[CML 047570] 訂正と自己批判:フェイクニュースでした! Re: 「世界で一番貧しい大統領」として知られたホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領が死去ー市民自身が自ら考え立ち上がらなければ世界は変わりません!ホセ・ムヒカの遺志を継ぐ市民運動を全世界に広げて行きましょう!

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2017年 4月 11日 (火) 10:28:07 JST


この記事を読まれた皆さま 

大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。このスペイン語の記事は、その後、フェイクニュースであったことが判明いたしました。誤った情報を流してしまい本当に申し訳ありませんででした(エイプリルフールネタで具体的人物の訃報を流す感覚が理解できませんが)。陳謝いたします。喜ばしいことにホセムヒカ氏はご存命で、最近もその活動がニュースとして報道されています。 

驚いたのはこの記事に対する反響の大きさでした。いかに多くの日本の市民によってホセムヒカ氏が敬愛されているのか、本当に実感できました。 

同時に、SNSを通じたフェイクニュースの拡散の仕方も目の当たりにしました。SNSは同じ志向性を持った人々がつながりやすいので、私の「友達」(現在、4217人)や所属しているコミュニティやグループもほぼ同じ志向性を持った(戦争や差別、貧困や不平等、環境破壊を憎み、平和や人権、民主主義や平等、環境保護を愛する=ジャスティスの実現を目指す)人々が集まっていると思います。そうした同質的な集団で、こうした琴線に触れるニュースが流れると一瞬にしてそのニュースに何百人、何千人が反応し、シェアしてしまう。こうしてフェイクニュースが拡散していくのかと気づかされました(これは反対側のヘイトや排外主義、ネットウヨのSNSでもそうなのでしょう)。 

今回、フェイク情報を流してしまい本当にすいませんでした。ある人が紹介していたスペイン語の記事を機械翻訳したら大変な内容でしたので思わすシェアしましたが、ある方からは「ホセムヒカに会いに行く予定であったのに」というコメントをいただくなど大変な悪影響を与えてしまいました。お詫びいたします。 

 内富 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 


件名: 「世界で一番貧しい大統領」として知られたホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領が死去ー市民自身が自ら考え立ち上がらなければ世界は変わりません!ホセ・ムヒカの遺志を継ぐ市民運動を全世界に広げて行きましょう!
    
心よりお悔やみを申し上げます

 機械翻訳で無茶苦茶ですが「世界で一番貧しい大統領」として知られたホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領が死去されたとのこと、心より哀悼の意を表します。

 人類の良心のような人間は静かに死に、戦争と金儲けで地球と人類を破滅に追い込むような政治家ばかりが世界中に蔓延・跋扈しています。

 市民自身が自ら考え立ち上がらなければ世界は変わりません!ホセ・ムヒカの遺志を継ぐ市民運動を全世界に広げて行きましょう!

 合掌

 内富 一

(以下、機械翻訳)
http://elpulso24.com/2017/03/27/america-de-luto-muere-el-expresidente-jose-mujica-en-un-hospital-de-california-a-sus-82-anos/


AMÉRICA DE LUTO | Muere el expresidente José Mujica en un hospital de California a sus 82 años - elpulso
elpulso24.com
La familia del ex presidente de Uruguay, José Mujica, con profundos remordimientos anunció la muerte


声明で家族を言った元ウルグアイ大統領、ホセ ・ ムヒカの家族は深い遺憾の意と彼女の最愛のホセ ・ ムヒカの死を発表します。リリースによると元の社長は、治療を受けた彼、アメリカ合衆国のカリフォルニア州の病院で死去。ホセ ・ ムヒカが公表されていない病気に対して戦いの週後密かにアメリカ合衆国に移されたといわれています。地元のカリフォルニア州の新聞は、元ウルグアイ大統領が彼の死の前に 3 日間ベーカーズ フィールド中心病院に入院したことを報告しました。

家族の声明では、彼の死の原因を言及していないが入院した病院は心臓関連の病気の彼が死んだことを示します。家族に近い筋は、ホセ ・ ムヒカと闘っていた胸の痛みまでアメリカ合衆国でさらなる治療のため地元の病院から送信されたヶ月間を明らかにしました。    


CML メーリングリストの案内