[CML 047681] Fwd: [siminfukuoka:2027] (2017年4月17日)トルコの憲法改正国民投票+ドイツの新大統領のこと

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 4月 19日 (水) 10:20:53 JST


---------- 転送メッセージ ----------
From: 青柳行信 <y-aoyagi at r8.dion.ne.jp>
日付: 2017年4月19日 6:59
件名: [siminfukuoka:2027] (2017年4月17日)トルコの憲法改正国民投票+ドイツの新大統領のこと
To: 市民連合ふくおかML <siminfukuoka at freeml.com>


青柳です。

---転送---

※▲ 水島朝穂 さんから
 直言更新しました(2017年4月17日)トルコの憲法改正国民投票+ドイツの新大統領のこと


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■◎■「直言」ニュース 2017年4月17日
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  早稲田大学の水島です。皆さま、お元気でしょうか。一昨日まで福岡におり、更新が1日遅くなりました。福岡城址(
舞鶴公園)の葉桜はとてもきれいでした。さて、「直言」を更新しました。
   http://www.asaho.com/jpn/index.html
   http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0417.html  (固定)

■ 今回は4月16日に行われたトルコの憲法改正国民投票について触れました。以前からトルコのエルドアン独裁体制が「4月16日」
にどう転換するか注目してきており、今回もしっかり論ずる予定でした。投票結果そのものへの疑問がすでに欧州安全保障協力機構(
OSCE)の選挙監視団などから出されています。開票方法を後出しジャンケンのように突然変更したり、憲法改正運動やメディア報道への圧力など、今朝(18日)
のヨーロッパ各国のニュースは批判的でした。

   実はドイツでも、在住トルコ人に対するトルコ政府(与党)の憲法改正国民投票運動をめぐって一波乱ありました。ドイツ国内で、
この憲法改正に賛成するようトルコ政府要人が演説をする集会の開催を、ドイツ政府が間接的に拒否したからです。さすがに政府が正面から禁ずることはできないため、
集会の会場となる自治体が、警備上の理由などから施設を貸さないという手法で、国民投票運動の演説会の開催を事実上ストップしました。
人権や司法の独立などを侵害する憲法改正運動のために便宜をはかることはできないというわけです。もちろん、それは正面には掲げません。
でも同じような動きはオランダやオーストリアでもおきました。ヨーロッパのスタンダードからして、独裁への憲法改正は認められないということでしょう。

■ ただ、トルコの憲法改正について詳のしく論ずるつもりが、先週末の福岡講演で石村善治先生(福岡大学名誉教授)
と再会したことを契機に、新たな原稿を昨夜追加で書きました。実は、先月ドイツで誕生した新大統領が石村先生と間接的に関係があるこ
とから、私の38年前の体験をまじえて、そのことに長く触れました。ドイツの新大統領が、ドイツのなかでも異端に近いほどに進歩的な憲法学者の弟子であり、
本人も憲法学の博士号をもつ人物であることを示したかったからです。憲法について知識も見識もなく、ひたすらこれを蔑視する日本の首相と違い、
また憲法を自己の独裁的統治の道具としていじくるトルコ大統領との対比で、また、「いわゆる裁判官」とツイートして、
自らが出した大統領令に異を唱える裁判官を唾棄するような合衆国大統領の暴走を横目に、いま、ドイツに、
憲法学で博士号をもつ大統領が誕生したことは意義深いと思います。もちろん、彼がシュレーダー政権以来やってきたことについては批判的にみる
必要がありますが、政治家としての彼とは別に、その根底にある立憲的メンタリティは、上記の首脳たちとは明らかに異なる(はずだ)
ということを今回は指摘したかったのです。本文をご覧ください。
  http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0417.html

■ 先週、岩波書店の雑誌『世界』6月号のために、作家の太田愛さんと対談しました。3月20日の「直言更新のお知らせ」でも書いたように、映画『相棒劇場版検
のシナリオや『天上の葦』(角川書店)で知られる太田さんは、私の防空法研究 http://www.asaho.com/jpn/
sansei/index.html
  を著書のなかで活用して下さり、それがご縁で対談することになりました。
http://ameblo.jp/gralphan3/entry-12255556169.html
『相棒』や『天上の葦』だけでなく、太田さんが書かれた『ウルトラマンティガ』など「平成ウルトラマン」にも話が広がりました。太田さんのブログにも言及があります。
http://ameblo.jp/gralphan3/entry-12265442878.html
  来月発売の『世界』6月号(憲法70年特集)をご購入の上、是非お読みください。

■ まもなく、憲法施行70周年の憲法記念日です。今年、私は、3日が宮城県仙台市で、4日に青森市で講演します。詳しくは下記のお知らせ欄をご覧ください。
  http://www.asaho.com/jpn/topic.html
  全国憲法研究会の講演会が東京で開かれます。
  http://zenkokuken.org/koen2017.html
  私も一昨年まで代表としてかかわりました。
  http://www.asaho.com/jpn/bkno/2015/0511.html
  日本国憲法の70周年という節目です。東京と近県の方は是非参加してください。

   それでは、今週もどうぞお元気でお過ごしください。
                                                                   水島朝穂
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■この1カ月間の「直言」(2017年3~4月)
3月13日 韓国憲法裁判所による大統領弾劾審判――立憲主義と民主主義の相剋
  http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0313.html

3月20日 ヴァンゼー会議の75周年――トランプ政権発足の日
  http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0320.html

3月27日 「構造的忖度」と「構造的口利き」――「構造汚職」の深層
  http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0327.html

4月3日 「教育勅語」に共鳴する政治――「安倍学校」の全国化?
  http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0403.html

4月10日 議員任期延長に憲法改正は必要ない――改憲論の耐えがたい軽さ
  http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0410.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ドイツからの直言(2016年3月~9月)
  http://www.asaho.com/jpn/bkno/ausderbrd.html
  特に、8月29日付直言はドイツ・ヨーロッパ旅行をする方は必読。
  http://www.asaho.com/jpn/bkno/2016/0829.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■補則から前文に向かって憲法を「逆にたどる旅」(2007年連載)
  http://www.quon.asia/yomimono/business/column/mizushima/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 防空法制の研究(NHK朝の連ドラ、太田愛『天上の葦』(角川書店)でも使用) http://www.asaho.com/jpn/
sansei/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【新着情報】http://www.asaho.com/jpn/news.html
★『毎日新聞』2107年3月28日付夕刊ワイド
「最近話題の「教育勅語」肯定論は… 歴史修正主義と表裏一体」コメント
http://mainichi.jp/articles/20170328/dde/012/040/002000c?fm=mnm

★朝日新聞社「Webronza」テーマ:どうなる? 2017年の憲法論議
   水島朝穂「浮ついた改憲論議ではなく、根本的な議論を」
  http://webronza.asahi.com/politics/articles/2017011600007.html

★共同通信文化部配信「年始評論」
  「立憲主義からの逃走」
  掲載紙『神奈川新聞』『琉球新報』『南日本新聞』ほか多数
  下記は『愛媛新聞』2017年1月5日付文化欄
  http://www.asaho.com/jpn/img/2017/0123/ehime.jpg

★「斜面」『信濃毎日新聞』2017年1月5付1面コラム
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170105/KT170104ETI090007000.php
  http://www.asaho.com/jpn/2017data/syamen.pdf

★識者評論・「駆け付け警護」『朝日新聞』2016年12月4日付4面
  http://www.asahi.com/articles/DA3S12690064.html

★論点・「駆け付け警護」付与へ『毎日新聞』2016年11月10日付オピニオン面
  http://www.asaho.com/jpn/img/2016/1114/mainichi.pdf

★「世界の「ヒロシマ通り」」『中国新聞』9月28日付(セレクト)
  http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=65216

★「直言」重ね1000回・早大水島教授HPエッセー『東京新聞』2015年12月29日付第2社会面トップ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201512/
CK2015122902000126.html

★【新刊】『18歳からはじめる憲法(第2版)』(法律文化社、2016年)
http://www.asaho.com/jpn/book/18sai-kempo.htm

★「安保関連法と憲法研究者──藤田宙靖氏の議論に寄せて」
『法律時報』2016年5月号77-83頁。
https://www.nippyo.co.jp/shop/magazine/7106.html
関連直言
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2016/0307.html

★『ライブ講義 徹底分析! 集団的自衛権』(岩波書店、2015年)
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0240460/top.html

★「緊急事態における権限分配と意思決定--東日本大震災から考
える」鎌田薫監修『震災後に考える 東日本大震災と向きあう92の
分析と提言』(早稲田大学出版部、2015年)
http://www.waseda-up.co.jp/social/post-719.html
抜き刷り(PDF)
http://www.asaho.com/jpn/img/2015/0406/shinsaigo.pdf

★《シリーズ・日本の安全保障》第3巻・水島朝穂編『立憲的ダイナミズム』(岩波書店、2014年)
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/2/0287530.html

★『検証 防空法--空襲下で禁じられた避難』(法律文化社、2014年)
http://osakanet.web.fc2.com/bokuho/index.html
http://www.asaho.com/jpn/sansei/index.html

★『戦争とたたかう--憲法学者 久田栄正のルソン戦体験』(岩波現代文庫、2013年)
http://www.asaho.com/jpn/sensoutotatakau.html
http://www.asaho.com/jpn/book/hisada.html

★『東日本大震災と憲法--この国への直言』(早稲田大学出版部、2012年)
http://www.waseda-up.co.jp/cat649/post-617.html

★『はじめての憲法教室--立憲主義の基本から考える』(集英社新書、2012年)
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0712-a/

★研究と研究者についての私論(2015年法学研究科ガイダンス)
http://www.asaho.com/jpn/2015data/kouen.pdf

★「ドイツからの直言」の全リスト
http://www.asaho.com/jpn/bkno/ausderbrd.html

▼これまでの「直言ニュース」についていた著書、論文、講演、マ
スコミ出演などの記録は簡略化しましたので、この1、2年の新着情報は下記から参照してください。
http://www.asaho.com/jpn/news.html
http://www.asaho.com/jpn/2015data/news2015.html
http://www.asaho.com/jpn/2014data/news2014.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
水島朝穂(早稲田大学法学学術院教授・博士(法学))
研究室:169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
HP http://www.asaho.com/
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=



MLホームページ: http://www.freeml.com/siminfukuoka

----------------------------------------------------------------------
リラクゼーションサロンの検索&予約なら【EPARKリラク&エステ】
新規ご利用の方限定、ハッピーウェルカムキャンペーン実施中!
オンラインから新規予約し施術後口コミを投稿していただくと
ギフト券1,000円相当分をプレゼント!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=pRXDK
------------------------------------------------------[freeml byGMO]--


CML メーリングリストの案内