[CML 049787] 県の岩礁破砕差し止め提訴 賢明な選択だったのか 琉球新報「論壇」(仲宗根勇 2017年8月4日)

higashimototakashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2017年 8月 4日 (金) 21:20:53 JST


本論の仲宗根勇さんの主張は写真版のためコピペはできませんので以下をご参照ください。
https://www.facebook.com/takashi.higashimoto.1/posts/1131656280298131?pnref=story

以下は、私のコメントと乗松聡子さんのコメントです。

私のコメント:
「仲宗根勇さんの主張と乗松聡子さんのコメントに全面的に同意するものです。こうしたまっとうな主張やコメントを忌避する「革新」(オール沖縄)とは
なにか? 私の疑問はそこに尽きます。まっとうでないことが沖縄で進行している。それをしも「革新」というのか? 私の嘆きは深い。もちろん、仲宗根
さんや乗松さんの嘆きはもっともっと深いでしょう。」

乗松聡子さんのコメント:
『仲宗根さんのきょう(8月4日)の琉球新報の「論壇」です。「国の同意がなければ提訴後の訴えの取り下げもできない」という部分に驚きました。それ
なら仲宗根さんが言われる通り国はいくらでも時間を稼ぐことができてしまいます。そのような提訴を県はどうして行ったのか!報道では、「撤回」への
声が高まっていることもあり、何かやらないといけないという体裁的な動機が挙がっていましたしそれはあり得ると思います。それならどうして「撤回」を
しないのでしょうか。』

東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/
https://www.facebook.com/takashi.higashimoto.1


CML メーリングリストの案内