[CML 045644] 東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会第4回公開シンポジウム12.5東京

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2016年 11月 12日 (土) 21:42:42 JST


前田 朗です。
11月12日

転送歓迎

東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会第4回公開シンポジウム
(東京開催、2016年12月5日)
http://east-asian-community-okinawa.hatenablog.com/

「中国・北朝鮮脅威論の内実を問う!」

期 日:2016年12月5日(月)17:00〜19:00(開場16:30)
会 場:衆議院第二議員会館(東京都千代田区永田町2-1-2)
資料代:500円(非会員のみ) ※事前申し込みは不要です。

<プログラム>
(共同代表からの開会の挨拶)  司会者:木村 朗(鹿児島大学)

機仝槎笋らの開会のご挨拶(17:05〜17:20)※15分
前田哲男(軍事評論家) 
「東アジア共同体の安全保障構想」

供ヾ霙簡鷙陝17:20〜18:8:10)※各25分
【第一報告】
高野 孟(ジャーナリスト、『インサイダー』編集長)
「米中および日中の海空連絡メカニズム」
【第二報告】
田岡俊次(軍事評論家)
「北朝鮮の“脅威”にどう対処すべきか」

掘ー禅親は澄18:10〜18:50)
新垣 毅(琉球新報記者)
「沖縄にとっての『脅威』」※20分
フロアから      ※20分

検仝槎笋らの閉会のご挨拶(18:50〜19:00)※10分
進藤榮一(国際アジア共同学会会長)
「東アジア共同体と沖縄」

【現地問い合わせ先】ご不明な点等がございましたら以下までお願いいたします。
野平晋作(ピースボート共同代表)090−6015−6820、nohira at peaceboat.gr.jp
または木村朗(鹿児島大学)090-2856-0955、kimura at leh.kagoshima-u.
ac.jp





CML メーリングリストの案内