[CML 049983] 米政府の北朝鮮政策に乗ってはならない

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2017年 8月 19日 (土) 09:16:10 JST


情報記載 石垣

米政府の北朝鮮政策に乗ってはならない



アジア人どうしをイガミあわせる、これが米政府の戦略である。

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は米国と一刻も早く、

国交を回復し平和友好条約を結びたい、と望んでいる。

なぜなら、北朝鮮はイラクのようにいつ米国の攻撃に合い壊滅させられるか、

という恐怖感を常に持っているからである。

それゆえ防衛の為、ミサイルから核兵器まで兵器をエスカレートさせてきている。

 米政府は北朝鮮の要求に応じないどころか、米・韓・「日」の合同演習を強化継続し、

更に近隣諸国に対し、経済封鎖の圧力を深めるよう、呼びかけている。

 それはなぜか「生かさず・殺さず」の北朝鮮の存在が必要なのである。

 北朝鮮が孤立し、兵器を増強している限り、米国は韓国・日本・台湾に武器を

 売り続けることができる。大規模な戦争はマイナスだが、

 多少の小競り合いはあった方が良い。これは日中関係においても同様である。

 今回も8月17日、日米外務・防衛閣僚会議2+2で米政府は

日本に迎撃ミサイル「SM3」(一基、約800億円)を売りつけている。

 日本・韓国・台湾は永続した特大のお得意さんなのである。

                石垣敏夫


CML メーリングリストの案内