[CML 049943] Re: IK改憲重要情報(202)

kenju watanabe nrc07479 at nifty.com
2017年 8月 16日 (水) 18:30:23 JST


日韓ネット@渡辺です。
ソウルの8・15行動に参加して、先程、帰宅しました。

河内さん。自分でやれないなら我々の集会にでも参加したらどうですか。

もっとも、かつてあなたは我々のところに潜入しに来て、何も学ばず、ふざけた言動を
していることで来ても糾弾の対象になるかもしれませんが…。

*****************************************************************
     日朝ピョンヤン宣言15周年
     朝鮮半島と東アジアの平和を求める9・16集会

    朝鮮半島の緊張利用した安倍政権の改憲・戦争国家化反対! 
*****************************************************************

 【講演】 南北朝鮮の和解と統一を阻むもの
        −アメリカの覇権主義と追随者たち

        纐纈(こうけつ)厚・山口大学名誉教授

 [特別報告]朝鮮高校「無償化」差別裁判の判決(広島・大阪・東京)と今後の闘い

               長谷川和男・「高校無償化」からの朝鮮学校排除
                             に反対する連絡会共同代表

 ♪映像と歌 ノレの会
  アピール  沖縄・「慰安婦」・憲法問題など

  ●日時 9月16日(土)午後6時半開会(6時開場)  資料代1,000円
 ●場所 文京区民センター2A(地下鉄「春日」or「後楽園」すぐ)

 ●主催 2017 9・16集会実行委員会
  連絡先 日韓民衆連帯全国ネットワーク(070-6997-2546)
            ピース・ボート(03-3363-7561)
           「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)
                          (03-3818-5903)
            許すな!憲法改悪・市民連絡会(03-3221-4668)
            反安保実行委員会(03-3254-5460)
            在日韓国民主統一連合(03-3862-6881)
--------------------------------------------------------------------------
             【呼びかけ】
 今、朝鮮半島の軍事緊張は極度に高まり、一触即発の状態が続いています。
米国はサードを韓国に配備、史上最大の米韓合同軍事演習を繰り返し、朝鮮側は核実験
やICBMなどの発射実験でこれに対抗しています。

 ●朝鮮半島の緊張の根源と平和への道

 日本では一方的に「朝鮮の脅威」のみが煽られていますが、これは誤った見方です。
朝鮮戦争の停戦協定から今年で64年にもなりますが、停戦状態のまま大規模軍事演習で
絶えず軍事的威嚇を加えてきたのは米国です。
 この米国の軍事的圧迫が朝鮮を核・ミサイル開発に向かわせたのです。      

 朝鮮半島の緊張状態を平和の方向に転換させるためには、米国が大規模軍事演習を停
止し、朝鮮も核・ミサイル開発を停止する「相互停止」がまず必要です。
 そして対話により現在の停戦状態から平和協定締結に向かうことです。これは朝鮮戦
争当事者である米朝の義務であり、朝鮮半島非核化の近道でもあるのです。
 しかし、これを拒み続けているのは米国です。
 ここに朝鮮半島の緊張の根源があります。

 ●朝鮮半島の緊張利用する安倍政権

 安倍政権は米国に追随して「対話より圧力」の旗を振り、朝鮮半島の緊張を煽り、そ
れを最大限に利用して「戦争のできる国」作りを推し進めています。
 戦争法に基づく自衛隊の米軍への戦争協力(集団的自衛権行使)拡大、「共謀罪」の強
行成立、そして憲法9条の改悪にまで手を付けようとしています。
 これを絶対に許してはならないでしょう。

 ●日朝正常化と米朝平和協定の実現を

 国交正常化を目指すことで合意した日朝ピョンヤン宣言(2002.9.17)に基づき、対朝
鮮敵視政策を転換し、米国に対話と平和協定締結を促すことこそ、日本の取るべき道で
あり、日本の平和の道にも直結しています。その実現を目指して声をあげていきましょ
う。 9・16集会に参加・賛同を!
---------------------------------------------------------------------------
  ●集会賛同のお願い  個人1千円 団体3千円
  送り先 郵便振替口座 00110-8-140618 [日韓民衆連帯全国ネットワーク]
       *9・16集会と明記ください
        また個人の方はあれば肩書き、公表の可・否もお知らせください
---------------------------------------------------------------------------

----- Original Message -----
>Date: Mon, 14 Aug 2017 14:46:42 +0900
>From: 高田健 <kenpou at annie.ne.jp>
>To: 市民のML <cml at list.jca.apc.org>
>Subject: [CML 049907] Re: IK改憲重要情報(202)
>
>
>河内さん
>恥ずかしいのなら、
>どうぞ、ご自分でおやりください。
>ご健闘をいのります。
>高田健
>
>On Mon, 14 Aug 2017 14:19:45 +0900
>河内 謙策 <kenkawauchi at nifty.com> wrote:
>
>> IK改憲重要情報(202)[2017年8月14日]
>> 
>> 
>> 
>> 私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信しま
>> す。
>> 
>> 
>> 
>> (この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由
で
>> す)
>> 
>> 
>> 
>> 弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策
>> 
>> 
>> 
>> 連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所
>> 
>> 電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884
>> 
>> 
>> 
>> 河内が参加している「南シナ海問題署名運動」のサイトは以下のとおりです。
>> 
>> 
>> 
>> http://www.southcs.org/
>> 
>> __________________
>> 
>> (以下の見解は、河内の見解です。市川の見解は必らずしも河内と同一ではありませ
>> ん。御了解ください。)
>> 
>> 
>> 
>>     北朝鮮情勢が再び緊迫
>> 
>> 
>> 
>>   皆様ご存知のように、北朝鮮がグアムへ向けてのミサイル発射実験の準備をして
い
>> ると声明したため、北朝鮮をめぐる情勢が極めて緊迫しています。
>> 
>>  私の友人からも、どうなるのか、という質問がよせられていますが、私の見解を
結
>> 論から言えば、北朝鮮の暴発の可能性はありますが、現在までのところ、第二次朝
鮮
>> 戦争の可能性は薄い、当面、腹の探り合いが続くのではないか、と考えています。
>> 
>>  アメリカが先制攻撃をすることは軍事的に困難なことに加えて、米兵等の死傷者
の
>> 数につき、アメリカ国内でトランプ政権の支持基盤が揺らぐ可能性があるので踏み
切
>> れないのです。逆に言えば、北朝鮮がグアムの基地(!)を本当に攻撃すれば、ア
メ
>> リカが戦争を始める可能性が大ということになります。“共和党の支持者の74%が対
>> 北軍事行動に賛成”というニュースが流れていますが、まだ
>> 
>> まだ不十分だと、トランプは考えているでしょう。
>> 
>>  一方北朝鮮は、先に先制攻撃をしても、その後、アメリカの攻撃により国家が消
滅
>> する事態を避けなければならないことは、よく分かっていると思います。したがっ
>> て、北朝鮮が先制攻撃をすることは考えにくいのです。
>> 
>>  アメリカと北朝鮮の腹の探り合いが続くとしても、第二次朝鮮戦争の不安や、
>> 
>> ミサイルの発射実験の不安におびえて暮らすことはもう御免です。
>> 
>>  私は、この「IK改憲重要情報」で何回も訴えてきましたが、日本の民衆運動は
>> 「第2次朝鮮戦争反対、安倍は第2次朝鮮戦争に参加するな、中国とロシアは北朝
鮮
>> に対する支援をやめよ」という大運動を起こすべきだと強く思っています。(つい
で
>> に言えば、沖縄等の米軍基地反対運動は「北朝鮮のミサイルに狙われる米軍基地反
>> 対」の運動をすべきです。安保条約反対の運動に解消すべきではありません。各地
の
>> 原発運動も、北朝鮮ミサイルに対する防御をしていない原発反対のスローガンを掲
げ
>> るべきだと思います。)
>> 
>> 
>> 
>>  大西康之『東芝 原子力敗戦』(文藝春秋刊)のお勧め
>> 
>> 
>> 
>> 私は50年以上、日本の平和運動に参加してきましたが、現時点ほど、日本の平和運
動
>> に参加していることを恥ずかしく思ったことはありません。
>> 
>>  第二次朝鮮戦争反対の運動が、ほとんど起きないという異常な状態が続いている
か
>> らです。
>> 
>>  戦争が起きるのに戦争反対の運動をしない平和運動があるとは、50年間夢にも思
い
>> ませんでした。
>> 
>>  「お父さんが参加している平和運動って何なの。北朝鮮からのミサイルに怯えて
い
>> る高知や広島の人のことを考えたことがあるの」と私は娘にも責められています。
>> 
>>  このような情けない平和運動にしてしまった日本の平和運動のリーダーの責任は
重
>> いものがあると思いますが、ことはリーダーの責任に止まりません。平和運動のリ
ー
>> ダーを支えた日本の平和運動の構成員の責任が問われなければなりません。リーダ
ー
>> に異論があるのに発言をためらった人、上からの指示を待っていた人、日本の平和
運
>> 動の責任を考えもしなかった人、こういう思考停止人間が日本の平和運動の多数を
占
>> めるに至ったのだと私は判断せざるをえません。
>> 
>>  思考停止人間が、その善意にもかかわらず責任を免れないことは、大西氏が鋭く
え
>> ぐり出しています。 以上
>> 
>
>------------------------------------------------------------
>許すな!憲法改悪・市民連絡会
>高田 健 <kenpou at annie.ne.jp>
>東京都千代田区三崎町2−21−6−301
>03-3221-4668 Fax03-3221-2558
>http://web-saiyuki.net/kenpoh/
>憲法審査会傍聴備忘録
>http://web-saiyuki.net/kenpou/
>
>

**************************************************
 日韓民衆連帯全国ネットワーク
 公式ブログ http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/
**************************************************


CML メーリングリストの案内