[CML 043502] これは「核なき世界」を願う広島市民への挑戦というべきではないか ――<米大統領広島訪問>元米兵捕虜も立ち会いへ 米政府が要請

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2016年 5月 23日 (月) 10:12:15 JST


<米大統領広島訪問>元米兵捕虜も立ち会いへ 米政府が要請 (毎日新聞) - 
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160522-00000057-mai-int

これは「核なき世界」を願う広島市民への挑戦というべきではないか。アメリカの広島・長崎への原爆投下責任の問題は
その投下によって一瞬時に何十万人という夥しい数の死者を出した被害者・被害都市としての「広島」「長崎」に固有の
問題というべきものであり、第2次世界大戦総体の戦争責任の問題とはまた別様の質を異にする問題です。それを同次
元の問題であるかのようにオバマの広島訪問を演出しようとしています。ここからはオバマには広島・長崎への謝罪の意
思はないことが透けて見えます。日本の安倍政権がこの問題をことさらに問題視することがないことを見越した上でのア
メリカ側の傲慢なパフォーマンスというべきものでしょう。こうしたアメリカ側の傲慢を許してはならない、と私は思います。


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内