[CML 045298] Re: 説はいろいろあっても不自然とは思いませんが:9条発案者は幣原ではない!

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2016年 10月 14日 (金) 07:48:43 JST


みなさん増田さんお世話様 石垣です。

増田さんはご自分の見解を堀尾輝久さんに直接伝えることでしょう。

平和憲法は当時の日米両政府の政治的産物ですから、

取り方によっていろいろな説が出ても不自然とは思いません。

天皇の戦争責任を回避させる為の日本政府と、天皇を利用しようとした

米政府との合作であることは間違いありません。

はっきりしていることは

「平和憲法、米政府押しつけ論」は誤りで、

押しつけられたのは「日米安保条約」でしょう。

安倍首相が何と言おうが、

九条・平和憲法に諸手を挙げて賛成したのは「戦争はもう、こりごりだ」という日本国民、市民

の大多数であったことは間違いありません。

以下転送です
皆さま
こんばんは。増田です。これはBCCでお知らせします。重複・超長文、ご容赦を!

『日刊ゲンダイDIGITAL』(2016年10月11日)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191251
に、8月12日の東京新聞に引き続き、堀尾輝久氏が「新史料」を発掘したので「9条発案者は幣原」であり、「押し付け憲法論は覆った」という記事が載っています。

これは、明らかに事実ではなく誤っているので、憲法学者さんや歴史学者さんから反論が直ぐに出るだろうと思っていたのですが、なぜか、全く出てきていません。あるMLでは、この『ゲンダイ』記事を、どんどん拡散して「市民同士で伝え合い、子孫のため、真実を浮き彫りにして行きましょう。」という投稿がありました。

かなり迷って、以下のように返信しました。日本国憲法の成立過程はとても大切なことだと思いますので、本当に超長文になってしまい申し訳ないのですけど…と言って、これで、最低限に絞ったつもりなので…お時間のある時に読んでいただければ幸いです。

**********************
【ゲンダイ記事を超拡散!】「マッカーサー書簡で判明。押し付け憲法論は覆った」 

○○さま
  こんばんは。増田です。
 
  どうしようかと迷ったのですが…堀尾氏の主張の誤りの指摘には、かなりの長文が必要になりそうですし、なによりも、9条護憲派にとっては「9条発案者は日本人の幣原だった。マッカーサー=GHQに押し付けられたのではない」となるのは都合がいいですし…と。
 
でも、やはり、「都合がいいか」「都合が悪いか」で歴史の事実を偽造してはならない、と考えますので、返信します。
 
  ハッキリ言って、有名な学者さんであっても、堀尾氏の主張は誤りです。
 

1、「新史料」だとしても、無価値
「1958年12月に憲法調査会(56~65年)の高柳賢三会長とマッカーサーらによって交わされた書簡」によって、1946年2月3日にマッカーサーがホイットニーGHQ民政局長に提示した三原則…いわゆる「マッカーサー三原則」…のうち
 
「 II
国家の主権としての戦争は廃止される。日本は、紛争解決の手段としての戦争のみならず、自国の安全を維持する手段としての戦争も放棄する。日本は、その防衛と保護を、今や世界を動かしつつある崇高な理想に信頼する。日本が陸海空軍を保有することは、将来ともに許可されることがなく、日本軍に交戦権が与えられることもない。」(原文は http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/03/072shoshi.html)

の発案者が幣原だった、という証拠とするには、あまりにも無理があります。
 
  マッカーサーが「9条発案者は幣原だった」と公言した最初は「1951年5月5日の米議会上院軍事外交合同委員会公聴会での証言」だったようです。幣原平和財団『幣原喜重郎』(1955年)によれば
「幣原首相は『長い間熟慮して、この問題の唯一の解決は、戦争を無くすことだという確信にいたり、ためらいながら軍人のあなたに相談に来ました。なぜならあなたは私の提案を受け入れないと思うからです」『私はいま起草している憲法に、そういう条項を入れる努力をしたい』といった。
 
私は思わず立ち上がり、この老人の両手を握って『最高に建設的な考えの一つだ』『世界はあなたを嘲笑するだろう。その考えを押し通すには大変な道徳的スタミナを要する。最終的には(嘲笑した)彼らは現状を守ることはできないだろうが』。私は彼を励まし、日本人はこの条項を憲法に書き入れた。」
 
ですから、8月12日の東京新聞記事や10月11日の『日刊ゲンダイ』が、いくら堀尾氏による「新史料、発見」と言ったところで、1951年5月5日にマッカーサーが公言したことを、1958年の12月にマッカーサー自身が否定するわけはないのですから、この「新史料」に全く価値は無いのです。
 
だから「大手メディアは全然反応しません」のは当然です。古関彰一氏などの憲法学者さんたちが反応しないのは、有名な学者さんである…教育史の専門家?…東大名誉教授の堀尾氏に「恥をかかせては悪い」と思ってらっしゃるからではないかと私は考えています。。
 
ちなみに、古関先生は『憲法9条はなぜ制定されたか』(岩波ブックレット「幣原首相はGHQ案に反対だった」P14)『新憲法の誕生』(中公文庫 「『戦争放棄』の発案者」P137))で「9条、幣原発案説」をハッキリと否定していらっしゃいます。
  (以下再掲につき省略します)
 


CML メーリングリストの案内