[CML 047607] 【報告】第2186日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2017年 4月 14日 (金) 07:14:59 JST


青柳行信です。4月14日。 【転送・転載大歓迎】

 ☆明日、4月15日(土)14:00〜16:30
行動する憲法学者  ●水島朝穂さん講演会●
「立憲主義からの逃走」の時代
  〜日本国憲法施行70年に問う
案内チラシ http://tinyurl.com/ha9f8q2


 ☆4月17日(月)14:00〜 501号大法廷。
被ばく労働者 梅田裁判の控訴審第3回期日 福岡高裁
     門前集会 13:30
裁判傍聴のお願いと崎山さんの講演会
http://tinyurl.com/mqo96z6

〜すべての被ばく労働者の救済を目指して〜
原発労災梅田裁判提訴5周年記念講演 
崎山比早子講演会「低線量放射線被ばくの真実」


☆原発とめよう!九電本店前ひろば第2186日目報告☆
        呼びかけ人賛同者4月13日合計4306名。

原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】4月13日2名。
    木下 竜  匿名者1名

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむさんから:

 青柳さん

お疲れさまです。
今日のように暖かだと 過ごしやすいですね。
午後は 市民劇場の公演 青年劇場の『島』を見ました。
原爆のこと、朝鮮特需のことなどが 織り込まれていました。
あんくるトム工房
九電本店前テント  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4307
青年劇場公演『島』 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4308


★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆喜びも苦しい事も幾年月 真央ちゃんスマイル「新たな一歩」へ
        (左門 2017・4・14−1720)
 ※氷の上で、無傷で舞うことを期待されながらも転ぶ。国の政治
 では転びっぱなしの森元首相の心ない発言に対して、蜜蜂のよう
 な真央ちゃんの一刺しは歴史的な価値がありました。さて、ド素人
 からの希望ですが、飛び跳ねる技だけでなく、能のように摺り足で
 舞う道も切り拓いて頂けませんか?これ以上追求すると曲芸ばり
 になる危険があります。羽生君が能を一部取入れて成功させまし
 たが、日本文化の特性を活かして、女性として「新しい氷舞を」!

★ 乱 鬼龍 さんから:
 ☆脱原発川柳【帰還せよ あとは野となれ 山となれ】  

★ 横田耕一(九州大学名誉教授・憲法学者) さんから:
 水島朝穂さんは、防衛問題研究の第一人者であり、
現在の日本でもっとも信頼できる憲法学者の一人です。
机上の空論ではなく、現場を踏まえた幅広い視野からの
現状分析と行動への示唆は、必ずや私たちのエネルギー
源になるでしょう。  

★ ハンナ&マイケル さんから:
水島朝穂さん講演会「立憲主義からの逃走」の時代、いよいよ15日に迫りました
ね。

水島氏のホームページ「直言」は、いつも思わぬ視点から憲法を語っていて、ハ
ッとさせられます。私なぞは読んでいて、推理小説を読むときのような、ドキド
キ、ワクワク感に興奮して、思わず途中で立ち上がって、部屋をぐるぐる歩き回
って頭を鎮めねばならなくなる時がよくあります。

たとえば「皇后と山本太郎の憲法感覚」では、美智子皇后がご自分の誕生日にこ
の一年を回顧する中で、一般には知られていない私擬憲法「五日市憲法」の事を
とりあげていることに注目しています。

「近代日本の黎明期に生きた人々の、政治参加への強い意思や、自国の未来にか
けた熱い願いに触れ、深い感銘を覚えたことでした。長い鎖国を経た19世紀末の
日本で、市井の人々の間にすでに育っていた民権意識を記録するものとして、世
界でも珍しい文化遺産ではないかと思います。」という皇后の言葉を引用しなが
ら、水島氏は「ここであえて『民権意識』という言葉を選び、さらに(五日市憲
法を)『民権意識を記録するものとして、世界でも珍しい文化遺産』とまで言い
切ったことに驚かされる。」とコメントしています。

そこから論旨を山本太郎の園遊会での「直訴」事件に展開してゆき、「山本議員
の罪深さは、何度も被災地に通って人々に言葉をかけて励ましてきた天皇・皇后
が、いつかは『フクイチ』で作業にあたる人々にも声をかけたいという想いに水
をかけたことである。この『事件』で宮内庁は慎重になるだろう。」と論を進め
ていきます。

そうして水島氏は最後に、「憲法99条は、『天皇又は摂政、国務大臣、国会議員、
裁判官その他の公務員はこの憲法を尊重し擁護する義務を負ふ』としている。安
倍首相や多くの国会議員はこの義務を軽んじているなか、天皇・皇后が最も忠実
にこの義務を果たしているように思われる。」と憲法論に還り、一番最後は、山
本議員への暖かい忠告で締めくくっています。水島氏は皇后の発言について「実
にたくさんのことを、細部にまで気を配った絶妙の言葉運びで語っている。」と
評していますが、この言葉はまさに、水島氏自身の文章にも当てはまるのではと、
私は思っています。

その水島朝穂教授の講義が、(参加費たったの500円で!)
福岡で直に聞ける千載一遇のチャンス、それが来る土曜日なのです、
これが興奮せずにおれましょうか。
日本の、いや、世界の歴史が大きく変わろうとしている今、
憲法に興味のないお友達も、ムリヤリ誘ってお出かけください。
きっと、「誘ってくれてありがとう、あの時、
あの言葉を聞いておいてよかった」と、
生涯、感謝されることになること請け合いですから。


★ 中西正之 さんから:
<自民党の県議から県民には、水蒸気爆発や水素爆発に対する懸念などの不安が
あるとの質問が出ている>

2017年04月13日の佐賀新聞電子版に4月12日の佐賀県議会の記事が掲載されて
います。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/421382

『 九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関し、佐賀県の
山口祥義知事が意思表示を求めて招集した臨時県議会は12日、7議員が質疑し
た。主なやりとりは次の通り。

■安全性
 土井敏行議員(自民) 県民には、水蒸気爆発や水素爆発に対する懸念、地震
に対する心配など多くの不安がある。知事は招集趣旨説明で「安全性が確保され
ていること」を確認できたとした。その見解を。
 山口知事 新しい規制基準は、福島のような事故を二度と繰り返さないことを
目指した高いレベルの安全性を有するものとして策定された。新規制基準に基づ
く国の審査の過程では、ご指摘のような案件についても検討されている。国の審
査結果は、原子力安全専門部会の委員から専門的・技術的な助言をいただき、最
終的には専門部会の部会長から報告を受け、県として国において新規制基準に適
合していると認められたこと、すなわち玄海3、4号機の運転に当たり求められ
るレベルの安全性が確保されていることを確認できたと考えている。』とありま
す。この山口知事の回答には大きな問題が有ります。

3月28日の青柳通信で
**********
<佐賀県原子力安全専門会議の議事録や配布資料のなかの専門委員や佐賀県担当
者の意見の中には、水蒸気爆発の言葉は一言もないようだ>
原子力規制庁と九州電力の行った住民説明会では、住民より玄海原発3、4号炉
の再稼働に当たっての、水蒸気爆発の危険性の問題がたくさん提起されています。
また、玄海原発3、4号炉の適合性審査書案についてのパブリックコメントでも
水蒸気爆発の危険性の問題がたくさん提起されています。
 しかし、第3回、第4回、第5回佐賀県原子力安全専門会議を傍聴し、第1回
から第6回の佐賀県原子力安全専門会議の議事録を読んで、又佐賀県原子力安全
対策課の原子力規制庁への18項目の質問書や、佐賀県原子力安全専門会議の各
委員の発言記録集を調べても、水蒸気爆発問題の意見が全くなかったように思わ
れました。
 水蒸気爆発という言葉は一般市民には刺激的なので、原子力規制委員会の公式
文書では、FCI(溶融炉心と冷却水の相互作用)という言葉が多く使用されて
います。
 そこで、第6回佐賀県原子力安全専門会議の報告書には、これまでの第1回か
ら第5回の安全専門会議の議事録や配布資料も全部掲載されていますから、それ
らの資料を「水蒸気爆発」「FCI」「溶融炉心と冷却水の相互作用」のキワー
ドで検索してみました。
原子力規制委員会関係と九州電力関係の資料や発言の中には、「FCI」が幾ら
か検索され、見解が説明されています。
しかし、佐賀県原子力安全専門会議の各委員の発言や佐賀県原子力安全対策課の
発見や資料の中には、それらの言葉はありませんでした。
 大量の資料の検索なので、見落としが有るかもわかりませんが、佐賀県原子力
安全専門会議の各委員や佐賀県原子力安全対策課の担当官には、「水蒸気爆発」
「FCI」「溶融炉心と冷却水の相互作用」の知見がほとんど無いのかと大きな
疑問が出てきました。
**********

と報告しているように、実際には、佐賀県原子力安全専門会議は多くの県民の心
配している「水蒸気爆発」の事は全く審議をしていません。九州電力や原子力規
制庁の説明だけ聞いて、県民の声には全く耳を傾けない佐賀県原子力安全専門会
議の助言が再稼働同意の理由になるのでしょうか。


★ たんぽぽ舎 さんから:
紹介内容全体⇒http://tinyurl.com/mb6ga2c
【TMM:No3051】
2017年4月13日(木)地震と原発事故情報−
                 4つの情報をお知らせします
1.震度7が2回来た−熊本地震1周年の教訓
   原発は耐えられるか?家へ逃げろの田中委員長は?
          柳田真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
2.「国と東電に責任」認める初の判決 =原発避難者訴訟
    前橋地裁は津波を予見して事故は防ぐことができたと認め、
     「東電と国が引き起こした人災」だと断じた
   判決は2008年3月ごろには、東電に命令して事故を防ぐべきだった、と
       渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)
3.事故リスクも使用済み核燃料行き場なしも続くのに
   九州電力は玄海原発まで動かすつもり
   4/5九州電力東京支社への申入れ報告
     木村雅英(「再稼働阻止全国ネットワーク」事務局)
4..新聞より2つ
  ◆佐賀県議会が容認 玄海原発再稼働  知事も近く判断
          (4月13日東京新聞夕刊2面より)
   ◆ 復興予算5兆円手つかず 15年度末 検査院が事業実施要求
          (4月13日東京新聞朝刊2面より抜粋)
   ※関連 ◇除染費用1兆8千億円 原子力災害経費の6割 
           (4月13日東京新聞朝刊6面より)


★ 宮崎・黒木 さんから:

*玄海原発再稼働 佐賀県議会が容認 知事も近く判断
東京新聞 2017年4月13日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017041302000238.html

*玄海原発3・4号機の再稼働容認、佐賀県議会が決議案可決
TBS系(JNN) 4/13(木) 14:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170413-00000047-jnn-soci

*九電 川内原発周辺で地震観測点を増設へ
MBC南日本放送 4/13(木) 18:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00022597-mbcnewsv-l46

*東北電、再生エネ変動で検証実験 水素を活用
東京新聞 2017年4月13日 19時18分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017041301001300.html

*キム・ギドクが原発事故を題材に描く衝撃作が5月公開
シネマトゥデイ 4/13(木) 23:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000024-flix-movi

*<伊方原発>運転差し止め却下「不服」 住民側が即時抗告
毎日新聞 4/13(木) 20:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000116-mai-soci

*韓経:「日本のプライド」東芝の没落…「他人事ではない」=韓国
中央日報日本語版 4/13(木) 16:02配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000025-cnippou-kr

*「福島第一原発事故の作業で"3か所"がん発症した」 労災"不支給"取り消し求める 札幌地裁
北海道文化放送 4/13(木) 19:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000011-hokkaibunv-hok

*熊本地震を教訓に防災態勢見直す 滋賀の自治体
京都新聞 4/13(木) 15:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000022-kyt-l25

*東京五輪へアピールするためだけの「復興」
ニュースソクラ 4/13(木) 13:30配信 
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00010001-socra-soci

*<復興事業調査>執行率82% 繰越1兆4000億円
河北新報 4/13(木) 10:15配信 
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000001-khks-pol


★ 田中一郎 さんから:
 ※ 東芝続報:監査法人の「適正意見」がないまま2016-12期四半期決算を発表
=このままでは上場廃止ののち衰弱死しかない=早く自身も会社更生法適用を申
請し半導体部門を残したまま新生東芝に生まれ変われ いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/201612-5466.html

 ※ 民進党「東京夏の陣」の「敵前逃亡」=長島昭久出奔に続いて細野豪志が
代表代行辞任、更に民進東京都連の選対委員長も脱党か?(民進の起死回生の道
は「脱原発」と「立憲」を掲げる「市民と野党の共闘」だ
  いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-3555.html


★ 長友くに さんから:
三瓶様
 「紛争を収めるのは 対話しかないのです。」って、本当ですね。
「スノーデン」という映画をご覧になりましたか?
アメリカは全世界に盗聴網を張り巡らし、あまつさえ各国の重要施設をいつでも
爆破できるように仕組んでいる。日本の火力発電所やダムもいつでも爆破でき、
その結果列島は暗黒の夜を迎える、ということが描かれていました。
今のアメリカのシリア爆撃、そして北朝鮮沖への二隻の空母や上陸強襲艦の配備など、
まるで第3次世界大戦を仕掛けているとしか思えません。
この挑発に乗らず、あくまで対話で平和を保つことが今ほど重要な時はないと思います。
「核戦争に勝者はない」ということをしっかり訴えていかねば、と思います。  


★ 深水 登志子(Stop! 沖縄新基地建設・福岡) さんから:
  辺野古アクションさんよりお知らせ
辺野古の状況が深刻です。先週は、ゲート前の座り込みがついに1桁になった時
があったとのこと。その人数の中、次々と工事用作業車両がゲートの中に入って
行ってると。新ゲートにいる人たちの中には、作業員のみを止めるはずが米軍車
両を止めた上、軍警に悪態をつくような行動をする人たちも見られ、統制がとれ
ずに内輪で批判の声が出たり・・・。知事は埋め立て承認を撤回しない、あろう
ことか県民投票なんて話も持ち上がってくる、人は集まらない、工事車両を止め
られない、、、何も希望がない中、一人一人が過激な方向に走ってしまうような
ことになっているそうです。その上、共謀罪の先取りのように弾圧も激しくなり、
ここ最近の不当逮捕が目立つような状況になっています。

座り込みの人数が多ければ、ここまでの状況にはならないと思います。一人でも
多くの人に現場に座り込んでほしい。わざわざ沖縄に来るのであれば、たくさん
人が集まる集会ではなく、なんでもない普通の日の人手不足を補うように旅程を
見直してほしい。そんな切実な声が、現地から聞こえて来ます。報道では、現場
が盛り上がっているようにも見受けられるような取り上げられ方をしていますが、
私は現場に身を置く仲間の皮膚感覚の声を重く受け止めます。

博治さんは、保釈条件が厳しく、弁護士さんなしでは現場にはいけないと電話で
話していました。でも、週に1日でも2日でもいいから博治さんにゲート前に来
てほしい、現場の士気を高めてほしい、そんな思いが現場の方々の胸中にはある
ようです。博治さんも、20日に埋め立て着工という報せを聞き、その日をどう
迎えるかを一生懸命考えているそうです。北上田さん(チョイさん)のブログに
は、もしかしたら前倒しして17日から工事が始められるかも、とも書いてあり
ました。

とにかく現場は深刻です。行ける人は、どうか現場に足を運んでください。よろ
しくお願いいたします。

とっこ

****<辺野古アクションさんより転載>****

ご無沙汰しました。またよろしくお願いします。お知らせしなければならないこ
とは山のようにありますが、
とにかく4月23日(日曜日)、警固公園に集まりましょう!
4・23沖縄行動in福岡 会場:警固公園 集会:14時 デモ出発15時 呼びかけ
『:福岡から止めよう!沖縄新基地建設』実行委員会
(連絡先 井手:080−1760−4767 岡本:090−6635−4981)

琉球新報の記事から、キャンプシュワブゲート前の様子を2つほど見ていただき
たいと思います。(O)

「沖縄今こそ立ち上がろう」 辺野古新基地建設 抗議の座り込みで熱唱(琉球新
報)2017年4月12日
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-477364.html
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建
設で12日午前、雨の降る中、建設に反対する市民約250人が米軍キャンプ・
シュワブゲート前に座り込み抗議の声を上げた。建築資材の搬入はなかった。
辺野古を毎月訪れているシンガー・ソングライターの川口真由美さん(41)=
京都府=が「沖縄今こそ立ち上がろう」を歌い、市民は体や傘を揺らし、ともに
歌った。
琉球大学の高良鉄美教授が「期限切れの岩礁破砕許可の再申請をせず、辺野古新
基地建設工事を強行する日本政府に抗議する」とする抗議声明文を読み上げた。
海上では沖縄防衛局が大浦湾の海底掘削(ボーリング)作業を実施した。汚濁防
止膜設置のため、大型クレーン船による防止膜つり上げの様子も確認された。
市民は抗議船やカヌー16隻で海上抗議活動を続けた。


●ゲート前で、シュワブ沖で、抗議の声 辺野古新基地(沖縄タイムス)2017年4
月12日
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/92845
沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で12日、県内外から新
基地建設に反対する市民150人以上が駆けつけ、抗議の声を上げた。
午前10時45分ごろ、「沖縄平和創造と人間の尊厳回復をめざす100人委員
会」共同代表で琉球大学の高良鉄美教授が、
岩礁破砕許可に関して日本政府への抗議文を読み上げた。また、沖縄国際大の照
屋寛之教授も市民らを激励した。
キャンプ・シュワブ沖では、新基地建設に反対する市民らが乗った抗議船2隻、
カヌー16艇が抗議活動を行った。午前中は、汚濁防止膜を設置する作業が確認
された。


−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●水島朝穂さん講演会●
   案内チラシ http://tinyurl.com/ha9f8q2
日時:4月15日(土)14:00〜16:30
場所: 福岡市立中央市民センター大ホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel 092−714-5521
  地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
 ☆水島朝穂さんプロフィール
水島 朝穂(みずしま あさほ 男性、1953年4月3日生)
早稲田大学法学学術院教授・博士(法学))
専門は憲法学、法政策論、平和論。
(学位論文「現代軍事法制の研究 -脱軍事化への道程」)
立憲デモクラシーの会」のメンバーで、市民連合の中心的役割。
主催:市民連合ふくおか

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団 ●
本訴 第21回期日 4月14日(金)14:00〜佐賀地方裁判所
仮処分 第2回期日 4月14日(金)14:45〜佐賀地方裁判所
   URL:http://no-genpatsu.main.jp/

●被ばく労働者 梅田裁判の控訴審第3回期日 福岡高裁●
4月17日(月)14:00〜 501号大法廷。
門前集会 13:30
梅田原発労働裁判支える会ニュース19号
http://tinyurl.com/z7y7fs3

裁判傍聴のお願いと崎山先生の講演会
http://tinyurl.com/mqo96z6

〜すべての被ばく労働者の救済を目指して〜
原発労災梅田裁判提訴5周年記念講演 
崎山比早子講演会「低線量放射線被ばくの真実」

●=「九電本店前テント6周年大行動」=●
〇4月20日(木)午前10時〜午後3時  九州電力本店電気ビル玄関前
 ・多くの皆さんに、各人の都合のいい時間でテントを訪問していただき、
 行動に参加していただきます。
 ・マイクアピール、フリースピーチ、九電弾劾コールを行い、
 参加者の懇親・交流をはかります。
〇『テント6周年懇親会』を行います。(懇親会のみの参加も歓迎です。)
 ・時 間:4月20日(木)午後5時30分〜
 ・場 所:福岡県農民会館2階(今泉1丁目13-19)
           福岡県農民会館の地図 http://tinyurl.com/hszx7ol
 ・参加費:1000円

● 市民連合ふくおか 「市民憲法講座」●  
       「憲法について語りあおう」
第11回目: 4月24日(月)18:30〜
・発題者: 横田耕一(九州大学名誉教授・憲法学者)
・テーマー  自民党改憲草案を考える 第二回 憲法とは
 場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
     地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●市民連合ふくおか 例会●
日時:4月28日(金)18:30〜21:00
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
     地図 http://www.kenkou-support.jp/access/


●川内原発を止める!●
新規制基準のもと、設置変更許可処分に対する初めての取消訴訟
 (川内原発異議申立て行政訴訟)第4回口頭弁論 
案内チラシ http://tinyurl.com/kak4laq

5月10日(水)13:30 福岡地裁301号大法廷
門前集会 13:00  
福岡地裁 地図: http://tinyurl.com/n9mzhky
代理人弁護士:河合弘之、海渡雄一、後藤富和 他2名参加

口頭弁論期日後/報告集会 14:00〜
場所: 福岡市立中央市民センター2F 第二会議室
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel 092−714-5521
  地図: http://tinyurl.com/ll3slxq

第3回口頭弁論 
当日の写真 https://goo.gl/photos/knzkpMGDBZN3Zv2h6
川内行訴_期日の概要 http://tinyurl.com/hysqx3c
川内行訴プレゼン その1 http://tinyurl.com/ja344on
川内行訴プレゼン その2 http://tinyurl.com/h6mbvwx

第五回8月23日(水)11:00
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/archives/16-06-10/
下記、脱原発弁護団全国連絡会のサイトの訴訟一覧 44番目に掲載されていま  
す。 http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/list/

第12回目:  5月26日(金)18:30〜
・発題者: 石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者)
・テーマ: 改憲勢力をめぐる政治状況 (仮) 
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

●「玄海原発の再稼働になぜ反対するのか!」●
http://tinyurl.com/zokzgym


○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆              
   午前10時から午後3時。(水・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
             場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 口座番号 01770−5−71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内