[CML 051076] 12/8(金)原発メーカー訴訟 控訴審判決期日@東京高裁

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2017年 12月 5日 (火) 14:00:10 JST


紅林進です。

原子力損害賠償法(原賠法)は、本来なら製造物責任がある原発製造メーカを免責しています。
この原賠法の規定は違憲であり、福島原発事故の原発製造メーカーであるGE、東芝、日立の3社を相手取った損害賠償訴訟が私も含め国内、海外の3千名以上が原告になって東京地裁に提訴しましたが、東京地裁は不当にもその訴えを退け、控訴した東京高裁は、何ら審理を行うことなく、第1回の期日に即日結審し、12月8日(金)に判決するとしました。この経緯から東京高裁でも不当判決が予想されますが、不当な判決を許さないためにも、多くの方々が結集され、傍聴されることを呼び掛けます。

(以下、転送・転載・拡散歓迎)

皆さまへ、
 福島原発事故で、PL法があるにも拘わらず、原発メーカーが一切の賠償責任を免れているのはおかしいとして、原賠法の3条、4条は違憲(或いは適用違憲)などとして提訴している「原発メーカー訴訟」の控訴審判決期日です。

 原審(一審)で判断されていない争点(〃法29条2項財産権、現原賠法を福島原発事故に適用するのは違憲)を明確にするため、一審に差し戻せとする主張などと共に「ノー・ニュークス権」(原子力の恐怖から免れて生きる権利=憲法上の最高の価値である人格権の一部)を認めるべき、など大きな争点があります。

日時:12月8日(金)11時
場所:東京高裁(地裁)101号法廷 (東京メトロ霞ヶ関駅下車)
( 一般傍聴を傍聴をぜひお願いしますが、10 時20分までに東京地裁前に集合ください)

判決の後、報告会等が以下の様に予定しています。
・10:30     事前登録傍聴者集合(一般傍聴者は10:20)
・10:40     傍聴者101号法廷入廷
・11時判決
・11:15     法廷解散
 (弁護団、判決文分析)
・12:15     報告集会(衆議院第二議員会館1F 多目的会議室)
 ・12:15~13:00 ビデオ上映 NNNドキュメント「トモダチ作戦」
 ・13:00~14:00 弁護団報告
 ・14:00~15:00 今後の予定(総会/闘争方針)、質疑、意見交換(司会者)
・14:00~14:25  記者会見
・15:00              解散

 原発メーカーを訴える福島原発事故関連訴訟は「トモダチ作戦」訴訟、「ボストンGE」訴訟など、米国でも提訴されており、今後連携していきます。

 大久保徹夫


CML メーリングリストの案内