[CML 050025] アフガンへ「母さん、ぼくは生きてます」 アリー・ジャン池田 香代子

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2017年 8月 23日 (水) 07:32:00 JST


「母さん、ぼくは生きてます」
<http://blog.goo.ne.jp/-hawk-/e/b730e5ca5769647dbd66270b0f8e19f1>  アリー・ジャン 池田
香代子
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E9%A6%99%E4%BB%A3%E5%AD%90>
マガジンハウス

児玉晃一弁護士のフェイスブック <https://www.facebook.com/koichi.kodama>
で見つけた、小5長男くんとの微笑ましい会話から読む詠む。

>「ここに出てくる児玉弁護士ってお父さんのこと?」、「本当に普通なら1,2か月かかる書類を1日半で作って裁判起こしたの?」とか目を輝かせて言っていた

昨日のBBC トランプ米大統領、アフガニスタンで「勝つために戦う」 撤退はしないと
<http://www.bbc.com/japanese/41008356>言ってる。

本書は15年前の難民青年たちの事実だが、厳しい状況は変わってないんだなあと思った。

日本に逃れてからの部分、政府や入管の様子は殆ど変わってないし。千恵子@元・申請取次行政書士

64 入局管理局に収容された30人ちゅう、19人が自殺しようとするって異常だよ。やっぱり。

66 青年らを支援するアフガン料理店 神田カブール食堂 行ってみたいと思ったが、もうないんだ。残念。


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内