[CML 045648] ウィル・スミス「コンカッション」は脳震盪 若死に自殺アメフト無惨

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2016年 11月 13日 (日) 08:20:45 JST


映画「コンカッション」 <http://www.kinenote.com/concussion/>

法廷での場面から始まる。臨床病理学・解剖病理学など法医学の立場から証言する医師。容疑者の弁護もボランティアでやってると。

ウィル・スミスが今回演じるのは、ナイジェリア人の優秀な医師。ペンシルベニア州ピッツバーグで検死官として働くいている。孤独死したアメリカンフットボールの元ヒーロー選手の死因を調べる仕事。車に寝泊まりするほど転落したスポーツ選手の死因は、何か。詳しく調べているうちに脳を強打し続けたためだと分かる。

米国人気のスポーツ。大企業も協賛しているだけに、妨害も激しい。しかし、その後に何人もの元選手が若死に自殺している。実話に基づいた作品。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内