[CML 047520] テント日誌 4月4日(火)【追加分】経産省前テントひろば1807日目後 226日目

木村雅英 kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2017年 4月 7日 (金) 11:27:25 JST


(標記日誌の追加分を転送します)

【脱原発テント日誌4月4日(火)版】 追加分
経産省前テントひろば、2011年9月11日(テント設置日)から、2,033日目


(追加)◎3月26日(日)冷たい雨の中だが楽しく過ごせた 
 この日は冷たい雨。幟の代わりにパラソルを掲げました。さすがに実際雨が降っていると、警官もパラソルに文句はつけませんね。もう一つ欲しい、買っておいて、とカンパをいただきました。人数も少なかったけど、雨の中でも、ちゃんとみんなで歌を歌い、楽しく過ごしましたよ。
 Fさんは、傘もささずに夢中になってゴミ拾い。今日は、45リットル袋を二袋も。それはいいけど、赤白のコーンの壊れたのまで拾ってきちゃって、そんなものは警察に任せておけばいいじゃないですか。というより、道交法違反とか難癖つけられて、逮捕されちゃっても知りませんよ。 いつも経産省敷地内のゴミを拾ったりして、窃盗とか、難癖つけられかねない。危なくってしょうがないです。
 ラストは、元気にシュプレヒコール。怒りに満ちたKさんの写真がいいでしょう?!この日の事務所お茶会は、M子さんが初参加。M子さんは、事務所まで歩くのは無理ですが、Fさんの車で運んでもらいました。
(H・Y)


(追加)◎4月2日(日)日曜は音楽が楽しいのです 
 前から日曜は音楽をやる人が多いのですが、この日は、いつもは音楽に参加しないKさんも指揮をしたりしてノリノリでした。厳しい指導者のIさんが手書きで楽譜を書いてくれましたので、はしゆきも縦笛で参加しました。 
 他にはタブレットの練習をするTさんや川柳を披露するRさんなど。K子さんはスケッチブックプラカードで意思表示。
一人一人は短時間の参加でも、次々と人が来て、楽しい時間を過ごしました。
 Fさんは会う人ごとに音波電動歯ブラシを売ろうとするので、いい加減にしなさいとみんなで叱りました。終了後は事務所でコーヒーもいつものパターンです。
(H・Y)


(追加)◎4月4日(火)「放火事案」の看板は撤去された 
 今日は本当に暖かかった。Tシャツ1枚でも過ごせそうな経産省前の歩道に座って、午後の数時間を過ごした。目の前の桜は5分咲き、となりに座っているYさんは、花見弁当を食している。
 先月末に弁護団と撤去させるにはどうしたらよいかと相談していた「放火事案」云々の立て看板が、4月1日に撤去された。年度の切り替えということか。すっきりした経産省門前の歩道を行き来する方々を見ながら、原発事故の避難者に帰還を「命令」し、なお避難を継続している人間を「自主」避難と称して「非難」する復興大臣の失言を聞くに及んで、「復興」とは切り捨ていなのかと驚く。
 午後2時過ぎには太陽の光を西側の高層ビルが遮ぎるようになって、あっという間に寒さがやってきた。後半のみなさんが座り込みを始めたところで、寒さに耐えかねて早々に退散した。
(EO)

以上


CML メーリングリストの案内