[CML 047582] Re: [軍学共同反対:444] 軍事研究容認・推進派のうごき 2件 抗議の集中を

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 4月 12日 (水) 11:36:52 JST


2017年4月11日 22:36 赤井純治 <akai at geo.sc.niigata-u.ac.jp>:

> 皆様
>
> 以下のA B 2件の情報です。
>
> A:東京農工大学では以下(1)のメールが 今日 いっせい配信されました。
>
> これは、学術会議声明を全く無視する安易な、対応で 腹立たしい限り。早速、私は電話をかけて抗議しました(2)。
>
> 至急にいっせいに抗議の電話かけ行動 をよびかけます。
> 東京農工大学
> 電話
> <https://www.google.co.jp/search?espv=2&biw=1151&bih=602&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%BE%B2%E5%B7%A5%E5%A4%A7%E5%AD%A6+%E9%9B%BB%E8%A9%B1&stick=H4sIAAAAAAAAAOPgE-LSz9U3MKoyTzIy0tLPTrbST87PyUlNLsnMz9PPzssvz0lNSU-NL0jMS80p1s9ILI4vyMjPS7UCkwCo26QHPwAAAA&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwj69u7X-5vTAhVEwLwKHQNLC7EQ6BMImgEwEQ>
> 代表: 042-367-5504 :から(小金井の)研究支援課へ接続
>
> (1)
> ========================
> 研究支援課のホームページ更新をお知らせいたします。
> 公募情報については、以下URL(研究助成トップページ)の留意事項を
> ご確認の上ご活用ください。
>
> ★研究助成トップページ
> http://www.rd.tuat.ac.jp/kobo/index.html
> (ページ中央に公募情報一覧および助成金公募情報ページへのリンクがあります)
>
> <更新内容>
>
> ・公募情報(新規 2件)
> *****************************************************************
> 団体名 : 防衛装備庁
> 事業名 : 平成29年度 安全保障技術研究推進制度
> 学内締切 : 2017/05/18
> 団体締切 : 2017/05/31 12時
> *****************************************************************
> 団体名 : 日本医療研究開発機構(AMED)
> 事業名 : 平成29年度「感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE)」
> (新事業)に係る公募
> 学内締切 : 2017/04/21
> 団体締切 : 2017/05/09 12時
> *****************************************************************
>
> 1)平成28年度から第3期中期目標・中期計画期間が開始され、本学の目標と
>  して「教員は代表者として2件以上の外部資金申請」が明記されること
>  から、これまで個人で申請していた研究助成等についても、申請書の
>  写しを研究支援課宛にご提出下さい。
>  2)申請書に本学オーバーヘッド分を必ず積算し、申請書の写しを研究支援課 に必ずご提出下さい。また、オーバーヘッド分を積算しない場合は、別途
>  オーバーヘッド分をご用意下さい。
>  3)学内締切にご協力下さい。学内締切をご案内していない研究助成事業に ついて法人印(学長印など)が必要な場合は、募集団体締切の7営業日前
> までに当課へご連絡ください。
>  4)申請した研究助成事業等に採択された場合は、速やかに研究支援課まで ご連絡下さい。
>
>  ※当課からご案内していない研究助成事業等についても、上記1)~4)を 厳守してください。
> 以上
> (2)
> 今日、私のほうから電話で、小金井の研究支援課につな
> がったので、抗議の電話をいれました。
>
> 担当の人物が 本学の考えとしてまずは個人が(自由な発想?で) 申請してそれを学内の 委員会?で 軍事研究かどうか等 審査をする
> 云々のことを言っていました。 審査基準、文書はあるか、と聞くと、ある、と。
>
> このファンドは武器開発の軍事研究はあきらかである事、そのための基礎研究である、そもそも学術会議声明をどうとらえているのか、これを
> 無視した行動だ、強く抗議する。得た資金で院生とか学生に軍事研究・武器開発の基礎研究をやらせることになる、
> このような大学は高校生に進学をすすめられない、学術会議を無視する姿勢に強く怒っている、このことを上に伝えられたい等強く抗議しました。
>
>
>
> B: その後聞いた情報で、 大西会長が 3/24以降インタビューに応じ、
> その記事が
> 総会前の今の時期に、日経ビジネスオンラインに でてます。
> http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/031500046/040
> 600006/?i_cid=nbpnbo_tp
>
>
>
> この中で
>
> 大西:声明案は応募がダメだとは書いてない。
>
> 等発言しています。
>
> これも含め、学術会議全体会 14日午後、で批判的議論が活発に強くでることが
> 求められます。
>
> 赤井
>
>
>
> 2017年4月10日 10:33 赤井純治 <akai at geo.sc.niigata-u.ac.jp>:
>
>> 皆様
>>
>> NIMSと産総研の情報、入りましたので お知らせします。
>>
>> NIMS内部の研究者向けのHP情報を写し取った内容とのことです。
>> 以下:
>>
>> その内容は、1行目を除いて、「防衛施設庁のものを丸コピーしている」とのこと。
>> =================
>>
>> *NIMS**職員向けHPに防衛装備庁予算の公募記事*
>>
>>
>>
>> 防衛装備庁 安全保障技術研究推進制度の募集について
>>
>> 我が国の高い技術力は、防衛力の基盤であり、我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、安全保障に関わる技術の優位性
>> を維持・向上していくことは、将来にわたって、国民の命と平和な暮らしを守るために不可欠です。とりわけ、
>> 近年の技術革新の急速な進展は、防衛技術と民生技術のボーダレス化をもたらしており、防衛技術にも応用可能な先進的な民生技術、
>> いわゆるデュアル・ユース技術を積極的に活用することが重要となっています。安全保障技術研究推進制度(競争的資金制度)は、こ
>> うした状況を踏まえ、防衛分野での将来における研究開発に資することを期待し、先進的な民生技術についての基礎研究を公募するものです。
>>
>> 本制度の運営においては、
>>
>> ・受託者による研究成果の公表を制限することはありません。
>>
>> ・特定秘密を始めとする秘密を受託者に提供することはありません。
>>
>> ・研究成果を特定秘密を始めとする秘密に指定することはありません。
>>
>> ・プログラムオフィサーが研究内容に介入することはありません。
>> ================
>>
>> つくばの特定研究開発法人である産総研については、
>> 「昨年度は、職員向けのイントラと呼ばれるHPで防衛省の公募に関する応募案内が出ていた。産業技術総合研究所としては、軍事研究は行わないと理事長が明言
>>>> また、応募に関しては内部の委員会で検討した上で応募を認めることに
>> なっているとのこと。しかしながら、昨年、一昨年と応募して課題採択はされなかった。本年度に関しては、現在のところ何も掲載されておりません。」
>> とのことで、産総研にブレーキをかけさせることが出来たのは、軍学連絡会や国民の運動の成果だと思われるとのコメントがついていました。
>>
>> この他にも、皆様アンテナをはって、情報がありましたら、お寄せください。
>>
>> *****************
>>
>> そして、4月14日 朝9時15分~10時の 学術会議前、大要請行動への多数の
>> 方の参加を訴えます。リレートークでこの間の諸団体の声明やその後の動き、今後の対応についても皆で意思統一し、また学術会議会
>> 員210人への訴えの機会です。
>> どうか参加のこと、よろしくお願いします。
>>
>> 4月14日 朝9時15分~10時過ぎ
>> 学術会議前 (地下鉄千代田線 乃木坂駅5番出口) です
>>
>>
>> 事務局
>> 赤井
>>
>>
> --
> 軍学共同反対連絡会へのお問い合わせ・参加希望は、事務局 kodera at tachibana-u.ac.jp へお願いいたします。
> ---
> このメールは Google グループのグループ「軍学共同反対連絡会」に登録しているユーザーに送られています。
> このグループから退会し、グループからのメールの配信を停止するには liaison_nomillitaryresearch+
> unsubscribe at googlegroups.com にメールを送信してください。
> このグループに投稿するには liaison_nomillitaryresearch at googlegroups.com にメールを送信してください。
> https://groups.google.com/group/liaison_nomillitaryresearch
> からこのグループにアクセスしてください。
> その他のオプションについては https://groups.google.com/d/optout にアクセスしてください。
>


CML メーリングリストの案内