[CML 043608] 6/10第4回 日隅一雄 情報流通促進賞 表彰式のお知らせ

Akio Taba akio-taba1116 at nifty.com
2016年 5月 30日 (月) 16:56:33 JST


田場です。

袴田事件の映画監督、原発や秘密保護法の報道に注力された記者の皆様
などを表彰します。

神保哲生さんの講演「メディアは表現の自由の危機を跳ね返せるか
   〜国連特別報告者の暫定所見を踏まえて〜」もあります。

みなさま、ぜひ、ご参加ください。

田場
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   第4回 日隅一雄 情報流通促進賞 表彰式のお知らせ
   日時:6月10日(金曜日)18:30〜20:00
       於日比谷図書文化館大ホール
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日隅一雄・情報流通促進賞は、表現の自由、情報公開、国民主権の促進に生涯を
捧げた故日隅一雄弁護士の理念を基に、日隅一雄・情報流通促進基金によって2
012年に設けられました。公正な情報の流通を促進し、真の国民主権の実現に
貢献している個人や団体を顕彰しています。
このたび、選考委員(落合恵子さん、三木由希子さん、岩崎貞明さん)による厳
正な選考を経て、本年度の受賞者を決定し、6月10日にその表彰式を開催いた
します。

本年は例年にもまして多彩な受賞者の方々が選ばれました。受賞者の方々と選考
委員のみなさまからスピーチをいただくとともに、記念講演としてインターネッ
トメディア「ビデオニュース」を主宰し、雑誌「世界」に「メデイア批評」を連
載されている神保哲生氏に、国連表現の自由特別報告者のデビッド・ケイ氏の所
見にも触れながら、日本社会における表現の自由と知る権利について講演してい
ただき、今後の日本社会の情報流通のあり方を一緒に考えたいと思います。

●参加費:無料
●記念講演 神保哲生氏(ビデオニュース・ドットコム代表)
 「メディアは表現の自由の危機を跳ね返せるか
   〜国連特別報告者の暫定所見を踏まえて〜」

●表彰式
大  賞:金聖雄氏(袴田巌さんを撮影した映画「夢の間の世の中」の監督)
奨励賞:中日新聞記者 榊原崇仁氏(新聞紙面を通じた継続的な原発報道)
特別賞:共同通信記者 鎮目宰司氏(福島原発事故の津波対策懈怠に関する一連
                 の報道)
    毎日新聞記者 青島顕氏/日下部聡氏(秘密保護法に関する一連の報道)

●会場:日比谷コンベンションホール(大ホール)
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
東京都千代田区日比谷公園1−4(旧・都立日比谷図書館)
●開場:18:00
●開始:18:30〜

東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C3・B2出口より徒歩約5分
都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
東京メトロ 千代田線・日比谷線「日比谷駅」 A14出口より徒歩約7分

主  催:日隅一雄・情報流通促進基金
http://hizumikikin.net/
共  催:NPJ(News for the People in Japan)
http://www.news-pj.net/
問合せ先:東京共同法律事務所 03-3341-3133(小竹・海渡)




CML メーリングリストの案内