[CML 049937] 補足して再送。保養への思いと~保養&健康相談会へ 是非ご協力をお願いいたします~避難者こども健康相談会 きょうと

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2017年 8月 16日 (水) 08:11:24 JST


補足して再送。 保養への思いと ~保養&健康相談会へ 是非ご協力をお願いいたします~避難者こども健康相談会 きょうと 


転送転載歓迎

京都の菊池です。

 〇福島からの避難者が中心となり、低線量被曝の危険性に理解のある小児科医有志のご協力を得て、京都への避難者・子どもの健康への不安に 応え支えることを目的とし、「避難者こども健康相談会」を 開催 している
 
避難者こども健康相談会 きょうと 
 http://kenkousoudankaikyoto.blog.fc2.com/ 
が、

 ~保養&健康相談会へ 是非ご協力をお願いいたします~

(※この9回目となる「避難者こども健康相談会きょうと」
いよいよ、今週末より始まります。
今回、はじめて福島県などの原発事故被災者のミニ保養+健康相談を呼びかけた
ところ、6家族が参加されることになりました。 
ぜひ、ご協力お願いします)

と発信しています。

ぜひ、ご協力よろしくお願いします。

下記に貼り付けます。


つむぎプロジェクトin京都2017 ~被災地と京都を繋ぐ親子交流会&相談会~  
http://kenkousoudankaikyoto.blog.fc2.com/blog-entry-11.html?sp&sp
より


~保養&健康相談会へ 是非ご協力をお願いいたします~ 

本会は、福島からの避難者が中心となり、低線量被曝の危険性に理解のある小児科医有志のご協力を得て、京都への避難者・子どもの健康への不安に 応え支えることを目的とし、「避難者こども健康相談会」を 2013 年 6 月 から開催しています。 本年は、住宅支援が縮小されるなか、福島への帰還者の健康相談、保養が 課題となっておりますので、「さぽーと紡~tumugi~」様とタイアップし、「被災地と京都を繋ぐ 親子交流会&相談会」を開催します。 ぜひ皆様のご協力をお願いいたします。
2017 年 5 月  避難者こども健康相談会 きょうと 

つむぎプロジェクト
in京都2017

~被災地と京都を繋ぐ親子交流会&相談会~

今年の夏は、震災による影響でつまづきや様々な不安を抱えた子どもとその保護者を対象に、交流会、健康相談会などを企画し、またご家族でゆっくりできる時間も作りました。参加希望の方はご連絡ください。
※6家族が参加されることになりました。 申込み受付終了しました。


日程:8月19日(土)~24日(木)   

宿泊先:聞法会館 他

〒600-8357 京都府京都市下京区 花屋町通堀川西入柿本町600−1

対象:震災により京都に避難し被災地に帰還した子どもとその保護者・被災地にお住まいの子どもとその保護者

定員:5家族20名程度


費用:保護者1名15,000円、こども無料

申し込み締め切り:7月20日(申し込み順となります)

※申し込み定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。
申し込まれた親子たちの 保養&健康相談会を支えるため、
ぜひご協力お願いします。 


【日程】

8月19日(土)移動日(東北→京都)歓迎会
8月20日(日)相談会、交流会 ※詳細については別途お知らせします
8月21日(月)自由行動
8月22日(火)滋賀県琵琶湖(バーベキュー予定)
8月23日(水)自由行動、夜交流会
8月24日(木)移動日(京都→東北)



共 催:さぽーと紡 /避難者こども健康相談会きょうと /NPO法人和

協 力:浄土真宗本願寺派社会部災害対策 /うつくしま☆ふくしまin京都 /笑顔つながろう会 

【申し込み・問い合わせ】メール tumugimail at yahoo.co.jp
電話 080-6034-3107 (齋藤)

カテゴリ : 健康相談

記事URL(共通)
http://kenkousoudankaikyoto.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

この
 つむぎプロジェクトin京都2017 ~被災地と京都を繋ぐ親子交流会&相談会~ 

への支援受付口座は、

ゆうちょ銀行 14430-20771791
※他銀行からの振込
店名 四四八 店番 448
 普通預金 2077179
   さぽーと紡 代表 齋藤夕香

です。

ぜひ、ご協力お願いします。

〇原発事故に伴う(低線量)放射線が健康に及ぼす影響は、保養も含め長期的な課題であるので、
 
避難者こども健康相談会 きょうとは、
8月に、保養&健康相談会を行うにあたり、
先日京都で、

7月1日(土)菅谷市長講演会
http://kenkousoudankaikyoto.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
(・・・
原発事故に伴う(低線量)放射線が健康に及ぼす影響は、保養も含め長期的な課題です。
チェルノブイリで医療活動に携わられ、現在もその後の情報が誰よりもお有りの医療者として、また、市民の生命と財産を守るために放射能災害対策も含めた防災や地域医療に力を発揮しておられる市長として講演していただきます。

長野県松本市長 菅谷 昭 氏
【主な経歴】(チェルノブイリ関連)
1996年 ベラルーシ共和国に渡り、首都ミンスクの国立甲状腺がんセンターにて小児甲状腺がんの外科治療を中心に、医療支援活動に従事。
1999年 高度汚染地ゴメリ州に移り、州立がんセンターで支援活動を継続。
2000年 チェルノブイリ原発から90kmにあるゴメリ州モーズリ市に転居。現地事務局を拠点に支援活動を継続。
2001年 ベラルーシ共和国での5年半に及ぶ長期滞在を終え帰国。
(「松本市」HPから部分引用)
・・・)
を行いました。


 避難者こども健康相談会きょうと - support-tumugi ページ! 
https://support-tumugi.jimdo.com/%E9%81%BF%E9%9B%A3%E8%80%85%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E5%81%A5%E5%BA%B7%E7%9B%B8%E8%AB%87%E4%BC%9A%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%A8/

より 、 主催挨拶を、
ぜひ、お読みください。 

         
そして、 保養&健康相談会を 

 避難者こども健康相談会 きょうと
と共に行う
 さぽーと紡 ~tumugi~ の
 
ホーム - support-tumugi ページ 
https://support-tumugi.jimdo.com/ 
より

保養への思いをぜひお読みください。


さぽーと紡 
~tumugi~

さぽーと紡は、東日本大震災による原発事故で、避難を決断して動いた母親が立ち上げた任意団体です。主に子どもたちの保養について、取り組んでいます。
 
普段の当たり前の生活に「放射線」が出てきてから、福島県では今も毎日、天気予報と一緒に今日の放射線量が発表されています。
あの事故がなかったら、放射線のことについて全くわかりませんでしたが、今は、心の中に不安はあっても、考えても仕方がない、明るく前向きに生きようとする当然の本能が、非日常を日常に変えてしまっています。
誰もが被災者、避難者、当事者になり得るとしても。
 
放射能汚染は関東圏まで広がっており、関東から西日本に避難をしている人々もたくさんいます。時々新聞などには載っても、世間にはほとんど知られておらず、地域や放射線量の線引きと無関心が、無用な問題を招いています。
 
周りにたくさんの放射性物質が置かれている風景、今もなお杜撰な管理のもとに置かれていても、それが通常でも、せめて妊婦さんや子ども、免疫力が弱い人は、放射線をできるだけ避けたいと思うのは当然で、放射線を取り扱う人はよく知っていることです。
 
お話を聞いていただく機会や、行政への要請、裁判などにも関わり、それが私達の生活の一部になっていますが、紡はその部分に焦点をあて、現実に向き合い、子どもたちを守る、被ばくをできるだけ避ける活動を目的とし、継続していきたいと思っています。
 
 
芝生の上に寝転ぶ子どもたち(2011年・北海道にて)
芝生の上に寝転ぶ子どもたち(2011年・北海道にて)
この写真を見て、皆さんはどう思うでしょうか。
 
こうして芝生に思いっきり寝っ転がること、いたって普通のことかもしれませんが、
芝生は放射性物質を吸収しやすく、水が溜まりやすい場所や、湿気が多いところなども、線量を測ると高い数値が出るので、気にする人は、子どもがいる人は特に気を付けています。
 
こうして思いっきり寝転がれた時に、今までの我慢が溢れ出ます。
 
放射線量を自ら測ることで把握できることは確かですが、そんな我慢などしたくない、測らないほうが気にしなくていいと思う人もいます。素人はよくわからないから当然です。
何も感じないから尚更です。
 
本来、個人個人で判断すべきことではない問題なのに、素人が個人個人の判断をせざるを得ず、いつの間にかなかったことのように風化してしまう。そして放射線管理区域と同様の場所で、子どもたちが普通に暮らしているという現実。 
 
これからの世代の人達に恥じないよう、今の大人達がしっかり考えていかなければならない大きな課題です。


※これからも、
 
避難者こども健康相談会 きょうとのブログ
http://kenkousoudankaikyoto.blog.fc2.com/ 

 さぽーと紡 ~tumugi~ の
 
ホーム - support-tumugi ページ 
https://support-tumugi.jimdo.com/ 

を、継続してお読みください。よろしくお願いいたします。 
 

京都の菊池です。の連絡先
 ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(送信の時は、あっとを@に変更して送信してください)


CML メーリングリストの案内