[CML 045171] 【報告】第1993日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2016年 10月 3日 (月) 07:14:11 JST


青柳行信です。10月 3日(月)。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1993目報告☆
      呼びかけ人賛同者10月2日合計4215名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
           
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
    <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
10月に入ったというのに ひどい暑さが続く毎日ですね。
この2日、鹿児島に行って来ました。
鹿児島も もっと暑かったです。
写真のグループの例会があり、写真の合評会と 展示された写真の講評を聴いてきま
した。
力のある写真が多く、いい勉強になりました。
あんくるトム工房
リアリズム写真集団  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4075

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆ ☆TPPは農業破壊と見極めて 東北5県で「革命」起こる
 ☆黒塗りの交渉経過を見せられて怒らぬ議員は並び大名
 ☆「国民の命を削るTPP」 クリ・トラ候補も反対に回る
 ☆しかもなおTPPに固執するアベノミクスはホロビノミクス
 ☆オール沖縄・オール東北が実り上げ 市民革命粛々として
        (左門 2016・10・3−1528)
 ※「オールみやぎの会」のメンバーが口をそろえるのは、「安保
 法制廃止」だけでなく、「原発再稼働反対」「TPP反対」などにも
 野党と市民の共闘の裾野、網の目を広げいく必要性です」。(し
 んぶん赤旗・日曜版、9・18,4・5面より)。菅官房長官だけで
 なく、「粛々」は市民の側でこそ進んでいます!さらに・・・・!

★ 福岡市の福島久子 さんから:
 ☆縦割りの弊害無くなる横串で
 ※小池都知事が都庁の仕事に対して、横串を入れると言いました。
 横串という言葉、私は知りませんでした。
 一般に役所は昔から指摘されているのに、どうして横串を通さないんでしょうかね。

★ 大分市 島田 雅美 さんから:
(九電大分支社前1900日行動)
青柳 行信 さま
毎日メールありがとうございます。
テントでの抗議行動もご苦労様です。
遅ればせながら、70歳のお誕生日、おめでとうございました。
これからも元気で、お互いに頑張りましょうネ。
心配頂いていた私の左脚も、どうにか動くようになって、
ボツボツ歩いています。

大分の方は「九電毎日抗議行動」が、いよいよ1900日になります。
それで、10月3日(月)8:00〜16:30 於:九州電力大分支社前
いつもの行動で、時間だけを延長します。
とにかく、九電が10月6日などと言わず、一刻も早く川内原発を止め、
もう2度と再稼動させないように。
玄海原発の再稼動も、とんでもない!

九電には抗議文を提出して、道行く人たちには、プラカードで訴えます。
30分でも1時間でもかまいませんので、自前のプラカード(大きな字で
はっきりと訴えたいことを書いて)をそれぞれお持ち下さい。

尚、大分支社前には病院が2軒と高齢者施設などがありますので、
静かな行動になります。16:30には、参加者で抗議文を出します。
通常は、平日「あさ」8:00〜9:00(土・日・祝は、10:00〜11:00)
      「ひる」15:30〜16:30(いつも同じ)
今のところ、年中無休です。

※「原発いらない!」だれでもデモ のご案内
10月30日(日)・11月27日(日)・12月25日(日)
13:00 九電大分支社前出発。約1時間コース。(毎月最終日曜日デス!)

★ 宮崎・黒木和也 さんから:
*汚染水増、想定超え続く=タンク不足も解消せず―「凍土壁」運用半年・福島第1
時事通信 10月2日(日)14時30分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000034-jij-soci

*廃炉目前の「もんじゅ」に記者が潜入取材 資源小国日本を救う「夢の原子炉」だったはずが、今では…
産経新聞 10月2日(日)12時35分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000514-san-soci

*週のはじめに考える 役に立たない地震情報
東京新聞 【社説】 2016年10月2日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016100202000155.html

*官製再編による“日の丸原発’はプラスかマイナスか
ニュースイッチ 10月2日(日)9時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00010001-newswitch-ind

*<電力自由化半年>選択肢少なく東北動き鈍い
河北新報 10月2日(日)10時0分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000028-khks-bus_all

*「健康相談」体制拡充を視野 厚労相、原発作業員など17年度
福島民友新聞 10月2日(日)11時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00010009-minyu-l07

★ 中西正之 さんから:
福岡高裁宮崎支部の仮処分決定が見逃した重大な事実および2016 年熊本地震と島崎氏の問題提起で暴かれた適合性審査の過誤・欠落1を報告します。
<福岡高裁決定における誤認定>

若狭ネットのブログに「川内原発1・2号運転差止訴訟(本訴)裁判体(鹿児島地裁民事1部の合議体)へ意見書を提出しました」の記事が掲載されています。
http://wakasa-net.sakura.ne.jp/news/senikensho2016.pdf

この意見書は、鹿児島地裁への「川内原発1・2号運転差止訴訟(本訴)」の基準地震動問題のものですが、内用が非常に詳しくなっています。内容が非常に専門的なので、裁判関係
者に内容がよく理解されるのかどうかは心配ですが、内容は非常に重要なものです。

この意見書だけを読んでも、分かりにくい処がありますが、内容を良く調べる事により、分からない部分も判明してきて、より理解が進むと思われます。
1ページに「1はじめに」の説明があり、2016年4月6日の福岡高裁の「川内1・2号炉の運転差し止め仮処分に係わる即時抗告の棄却」に何の問題が有るかの概略が説明され
ています。2ページから17ページまでは、「2福岡高裁決定における誤認定」の説明が詳しく記載されています。
 2ページから9ページまでは「2.1求められる安全性のレベル」と「2.2審査基準と適合性の評価、具体的な危険性の存在の否定を直接心理」が説明されています。
 これらの部分は原発裁判の在り方を論じており、極めて明快な論旨なので、原発裁判の在り方がよく分かります。
 9ページから17ページは「基準地震動における不確かさ考慮」で最近の基準地震動問題でひじょうに重視されるようになっているテーマーと思われます。

 10ページに『この記述を見れば,福岡高裁決定では「認識論的不確定性」と「偶然的不確定性」を区別できていないことがわかる.確かに,地震動のばらつきは地域性によると
ころが大きいが,そのばらつきには,さまざまな知見と調査を尽くせば低減できる「認識論的不確定性」と,いくら手を尽くしても低減できない「偶然的不確定性」の2種類があ
る.福岡高裁決定は前者については理解しているようだが,後者については全く理解できていない.データ解析の経験がなければ,それも無理はないが,最新の知見によれば,地震
動に含まれるばらつきを2つの不確定性に分離し,偶然的不確定性を定量的に明らかにする試みが始まっている.内山・翠川(2013)[70] の試みがそれであり,次のように述べてい
る.「地震動強さのばらつきは,認識論的不確定性(epistemic uncertainty)と偶然的不確定性(aleatory uncertainty)に分離することができる.
 
認識論的不確定性は,より正確なモデル化や新しい知見・データを追加することで低減可能なばらつき,偶然的不確定性は新しい知見・データが追加されても低減不可能なばらつき
である.」「震源特性における震源メカニズムや破壊伝播方向, 伝播経路における媒質(速度, 減衰構造)の不均質性, サイト特性における地盤の不整形性や入射角などによる地震
動強さの違いは予め想定することが困難であり,これらが地震間および地震内のばらつきにおける偶然的不確定性の要因になっていると考えられる.」「地震間のばら
つきは震源特性,地震内のばらつきは伝播経路・サイト特性がばらつきを与える主たる要因として指摘されている.」』
と2013年に発表された[70] 内山泰生・翠川三郎(2013):距離減衰式における地震間のばらつきを偶然的・認識論的不確定性に分離する試み,日本地震工学会論文集, 第13 巻, 第
1 号, pp.37-51(2013)の論文による新知見の考察が説明されています。

 この考察は、10ページから13ページに説明されていますが、図1に示されているように、2004年北海道留萌地震における観測点の最大加速度の距離減衰と司・翠川(1999) 
による距離減衰式(実線が平均,破線が平均±標準偏差)との比較において2倍のばらつきがみられるので、『この地震が起こる前には距離減衰式の平均値の実線で予測する以外に
なく,たとえ認識論的不確定性によるばらつきを考慮して1.5倍に引上げていたとしても(耐専スペクトルで内陸補正をしない場合がこれに相当する),さらに2倍の偶然的不確定性等
が存在していることになる.』と説明されています。

 このように、電力会社は基準地震動の算定には、基準地震動における不確かさを考慮して、1.5倍の余裕を見ているようですが、「内山泰生・翠川三郎(2013):距離減衰式にお
ける地震間のばらつきを偶然的・認識論的不確定性に分離する試み」の新知見から見ても、見直しが必要な事は明らかと思われます。

 13ページから17ページには、「2.4.1 福岡高裁決定の誤った事実認定」が論議されています。
 この部分の内容は、極めて専門的な項目で、前の鹿児島地裁や福岡高裁の原告団の資料や、九州電力の反論資料を良く調べないと、内容が十分には理解できません。

★ 沼倉(たんぽぽ舎) さんから:
いよいよ本日から泊原発再稼働阻止10月連続行動が始まります。
10月3日、10時 六ヶ所「再処理工場門前」において出発式を行い、
泊原発再稼働阻止・大間原発建設反対 自転車隊が始動します。

10月5日〜8日にかけては後志(しりべし)14自治体への要請行動も予定されています。
申し入れは、泊原発再稼働阻止実行委員会が行いますが、
「反原発自治体議員・市民連盟」からの要請書も同時に14自治体にお渡し、申し入れを行います。
(「反原発自治体議員・市民連盟」の申し入れ書を添付します)

以下、行動スケジュールです。
(1)10/3(月) 六ヶ所〜東通〜むつ(関根浜)〜大間
   10:00 六ヶ所 出発式 再処理工場門前
   10:15 出発 伴走者:1名 伴走車:1台(街宣車) 街宣隊
   
(2)10/4(火) 大間〜函館〜長万部
   7:00大間発?08:30函館着(津軽海峡フェリー)
   9:00 函館市役所前 記者会見 
   9:30 出発
      函館から長万部
   走者:7名 伴走車:3台 街宣隊

(3)10/5(水) 長万部〜黒松内〜寿都?蘭越〜ニセコ〜倶知安

   要請先:10:20 黒松内町役場・13:00 寿都町役場・15:00 蘭越町役場
         ・16:15 ニセコ町役場
       (あくまで、めやすの時刻を表記しています。前後します。)
   走者:4名 伴走車:3台 街宣隊
  
(4)10/6(木) 倶知安〜共和〜岩内〜泊〜神恵内?積丹

   要請先:09:00 倶知安町役場・11:10 共和町役場・14:00 岩内町役場・15:40 泊村役場
       ・16:30 神恵内村役場
       (あくまで、めやすの時刻を表記しています。)
   走者:4名? 伴走車:3台 街宣隊

(5)10/7(金) 積丹〜古平〜仁木〜余市〜小樽

   要請先:09:00 積丹町役場・10:20 古平町役場・11:30 余市町役場・13:10 仁木町役場
       ・16:00 小樽市役所
       (あくまで、めやすの時刻を表記しています。)
   走者:4名 伴走車:3台 街宣隊

(6)10/8(土) 小樽〜札幌大通公園8丁目広場
        「さよなら原発北海道集会」に合流
   走者:6名 伴走車:3台 街宣隊

「自転車隊」問い合わせは、
 伴走車乗車の沼倉(080−1012−4661)までお願いします。

★ No Nukes Asia Forum Japan  さんから:
  <NNAFJおしらせ>

■講演会「原発輸出とアジアの反核運動のいま」  
チラシ https://tokainet.wordpress.com/

お話:宇野田陽子さん(ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局)

・原発輸出をめぐる状況   
・アジアの反原発運動の歴史  
・各国の動き〜   台湾:2025 年までに全原発廃止!  インド:日印原子力協定 と クダンクラム、ジャイタプール の住民たちの闘い  トルコ:シノップ原発計画に抵抗する人び
と   ベトナム:ニントゥアン原発計画を先送り etc 
・アジアの反原発運動と私たち〜   原発再稼働と原発輸出は表裏一体

10 月8 日(土)13:30〜16:10(開場 13:15)
場所:名古屋市教育館 第8研修室(地下鉄「栄」駅2か3、10B 出口より西へ1分) 
参加費:500 円(学生/原発事故避難者は無料) 
主催:未来につなげる・東海ネット https://tokainet.wordpress.com/
     フェアトレード&エコショップ オゾン http://aift.jp/               
問合せ:052-935-8738             
   
10 月9 日(日)15:00〜17:50(開場 14:30) 
場所:アスト津(JR 津駅東口すぐ)3FミーティングルームA・B 
参加費:500 円(学生/原発事故避難者は無料)
主催:原発おことわり三重の会 http://okotowarimie.wordpress.com  
問合せ:080-3669-8009(笹木)unio-mystica2025 at i.softbank.jp    

■「オーストラリア、核燃サイクルの上流と下流
  ─ アボリジニーの大地と日本の原発のかかわり」

お話:細川弘明さん(京都精華大学教員、原子力市民委員会)

10 月29 日(土)18:30〜20:30
場所:エル大阪(地下鉄・京阪 天満橋駅5分)604号室
参加費:700 円(学生/原発事故避難者は無料) 
主催:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
問合せ:080-6174-8358(佐藤)

・アボリジニの人々がイギリスの核実験でうけた被害、そしてそのあとウラン採掘を中心とした原子力産業から受けてきた被害について
・そうした動きに対してアボリジニの人々がどのように闘ってきたか、非アボリジニの人々がどのようにそれを支えてきたか
・原子力をめぐる日本とオーストラリアの関わり 福島事故までと福島事故後
・オーストラリアの人々、特にアボリジニの人々の福島原発事故への反応
・オーストラリアでの放射性廃棄物処分場計画について。
・日本の私たちができること、考えるべきことはなにか?

★南オーストラリア州を世界の核のゴミ捨て場にするな! → 署名してください
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/165

●「オーストラリアのアボリジニの人々が立ち向かう、放射性廃棄物をめぐる戦争」
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/143
・・・南オーストラリア州では、日本、台湾、韓国などからの放射性廃棄物の処分場を建設するという計画があります
(ノーニュークス・アジアフォーラム通信No.141より)

************************
★ノーニュークス・アジアフォーラム通信141号(8月20日発行、B5-32p)もくじ

■ オーストラリアのアボリジニの人々が立ち向かう、放射性廃棄物をめぐる戦争
(ジム・グリーン)
■ 台湾「第四原発凍結予算」5億元削除!(原発廃止全国プラットフォーム)
■ トルコ、2つの裁判闘争とアックユ原発プロジェクトの再開
■ クダンクラム原発の引き渡しとインド政府の「感謝」(PMANE)
■ 中国・連雲港で使用済み核燃料処理施設の建設に市民らが抗議
■ 平岡敬元広島市長のハプチョン・テグ訪問記(高野聡)
■ 核、次世代に渡せぬ 原爆投下71年 伊方原発(大分合同新聞)
■ 伊方原発運転差し止め広島裁判について(堀江壮)
■ 原発をとめるための2つの方法(小坂正則)
■ 大間原発反対現地集会と大MAGROCK(中道雅史)
■ 原発メーカー訴訟・第一審判決を受けて(島昭宏)

年6回発行です。購読料(年2000円)
見本誌を無料で送ります。事務局へ連絡ください
sdaisuke at rice.ocn.ne.jp

★NNAF通信・主要掲載記事(No.1〜141)
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/keisaikiji.htm

**************************************
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
http://www.nonukesasiaforum.org/japan/ 
https://www.facebook.com/nnafjapan

★大好評! 増刷されました 『原発をとめるアジアの人々』
推薦文:広瀬隆・斎藤貴男・小出裕章・海渡雄一・伴英幸・河合弘之・鎌仲ひとみ・
ミサオ・レッドウルフ・鎌田慧・満田夏花
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/136f.htm

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●さよなら原発!福岡 例会●
10月13日(木)18:30〜 
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
チラシ http://tinyurl.com/j5hhcmn
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

☆活動・報告メルマガへのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 口座番号 01770−5−71599 

●市民連合ふくおかミーテイング●
日時:10月24日(月)18:30〜21:00
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
        地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

● 市民連合ふくおか 「市民憲法講座」●  
     「憲法について語りあおう」
第5回目:10月26日(水)18:30〜
・発題者:石村善治(福岡大学名誉教授・憲法研究者)
・テーマー 「立憲主義」と言論の自由
       案内チラシ :http://tinyurl.com/zlr4u9u
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/h7pmzg2

●梅田裁判の控訴審第一回期日 福岡高裁●
11月7日(月曜)午後2時〜501号大法廷予定。
梅田裁判支える会ニュースレター第17号
http://tinyurl.com/j37rtmx

・裁判傍聴お願い・樋口健二(報道写真家)さん講演会
http://tinyurl.com/jzxhrfb

●さよなら原発!全国集会●
「川内原発は、2度と動かさない」
日時:11月13日(日)13:00〜16:00
場所:鹿児島中央駅東口広場
13:00 〜14:00 集会
14:00 〜16:00 パレード
主催 ストップ川内原発!3.11鹿児島実行委員会  
共催 原発いらない!九州実行委員会
後援 さようなら原発1000万人アクション
   原発をなくす全国連絡会
   再稼動阻止全国ネットワーク
   首都圏反原発連合
チラシ http://tinyurl.com/j7yaeea

☆鹿児島行
 申し込み 募集 ☆ 皆様、ご一緒に行きましょう。

・貸し切りバス(47人乗り大型) 福岡・鹿児島往復 大人5,000円
    高校生まで半額。 ※座席の不要な幼児は無料です。
 福岡乗車場所 福岡天神日銀前 午前8時発 帰福午後9時過ぎ着(予定) 

・天神 日本銀行前(福岡県福岡市中央区天神4丁目2 昭和通り)発
・福岡市中央郵便局の隣

 申し込み先メール: hendrix1965317 at gmail.com  (浅野隆樹)
     住所・氏名・電話・住所 記載よろしくお願いいたします。
 
※24時間以内に確認のメールをお送りします。
  メールの受信制限をしている方は、指定受信の設定をお願いします。

・募集 貸し切りバス(47人乗り大型)2台 94名定員
 申し込み締め切り: 先着順 できるだけ早めによろしく。
 連絡先: 080-6420-6211 (青柳行信)   

●アベ政治を許さないin 福岡実行委員会●
11月17日(木)18:30〜
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団● 
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
第19回期日11月18日(金)佐賀地裁 14:00
第20回期日 1月27日(金)佐賀地裁 14:00

●新規制基準のもと、設置変更許可処分に対する初めての取消訴訟●
第二回口頭弁論 11月16日(水)11:00 福岡地裁301号大法廷
 福岡地裁 門前集会 10:30 川内原発を止めよう! 
チラシ http://tinyurl.com/glvm9mz
・第三回 2月8日(水)11時 ・第四回 5月10日(水)11時
                   (川内原発異議申立て行政訴訟)
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/archives/16-06-10/
  福岡地方裁判所 福岡市中央区城内1−1(地下鉄・赤坂から徒歩5分)
  地図: http://tinyurl.com/n9mzhky
下記、脱原発弁護団全国連絡会のサイトの訴訟一覧 44番目に掲載されていま 
す。 http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/list/

●玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会●
http://saga-genkai.jimdo.com/

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆            
    午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
     <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内