[CML 050112] [FoE]News 原発事故避難〜住宅提供打ち切りから6か月

M.Shimakawa mshmkw at tama.or.jp
2017年 8月 31日 (木) 13:17:18 JST


                                           [TO: CML, keystone, NoNuke, rml]
  * @は at にしてあります。

   (from 『Friends of the Earth International Japan』 改行位置等若干変更)
 --------------------------------------------------------------------------

 Date: Tue, 29 Aug 2017 16:00:00 +0900 (JST)
 From: FoE Japan mag2 0000049531 <mailmag at mag2tegami.com>
 Subject: 【FoEニュース】原発事故避難〜住宅提供打ち切りから6か月


【FoEニュース】<2017年8月29日発行>
※FoE Japanのメールマガジンをご愛読いただいている皆様に、最新ニュースと開
催直前のイベント情報をお送りします。


災害救助法に基づく、避難指示区域外からの避難者(自主避難者)への住宅提供が
打ち切られて、まもなく6か月となります。

復興庁の発表する避難者数は4月以降、大幅に減少しています。
しかし、これは実態を正しく反映をした数字ではありません。
住宅提供の打ち切りに伴い、各市町村が自主避難者の多くを「避難者」に計上しな
くなったためであることが指摘されています(注1)。

避難者が置かれている状況は、住宅提供が打ち切られたこともあり、厳しさを増し
ています。

FoE Japanが事務局を担っている「避難の協同センター」では、避難者の相談を受け
付け、支援を行い、国・自治体に対して避難者がおかれている状況を伝え続けてき
ました。
同センターには、追いつめられた避難者からのSOSが、数多く寄せられています。

中には、経済的に困窮し、生活保護申請をしなくてはならないほど避難者もいます。
しかし、避難者の置かれている窮状や特殊性に関係なく、紋切型の対応で、追い返
されるような対応も目につきます。

これらは氷山の一角にすぎません。

私たちが、一貫して国に対してもとめてきたことは、「避難者の状況を把握してく
ださい。そして政策につなげてください」ということです。

このままでは、避難者のおかれている状況をだれも把握できていないということに
なりかねません。緊急の対応が必要とされています。

▼避難の協同センターのウェブサイトはこちらから
http://hinan-kyodo.org/


注1)統計から消える自主避難者 福島原発事故、無償住宅打ち切り影響
(朝日新聞デジタル 2017年8月28日)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13105922.html?rm=150

※「避難の協同センター」では、現在、避難者がおかれている状況について、各地
の避難者支援の最前線に取り組んでいるみなさんをお招きして、以下の集会を開催
します。ぜひ、ご参加ください。

---------------------------------------------
自主(区域外)避難者への住宅無償提供打ち切りから6ヶ月
〜避難の現状と今後の支援について考える交流集会
http://hinan-kyodo.org/info/0902/
---------------------------------------------

【日 時】9月2日(土)13:30〜16:40
【場 所】田町交通ビル6Fホール(東京都港区芝浦3-2-22)
  JR田町駅より徒歩3分 都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩5分
   http://www.its-mo.com/detail/ZIDX_BLD-7-22-50-207-6743076/access/

【参加費】500円 避難当事者無料 (申し込み不要)

【内 容】
■避難の協同センター報告
       瀬戸大作/避難の協同センター事務局長

■各地から 
 北海道 宍戸隆子さん/こだまプロジェクト
 岡山   はっとりいくよさん/一般社団法人ほっと岡山
 千葉  古宮保子さん/松戸黄色いハンカチ
 山形  武田徹さん/福島原発被災者フォーラム 山形・福島
 山形  佐藤洋さん/チーム毎週末みんなで山形 ほか

■居住福祉に向けた提言 …葛西リサさん
  (立教大学コミュニティ福祉学部、日本学術振興会RPD研究員、
 『母子世帯の居住貧困』著者)

■討論…避難当事者をまじえて

【主催・問合せ】避難の協同センター(FoE Japan内) 
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986
当日連絡先:090-6142-1807

━─━─━─━─━─━─━─━
FoE Japanは世界76カ国にネットワークするFriends of the Earthのメンバーです。

◆Be a Friend of the Earth! FoE Japanのサポーターになりませんか?
詳しくはこちら  http://www.foejapan.org/join/index.html

◆本メールマガジンの記事について、転載は自由です。
 出典として「FoE Japan」を明記してご利用ください。

◆本メールマガジンに関するご意見・ご感想、登録・解除の依頼等は下記までお寄
せください。
   Tel:03-6909-5983/Fax:03-6909-5986/e-mail:info at foejapan.org

◆発 行 : 認定NPO法人 FoE Japan (フレンズ・オブ・ジ・アース・ジャパン)
◆編集担当 : 篠原 ゆり子、佐々木 勝教
━─━─━─━─━─━─━─━

 



CML メーリングリストの案内