[CML 049792] Fw: キューバの『チェ・ゲバラが広島に立つた日』

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2017年 8月 5日 (土) 06:19:38 JST


転送です(石垣)
----------------------------------------------------

本気になって、命を懸けて世界から貧困をなくそうとした男・チェゲバラ。

  https://www.facebook.com/satoru.konishi.35/videos/707830649320900/

(写真:原爆慰霊碑へのゲバラの献花参照)

  7月25日は、キューバの『チェ・ゲバラが広島に立つた日』である。56年前の1959年7月25日チェ・ゲバラが広島原爆慰霊碑に献花した日である。池田勇人通産相(当時)と会見した後千鳥ヶ淵戦没者墓苑へ訪問と献花の予定であったが・・・
ゲバラは「私は行かない数百万のアジア人を殺した帝国主義の軍隊じゃないか。私は絶対に行かない。行きたいのは広島だ。広島はアメリカが10万人の広島の一般市民を殺した場所だ」と言い日本政府を慌てさせるしかし日本政府はアメリカを恐れて広島の正式訪問を認めない。しかしゲバラは広島行きを決行したのである。

  ゲバラの広島行きについて?外務省記録?随行した日本の新聞記者の記録?同行した副官のフェルナンデスの日記。それぞれ少し違っているが、副官フェルナンデスの日記に従い書くことにする。

  7月23日愛知県 トヨタ工場見学。7月24日大阪での歓迎パーティー出席。パーティー終了後、ゲバラは大阪と広島がそれほど遠くない事を知り、「僕らには48時間しかない、日本政府には言わずに広島にいこう」と言い出す。

  使節団の半分を大阪に残し、ゲバラたち3人は極秘に自分達で乗車券を買い、夜行列車で広島行きを強行する。

広島に着いたゲバラは、1500円の献花用の花を買う。今で言えば2万ぐらいだろうか? 

  フェルナンデスは倹約家のゲバラの高額な出費に驚いている。

  ゲバラは、1時間以上も見学し、「原爆資料館で見たものは、ただ恐ろしいものばかりだった」と大きな衝撃を受け、「今日からは広島と広島の人を愛していこう」という言葉を残す。

  そして「アメリカが犯した罪、引き起こした惨劇を世界の人が見るべきだ」というメッセージをカストロはじめキューバ国民に発する。そして、日本に対して『君たち日本人はアメリカにこれほど残虐な目にあわされて腹がたたないのか』と問いかけた。

  私は、アメリカはあの時から何も変わってないと思う・・・

1959年7月25日にチェ・ゲバラが妻に送った手紙。愛する君へ今日は原爆が投下された広島から、この手紙を送ります。慰霊台には7万8千名もの死者の名が刻まれ被害者は全体で18万名に上ると推定されます。この地を訪れることは平和のための戦いにおいて糧となります。 愛を込めてチェ。

  PS
アメリカは戦後原子爆弾を投下したことについて謝罪していない。また日本政府が謝罪を要求したこともない。

  アメリカは「原爆投下は戦争を早く終わらせる為に必要であった」と言うが、それは言い訳にすぎない。アメリカ陸軍省諜報部による1946年の最高機密調査では、「日本の降伏に原爆はほとんど関係がなかった」と結論が出されている。

  原爆投下は、ソ連に対してアメリカが強力な科学兵器(原子爆弾)を保有している・・・デモンストレーションだったのである。

  また原爆が武器としてどれ程の威力が有るのか?広島と長崎で実験したのに過ぎない。もし日本に本当の右翼が在るならば、アメリカに対してキッチリ謝罪を求めるのがスジである。
---------------------------------------------

杉浦も、本気になって、命がけで、平和を求めて闘い続け、死んで行きたいと思っています。 (81才の自称青年)
---------------------------------------------

「革命という言葉を軽々しく使わないで」
  共産・小池氏朝日新聞デジタル8/3(木) 19:25配信

  (写真:参院予算委の集中審議で安倍晋三首相に質問する共産党・小池晃氏参照)

  -----------------------------------

伊藤 千尋さんのカミーロ・ゲバラと私

  (写真:カミーロ・ゲバラと私(伊藤 千尋))

今日はカミーロ・ゲバラ氏を取材しました。
  あのチェ・ゲバラの長男です。50分の単独会見でした。彼は9日から写真展を 
東京で開催するために初めて来日したのです。父親の記憶はまったくないのですが、実は・・・という話が出ました。未公開の話です。
  この10月9日がゲバラの死から50周年に当たります。

  会見の内容は週刊金曜日などに書く予定です。10月にピースボートでキューバに行きますが、そのさいにゲバラ研究所を訪れ、その「実は・・・」に触れてきます。
--------------------------------------------

写真展 写真家、チェゲバラが見た世界

日時:8月9日から27日(日)11時へ20時

場所:恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルーム

https://youtu.be/gkYBUTimE10

  チェ・ゲバラは私の憧れの人物です。彼が写した写真は是非見たいと思います。写真展には何としても行きたいと思っています。



MLホームページ: http://www.freeml.com/spc-net

---------------------------------------------------------------------- 



CML メーリングリストの案内