[CML 049895] 「AV出演を強要された彼女たち」 宮本節子 ちくま新書

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2017年 8月 13日 (日) 07:19:27 JST


「AV出演を強要された彼女たち」
<http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170122/Weeklyjn_11970.html>
宮本節子 <http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/3bdedcad1dd6f3261058648cd59bba6d>
ちくま新書 <http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480069344/>

著者の講演
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/3bdedcad1dd6f3261058648cd59bba6d>
を聞いていたので、あらためてAV出演強要の仕組みを熟読。

以前、2400万円の損害賠償請求に驚いたが、本書にはさまざまな実例が載っている。

お金を貰ったために、被害者と気づかなかった例もある。自分を責める女たち、自死もある。

---------------- 目次 -------------------

1 アダルトビデオに出演させられてしまった彼女たち

Aさん*それでも彼女は言い張った。「親には知られたくない」
Bさん*未明のメール。「AVに出演させられそう。助けてください」
Cさん*「家の外になんだか変な男たちがいる」。真夜中の支援活劇
Dさん*渡された一日の撮影スケジュール表。「いまさらバラせない」
Eさん*「あなたは特別」「だからがんばれ」と言われその気になった

アダルトビデオの世界に引き込まれていく共通のプロセス

2 なぜ契約書にサインをし、なぜそこから抜け出せないのか

なぜ契約書にサインをし、なぜそこから抜け出せないのか どのように支援をするのか

アダルトビデオ産業の構造―スカウトからDVD発売、動画配信まで

補遺 契約書には何が書いてあって、何が書いていないのか


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内