[CML 043601] 投票先がないと嘆く有権者への訴え

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2016年 5月 29日 (日) 23:38:26 JST


投票先がないと嘆く有権者こそ、衆院選と同時に行われる最高裁裁判官国民審査で×を。1つの選挙区で1人だけを当選させるために厳しい選挙戦を強いるのが現在の1人区、小選挙区制。この小選挙区制が与野党とも選挙互助会政党にして、政党の魅力を奪っている。定数是正訴訟で選挙無効の判決を書いてこなかった裁判官に×を付けて背中を押し、定数是正訴訟で選挙無効の判決を出してもらえば、小選挙区制では定数是正が難しいため、選挙制度の抜本改正につながり、政策本位の政党再編を促し、投票したい先も生まれてくる。


太田光征


CML メーリングリストの案内