RE: [CML 047649] IK改憲重要情報(192)

南雲 和夫 kazuonagumo at msn.com
2017年 4月 17日 (月) 17:03:37 JST


何度も何度も何度も書きますが、いま米国と北朝鮮の戦争前夜ともいうべき最悪の状況で、あなたのこの書き込みは最悪の事態を防ぐためになんの役にたつのですか?米軍の先制攻撃を絶対にさせないために、自分が何ができるかをまず考えて欲しいです。当方はとっくに動き出しましたが。南雲

Xperia™から送信


河内 謙策 さんは書きました :

IK改憲重要情報(192)[2017年4月17日]



私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信しま
す。



(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由で
す)



弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策



連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所

電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884



河内が参加している「南シナ海問題署名運動」のサイトは以下のとおりです。



http://www.southcs.org/

__________________

(以下の見解は、河内の見解です。市川の見解は必ずしも河内の見解と同じではあり
ません。御了解ください。)



   安倍晋三、卑怯なり!!



 4月5日以降、第2次朝鮮戦争必至の情報が突然あふれだしましたが、奇妙なこと
に、アメリカと北朝鮮の情報が主で、

日本はどうすべきか、安倍内閣は何をしているのか、という情報が極めて制限されて
います。こんな不自然な話はありませんから、露骨なマスコミ・コントロールという
べきです。

 そして、マスコミでは第2次朝鮮戦争の情報をあおりながら、自らは、安倍内閣が
なぜアメリカを支持するのか、ミサイル等の飛来の場合にどうするのか等の方針を国
民・国会の前に開示しないのですから、安倍内閣は、民主主義というものが分かって
いません。安倍内閣は、自らの方針を国民の前に開示すれば、国民の中から反対の声
が出てくるのを恐れているとしか思えません。それゆえ私は、「安倍晋三は卑怯者で
ある」と声を大にして言いたいのです。



 まず、安倍内閣は、アメリカと北朝鮮とは違う第三者ではありません。在日米軍に
協力している事自体が、アメリカの側に立っていることを示していますが、それだけ
でなく、日本の自衛隊は、もっと協力しているはずです。情報が隠ぺいされていま
す。

たとえば、日本のイージス艦は日本海にいるはずです。潮匡人氏は、昨年12月22日に
日本の国家安全保障会議が「自衛隊法第95条の2の運用に関する指針」を決定したこ
とに注目しています。同指針では、「弾道ミサイルの警戒を含む情報収集・警戒監視
活動」にあたっている米イージス艦が北朝鮮のミサイル攻撃を受けた場合には、共同
監視活動にあたっている海上自衛隊が防護活動ができることが定められています(同
指針は、その名称をグーグルにそのまま打ち込めば、検索できます。潮匡人「半島有
事に備えよ」『WiLL』2017年5月号)



更に安倍晋三が隠しているのは、北朝鮮のミサイルが日本に飛来した場合の日本国民
の被害の予想です。国民の生命財産について、十分な関心を持たず、情報開示も不十
分で、対策も小出しにしている現状には、私は怒りを禁じえません。

これは、アメリカを支持しているかどうかに関係が無いはずです。国民を守らない国
民国家というのは論理矛盾です。

 なお、政府は、「国民保護ポータルサイト」を立ち上げています。ミサイルが飛来
した場合の「緊急速報メール」体制の準備も進んでいます。これが十分かどうかとい
う評価は別にして、同サイトを一度覗いて見られるよう、お勧めします。

http://www.kokuminhogo.go.jp/arekore/shudan.html

                         以上



CML メーリングリストの案内