[CML 047688] 冤罪の死刑囚らと「裁判官」 八海事件だ正木ひろし弁

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2017年 4月 20日 (木) 06:39:05 JST


「裁判官―人の命は権力で奪えるものか」
<https://www.amazon.co.jp/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98%E2%80%95%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%91%BD%E3%81%AF%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E3%81%A7%E5%A5%AA%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8B-1955%E5%B9%B4-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%AD%A3%E6%9C%A8-%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97/dp/B000JB4NZ8>
正木ひろし
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E6%9C%A8%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97>
カッパブックス
<https://www.amazon.co.jp/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98%E2%80%95%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%91%BD%E3%81%AF%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E3%81%A7%E5%A5%AA%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8B-1955%E5%B9%B4-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%AD%A3%E6%9C%A8-%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97/dp/B000JB4NZ8>
→三省堂

1955年のカッパブックスは入手困難なので、三省堂ので読む。

60年以上前に反響を呼び、映画にもなった正木ひろし弁護士の記録。

法曹が書いたとは思えないほどの、なまなましい筆致。事実は小説より奇なりを地で行く。

いま読んでも充分に面白い(失礼)、迫力のノンフィクション。

千恵子メモ 頁は三省堂の本より

105 真犯人は、さらに嘘を続ける あきれた

111 遊郭 あたりまえの風景なのか

122 警官の偽証 警察の組織ぐるみだ まー検事もひどいけどね

画像は、映画「真昼の暗黒」 <http://blog.livedoor.jp/michikusa05/archives/51422806.html>


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内