[CML 049890] Re: ストーカー評論家の執念――大江健三郎と加藤典洋

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2017年 8月 12日 (土) 15:44:03 JST


前田 朗です。
8月12日

大山さん

まあ、粗忽な加藤典洋だから、こんなものでしょう。

たくさんありますが、もう一つだけ書いておきます。

加藤典洋は、宮崎駿の『千と千尋の神隠し』のところでは(180−181頁)、

もとの世界(A)から、異世界(B)に行き、帰り着く世界(A)ももとの世界
とは少し違う(A’)と主張し、

これがアメリカ映画にはない、この作品の「特異さ」だなどと間抜けな主張をし
ています。

加藤によると、アメリカ映画はA−B−Aしかなく、

宮崎駿は、A−B−A’ という特異な作品をつくったのであり、それが「敗者
の想像力」のためだとつなげます。

呆れたお馬鹿さん。

『猿の惑星』ひとつとってもA−B−A’ということはわかるはず。

というか、パラレルワールドものの常識です。

「想像力」のないお粗末な文芸評論家と、無能な編集者によるばかげた本です。





----- Original Message -----
> 前田せんせ
> 
> 新崎盛暉、死んでないよねー。
> 
> 千恵子@沖縄一坪反戦地主
> 
> 2017年8月12日 4:56 <maeda at zokei.ac.jp>:
> 
> > 前田 朗です。
> > 8月11日
> >
> > ブログを更新しました。
> >
> > ストーカー評論家の執念――大江健三郎と加藤典洋
> > 加藤典洋『敗者の想像力』(集英社新書)
> > http://maeda-akira.blogspot.ch/2017/08/blog-post_75.html
> >
> >
> >
> >
> 
> 
> -- 
> 大山千恵子
> ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama
> 




CML メーリングリストの案内