[CML 049921] Re: ストーカー評論家の執念――大江健三郎と加藤典洋

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2017年 8月 15日 (火) 04:14:10 JST


前田 朗です。
8月14日

大山“消化不良”さん

他のMLで教わったのですが、土曜日8月19日に 「新崎盛暉平和活動奨励基金」
(2017年創設)の選考委員会があるそうです。もちろん、新崎さんが出席予定で
す。

基金の名称を見て、「えっ、新崎さん、まだ平和活動するの」と驚きました(笑)
。が、間違い。たぶん、若手活動家のために新崎さんがつくった基金でしょう。

*

加藤典洋の文章は、やはりと言うか、さすがと言うか、上手ですよ。

ただ、事実と論理によって成り立っているのではなく、印象論や想像で成り立っ
ていて、情緒に訴えかける文章です。文芸評論だから、です。

もとい、諸外国の文芸評論がそんなものかどうか、知りません。

日本の文芸評論は明らかにそうしたものです。

神様と言われる小林秀雄の文章がその典型です。論理ではなく、わかる人間には
わかる、共感する読者は共感する、わからないやつ、共感しないやつは相手にし
ない、と言う世界です。

日本の文芸評論はそれでいいことになっていますから、加藤は優れた文芸評論家
なのです。

以上のことは、日本の文芸評論家がすべてそんなものだ、と言っているわけでは
ありませんので、念のため。


----- Original Message -----
> 前田せんせ
> 
> 念のため、修正なさったブログを拝読しました。
> 
> >それでも読者を引っ張っていくのが、加藤の魅力かもしれない。
> 
> そうなんですかあ。
> 
> 出てくるひと、そして本。どうやら時間の無駄なので、加藤某は避けますね。
> 
> 千恵子@『敗北を抱きしめて』図書館の返却期限がきたので1/3しか咀嚼し
てない
> 
> 2017年8月14日 16:35 <maeda at zokei.ac.jp>:
> 
> > 前田 朗です。
> > 8月14日
> >
> > ブログ記事に加筆しました。
> >
> > ストーカー評論家の執念――大江健三郎と加藤典洋
> > http://maeda-akira.blogspot.ch/2017/08/blog-post_75.html
> >
> >
> >
> >
> 
> 
> -- 
> 大山千恵子
> ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama
> 




CML メーリングリストの案内