[CML 047791] バクーニン「星火瞬く」横浜だ 葉室麟かく講談社本 

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2017年 4月 27日 (木) 06:51:47 JST


「星火瞬く」
<http://blog.goo.ne.jp/kachikachika/e/49db46645b99b6fd7a7ebbcf783003c5> 葉室麟
<https://honcierge.jp/articles/shelf_story/595>  講談社文庫
<http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062778862>

偉人切りが横行する幕末。シーボルトの息子、13歳が日本を訪れる冒険譚。

なんと、バクーニンが現れる。死刑判決を受け、ロシアの流刑地から脱出して函館(当時だから字が違う)、うわーという展開。

歴史上の人物もでてきて、なんだか凄いぞ。

らしゃめん洋妾が難民が、バクーニン・カクテルを投擲する。けっこう感動。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内