿児島大学)
機/¬叡麓腟舛肇悒ぅ肇好圈璽舛鮃佑┐襦13:40〜15:20)各自20分
 ・第一報告 前田 朗(東京造形大学)「日本国憲法の植民地主義性」
 ・第二報告 松島泰勝(龍谷大学)「琉球人の生死を貫く日帝植民地主義の問題性」
 ・第三報告 島袋純(琉球大学)「琉球/沖縄に対する差別に抗して」
 ※パネルディスカッションおよびフロアの参加者を交えての質疑討論:40分
   休 憩(10分)
供|羚顱λ鳴鮮脅威論の虚妄性を問う(15:30〜17:10)各自20分
 ・第一報告 屋良朝博(ジャーナリスト)「沖縄問題と日本の安全保障」
 ・第二報告 金 成浩(琉球大学)「朝鮮半島危機と沖縄基地問題への一考察─ 
  歴史の教訓・分断体制論・自治体平和政策の視点から」
 ・第三報告 高嶺朝太(ジャーナリスト)「生き続ける悪夢の日米合意」
 ※パネルディスカッションおよびフロアの参加者を交えての質疑討論:40分

掘\写席犬糧表(17:10〜17:20)
 「琉球人・アイヌ遺骨返還問題にみる植民地主義に抗議する声明文」
 (東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会:松島泰勝共同副代表より)
検.轡鵐櫂献Ε爐料躋腓よび閉会の挨拶(17:20〜17:40)
   島袋 純(琉球大学)


−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●さよなら原発! 福岡 例会●
日時:2018年 1月12日(金)18時30分〜 
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●九州電力に提出した公開質問状●
http://tinyurl.com/y9p3nwa9
※九州電力 回答日  来年に延期

●玄海原発再稼働反対!●
https://tinyurl.com/y6wrrs2d

●「玄海原発の再稼働になぜ反対するのか!」●
http://tinyurl.com/zokzgym

●福岡県総がかり実行委員会 全体会議●
日時:2018年 1月20日(土)18時〜 
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)研修室
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
  地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第20回
「憲法について語りあおう」
日  時: 2018年1月31日(水)18:30〜     
発題者:石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者)
テーマ:改憲をめぐる今日の政治状況
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
  案内チラシ https://tinyurl.com/y92q4wo6

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

●『安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名』にご協力を●
 ■署名用紙はこちらから⇒ http://kaikenno.com/
 ●インターネット署名も開始しています。
  http://chn.ge/2hb7FxY または https://goo.gl/cfTkRA 
  
●第7回口頭弁論: 2018年2月28日(水) 13:30●
 (川内原発行政訴訟)第7回口頭弁論 福岡地裁301号
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
  (13:00から15分間 門前集会  その後に入廷)
傍聴ご参加よろしくお願いします
  第8回口頭弁論: 2018年5月30日(水) 13:30

第6回口頭弁論
裁判で小林報告書プレゼン
https://tinyurl.com/ycontyb3
プレスリリース(川内行訴)
http://tinyurl.com/yb2za8wm
川内行訴_期日の概要Ver3 
https://tinyurl.com/y8bequmo
 第18準備書面(違法判断の基準時)
https://tinyurl.com/ybs8efah
第19準備書面 小林報告書
https://tinyurl.com/yadl7s2m

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団●
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
 第25回回口頭弁論: 2018年5月11日(金)
 模擬法廷・報告集会は佐賀県立美術館ホール

【玄海原発3・4号機再稼働差止仮処分】
申立書はコチラ
→ http://no-genpatsu.main.jp/download/karisyobunmousitate.pdf


○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆              
          午前10時から午後3時。(火・木曜 開設)
           (月・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 口座番号 01770−5−71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内