[CML 047575] IK改憲重要情報(191)

河内 謙策 kenkawauchi at nifty.com
2017年 4月 11日 (火) 17:06:36 JST


IK改憲重要情報(191)[2017年4月11日]

私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。

(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由です)

弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策

連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所
電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884

河内が参加している「南シナ海問題署名運動」のサイトは以下のとおりです。

http://www.southcs.org/
__________________
(以下の見解は、河内の見解です。市川の見解は必ずしも河内の見解と同じではありません。御了解ください。)

  [平和主義者に対するアピール]

 日本の平和主義者よ、目を覚ませ!
 目の前の危険な現実を直視せよ!
 貴方は、なぜ第2次朝鮮戦争反対の声を挙げないのか!


 ある平和主義者はいう、
 第2次朝鮮戦争は起きるかどうかわからないのに、なぜ反対運動をするのですか。
 平和運動には、戦争が起きてから始まる平和運動もあれば、戦争が起こる前に戦争を起こすな、という平和運動もあるよ、
 平和を願うのなら、戦争が始まる前に戦争をするな、という平和運動が大事だということは当然ではないだろうか。
 4月5日からマスコミが急に第2次朝鮮戦争の可能性を報道し始めたことに気づいていないかい、
 今こそ、戦争をするな、という声を急いで強めなければならないのではないだろうか。

 森友学園の問題もあるし、テロ等準備罪の問題もあるし、忙しいのに。
 それらが重要だということは貴方のいうとおり。しかし、それらの課題を取り組んで、第2次朝鮮戦争反対の課題をやらなければ、「何とバランス感覚のないこと」といって笑われるよ。ことは、私たち日本人の生命がかかっている問題なのだから。自分が殺されても森友学園の問題が大事という人は、
いないでしょう。

 見たところ、第2次朝鮮戦争反対と言っている人は少ないし。
 日本人得意の横並び意識で反対運動をしなければ、世界の人の笑いものになるよ。まず自分がどう考えるかが基本ではないだろうか。日本の国民が横並びでアジア太平洋戦争に突入していった歴史をわすれてはならないと思うよ。
 石井百代さんは「徴兵は命かけても阻むべし 母・祖母・おみな牢に満つるとも」と歌いましたが、「徴兵」を「戦争」に代えても作者には失礼にならないと思います。

 上部団体の指示もないのに勝手に動いていいのかしら。
 貴方は、あなたの生命や人生を上部団体におまかせているのですか、それでは「金正恩、万歳」という北朝鮮の「民衆」と同じではないですか。日本は、団体の尊重より、まず個人の尊重が大事な国のはずです(憲法第13条)。

 もう今からやっても遅いのでは。
 少しでも可能性があれば全力を尽くすのが当然ですよ、また今声を挙げることが、第2次朝鮮戦争の行方や第2次朝鮮戦争後のアジアの平和を左右することになると思います。
 私は、とりあえず、君の友人達に「私は第2次朝鮮戦争に反対です。一緒に反対の声をあげましょう」というメールを出すこと、首相官邸に「日本は第2次朝鮮戦争に一切協力しません、という声明を出してください」というメールを送ったら良いのではと考えています。
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html


  日本の平和主義者の皆さん!
 皆さんは何時から平和主義者になりましたか。
 今回の第2次朝鮮戦争に反対の声を挙げなければ、皆さんの平和主義者としての人生に重大な汚点を記すことになりますよ、それでいいのですか。

┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉┉
 以上、河内の本音トークでした。
 最近の朝鮮半島をめぐる情勢については、以下の記事も参考になると思います。
野口裕之「今、朝鮮半島では戦争小説でも表現できぬ恐ろしい事態が起きようとしている 邦人脱出計画の立案は間に合うか」
http://www.sankei.com/premium/news/170410/prm1704100004-n1.html

________________________________
                         以上



CML メーリングリストの案内