[CML 049985] 第11回関西クィア映画祭2017 へのお誘い

ひびの まこと hip at barairo.net
2017年 8月 19日 (土) 14:02:21 JST


京都のひびのです。
関西クィア映画祭のお知らせです。

今年の「セックス!セックス!セックス!特集」は特にお薦めです。「クィア」「セックス」を扱うと、どうしても男性目線が強くなりがちですが、今回の特集は、フェミニズムを踏まえたクィアな路線での、セックス特集です。
また、クィア業界やコミュニティー、「私たち」の内部にある差別にもスポットライトを当てています。韓国では大ヒットしたのに、日本の映画館での上映ができなかったドラマ『鬼郷』の上映もあります。
単純化され範囲を限定された「LGBT」ではなく、もっと広い枠組みで性を考える取り組み、関西クィア映画祭に、ぜひお越し下さい。

※メディアでの映画祭や映画の紹介も歓迎します。広報資料等も提供できます。
※パンフレットの送付を希望される方は、ご連絡下さい。

ぜひ、いろんな方に関西クィア映画祭を知ってもらえるよう、情報の拡散にご協力をお願いします。


■=■=■=■= 転送 転載 歓迎 ここから =■=■=■=■

第11回関西クィア映画祭2017 へのお誘い

性をテーマとした映画祭「関西クィア映画祭」が、あと1ヶ月後に大阪で、また10月には京都で開催されます。
今年は「セックス!セックス!セックス!特集」「私たちのストーンウォール」「不可視化に抗う」の三つの特集を設けています。
17の国と地域から集めた、長編12作品・短編15作品、全27作品、ほとんどが日本初上映です。どうぞこの機会にご鑑賞ください。

【関西クィア映画祭とは?】
あなたはどんな性別で暮らしていますか?恋愛やセックスは好きですか?どんな恋愛やセックス、人との関わり方をしていますか?
「男らしさ」や「女らしさ」が期待されることに、しんどくなった経験はありませんか?
こういった「男女という制度」の枠組みから出て、自分らしい性を生きている人たちが、既に沢山います。典型的であってもなくてもいい、変(=クィア)でもいい、性のあり方は多様だ、私たちは生きていける。関西クィア映画祭は、そんなメッセージがあふれる映画を上映する「みんなのお祭り」です。
http://kansai-qff.org/2017/


====目次====
【1】日程・会場
【2】三つの特集
【3】その他の上映作品
【4】チケット情報
【5】当日スタッフ募集
【6】お問い合わせ
====目次====


【1】日程・会場
大阪 9月16日(土)ドーンセンター(天満橋)
   9月17日(日)すてっぷ(豊中)
京都 10月27日(金)~29日(日)京都大学西部講堂
詳しくは→ http://kansai-qff.org/2017/Kaijyou.html

各作品の上映タイムテーブルは以下をごらん下さい。
http://kansai-qff.org/2017/timetable.html



【2】三つの特集
●セックス!セックス!セックス!特集
~奪われたセックスを取り戻す 2017年・秋~
いろんな感じ方、覗いていきませんか?

セックスはしても、しなくてもいい。
でもセックスをする人の数だけセックスがあるのなら、普段私たちが映画やポルノの中で目にするセックスはどうしてこうも一辺倒なのだろう?マンコを持つのが、完璧なボディでフェミニンな「女」だけだったり、チンコがイかないと終わらなかったり、したくない行為の強要が良しとされたり、かたや全員が健全者だったり。もっとクィアで、リアルで、複雑で、パワフルで、それでいて最低限のマナーを全員が尊重する、障壁をぶち壊すようなフェミニストなセックスを見せたい。それが、世の中のフツーに奪われた私たちのセックスを取り戻す、2017年のセックス映画特集です。
欧米のクィア映画祭やポルノ映画祭から厳選した、肌の色、体のカタチ、セクシュアリティー、感じ方も多様な4作品。各作品がそれぞれの課題を補い合って見せてくれるのは、政治的で刺激的で官能的な、もしかするとあなたにとって初めての世界かもしれません。(岸茉利) 

『レンズ越しのあなたに 』(69分/2015/ドイツ)
『Yes, We Fuck! 』(60分/2015/スペイン)
『36歳、童貞。』(29分/2017/カナダ)
『ニュウロセックス3』(38分/2017/ドイツ)

詳しくは→ http://kansai-qff.org/2017/tokusyuu.html#sex


●ミニ特集(1) 私たちのストーンウォール
米国LGBT運動の始まりとしてよく言及されるニューヨークでのストーンウォール暴動。1969年6月28日のその暴動の発端は、黒人のドラァグクイーンのマーシャ・P・ジョンソンさんと、プエルトリコ系のトランス女性シルビア・リベラさんだった。しかし昨年公開された映画「ストーンウォール」では、白人シスジェンダーのゲイ男性を闘いの主人公として描いていた。有色トランス女性やブッチダイクの存在を歴史から消し去り、ストーンウォールの闘いの成果を白人ゲイ男性が盗む描き方だったため、強い批判をあびた。
米国でも、「私たち」の内部の差別(女性差別・人種差別・トランス差別)は今もあり、それへの抵抗と闘いが続けられている。その闘いに敬意を示し、日本人ゲイ男性にも自身の特権に気づいて欲しいと祈念しつつ、有色トランス女性のドキュメンタリーを2作品、上映する。

『メジャーさん!』(91分/2015/米国)
『マーシャの生と死に正義を 』(107分/2017/米国)

詳しくは→ http://kansai-qff.org/2017/tokusyuu.html#mini1


●ミニ特集(2) 不可視化に抗う
すべての教室に同性愛者が居るのに、なぜ無視するのか。
パレードにはバイセクシュアルやトランスジェンダーも居るのに、なぜ「レズビアン&ゲイ・パレード」なのか。
そうやって私たちは不可視化に抗ってきた。
今の日本で、私たちのコミュニティーで、何が不可視化されようとしているのか。誰が居ないことにされ、誰の声が無視され続けているのか。何が「最終的に解決」したことにされてしまっているのか。誰の無関心がそれを支えているのか。

『この声で拓く道』(122分/2017/フランス)
『鬼郷』(127分/2015/韓国)
『いのちの森 高江 』(64分/2016/日本)

詳しくは→ http://kansai-qff.org/2017/tokusyuu.html#mini2


【3】その他の上映作品
●長編作品
大阪アジアン映画祭で好評だったマカオ映画『姉妹関係』など計5つの長編作品。
http://kansai-qff.org/2017/works/list_feature.html

●FTMスペシャル
FTMトランスジェンダーや、多様な性別を描く短編集!(4作品)
http://kansai-qff.org/2017/works/ftm.html

●好き好き短編集
スペイン、米国、ブラジル、ベトナム、カナダ、韓国、インドからの短編8作品を上映。
http://kansai-qff.org/2017/works/shortfilm.html

●オールナイト
田中麻子監督の「マイ・シェアメイト」など、長編短編あわせて5作品、お得な枠です。
http://kansai-qff.org/2017/works/allnight.html



【4】チケット情報
1回券(1枠に有効)前売1,300円 当日1,600円
3回引換券(3枠に有効)前売3,400円 当日4,000円
大阪パス(ドーンセンター・すてっぷの全枠に有効)前売3,800円 当日5,000円
京都パス(京都大学西部講堂の全枠に有効)前売6,800円 当日8,000円
フリーパス(全会場全枠に有効)前売10,000円 当日12,000円

ご購入は、関西圏の協力店舗か、チケットぴあで。
詳しくは→ http://kansai-qff.org/2017/Ticket.html



【5】当日スタッフ募集
関西クィア映画祭は、みんなでつくるお祭りです。
特に映画祭当日や直前の準備では、たくさんの人に手伝ってもらいたい!
実行委員だけでは人手が足りません。あなたの力を貸してください!
興味のある方は、以下の『当日スタッフ説明会』にご参加下さい。
・9/10(日) 14時~17時 ドーンセンター
・9/30(土) 14時~17時 京都大学西部講堂

詳しくは→ http://kansai-qff.org/2017/touzitsu.html



【6】お問い合わせ
関西クィア映画祭 実行委員会
(代表係 ひびの まこと 実行委員長係 にしき)
ウェブ http://kansai-qff.org/
電 話 080-3820-2731(留守電)
F A X 06-7878-8882
メール(一般情報) info at kansai-qff.org
メール(チケット) ticket at kansai-qff.org
メール(スタッフ) staff at kansai-qff.org
メール(英語) info-en at kansai-qff.org



■=■=■=■=■=■=■=■=■=■


--
ひびの まこと
hip at barairo.net
http://barairo.net/
https://twitter.com/hibinomakoto
https://www.facebook.com/hibino.makoto
電話:090-1156-3039
Skype:hibinomakoto
--

■=■第11回 関西クィア映画祭 2017■=■
17の国と地域から集めた長編12作品、短編15作品、全27作品を上映
【大阪】9/16(土) ドーンセンター(天満橋)
    9/17(日) すてっぷ(豊中)
【京都】10/27(金)~10/29(日) 京都大学 西部講堂
http://kansai-qff.org/




















CML メーリングリストの案内