[CML 049803] 「民主主義」を口実に「民主主義の場」を奪う手法

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2017年 8月 5日 (土) 11:04:38 JST


皆様

ふと思い出しました、10年(以上?)前のこと。
Mixiの「平和コミュ」が次々と大荒れになって、次々と「乗っ取られ」ていった 
ことを。

戦争オタクが「平和コミュ」に入り込んで、
攻撃対象を1人(狙われるのは女性が多かった)に絞って、
「お花畑の平和」ではないかと粘着攻撃を始める。

見かねた管理人が、発言に制約を加えると、
「非民主的だ」と、オタクの仲間たちが騒ぎ立てる。

そうこうしているうちに、一般会員は論争から引いてしまい、
餌食となった人と管理人さんだけが孤立する。

ころあいを見計らって、
「民主的な運営のために」と新管理人選挙が提案される。
そして、見事にオタクの仲間が新管理人となる。
結果、
「平和」コミュは「改憲軍備コミュ」へと衣替えした。


Mixi以外の掲示板の炎上も、
1、極端な多投稿
2、誹謗中傷
3、個人情報の暴露
などを基点として、
ほんとうにこじれるのは、そこから発展する「民主主義的運営」論争。

掲示板を炎上させ、それを乗っ取る人間にとって、
「民主主義」という言葉ほど便利な炎上道具は無い。

いま「しばき隊」のリーダーとなっているNなどは、
掲示板の1次分裂で多数派につき、
みごと攻撃対象を追い出すと、
つづいて多数派内部で紛争を仕掛ける。
個人メール暴露、個人情報暴露など、
1次分裂よりも陰惨な2次分裂となる。
(webにその当時の記録が残っています)

結果はNの一人天下となるか、掲示板が雲散霧消するかの、どちらか。

いずれにしても、「民主主義」を漠然ととなえるだけなく、
分かりやすい具体的な発言ルールが必要。
「民主主義の場」を維持するためには、
欠かせないとおもいます。
ni0615田島



CML メーリングリストの案内