[CML 043478] 「弟を殺した彼と、僕。」 原田正治 ポプラ社

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2016年 5月 21日 (土) 08:55:17 JST


「弟を殺した彼と、僕。」 <http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/blog-entry-590.html>
原田正治 <http://may23174.blog.fc2.com/> ポプラ社
<http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=80001480>

1983年愛知県での保険金殺人事件、犯人は死刑。

その被害者の兄が交流を続け、日本で初めて遺族として死刑廃止を訴える。

なぜ、その心境に至ったのかの記録。

このまえ福田ますみのルポを詠んだ 殺人の被害者兄は交流し 処刑のぞまず...福田ますみ本
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/990452f26dee66acebcdb26a0c9e2ff5>

今度は、被害者兄・本人の記録。なぜ、この心境に至ったか、静かに発酵したようすが描かれている。

加害者の姉も長男も自殺しているのが痛ましい。

最後に著者が、30年連れ添った妻と離婚してるのが悲しい。加害者の弁護人と安田好弘弁護士いがいは、ひどい弁護士ばかりでてくる。日本は闇か。

--------- 目次 -------------

プロローグ 僕が長谷川君と呼ぶ男 ・・・・・・5

第一章 弟の死 ・・・・・・8

第二章 憎しみの日々 ・・・・・・42

第三章 「思い」は静かに発酵する ・・・・・・100

第四章 面会 ・・・・・・142

第五章 生きていく意味 ・・・・・・192

第六章 執行の後で ・・・・・・230

エピローグ 被害者の救済と支援 ・・・・・・262



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...★福島みずほ応援団」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内