[CML 043413] 出版記念会6.18 「慰安婦」問題の現在――「朴裕河現象」 と知識人

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2016年 5月 15日 (日) 23:02:21 JST


前田 朗です。
5月15日

転送歓迎

******************************

問われる知識人とジャーナリズム
――『「慰安婦」問題の現在』出版記念シンポジウム

◎ 講演:  徐京植さん(東京経済大学教授)
◎ トークセッション:
  鈴木裕子さん(女性史研究者)
  今田真人さん(ジャーナリスト)
  前田 朗さん(東京造形大学教授)

◎日時:2016年6月18日(土)
  開場:午後1時30分
  開会:午後1時45分
◎ 場所:全水道会館5F 中会議室
  〒113-0033 東京都文京区本郷1−4−1
  TEL : 03-3816-4196
  ●JR水道橋駅 東口(お茶の水駅より)下車2分
  ●都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口1分

※ 本集会のお問合わせは、
三一書房まで 
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 3-1-6
電話:03-6268-9714
HP:http://31shobo.com/
メール:info at 31shobo.com
Face Book:www.facebook.com/31shobo
twitter:https://twitter.com/31shobo (@31shobo)




前田朗編 「慰安婦」問題の現在――「朴裕河現象」 と知識人
http://31shobo.com/?p=3905

第一部	問われる日韓「合意」
 ・鈴木裕子 解決には程遠い今回の日韓「合意」
 ・前田朗 いま何が問われているか
 ・金優綺  「合意」の全面無効を――朝鮮民主主義人民共和国の反応
 ・許仁碩 台湾政府は口先だけの対応をやめるべき
 ・キャロライン・ノーマ  戦時性奴隷とされた女性に歴史的正義を
    ――オーストラリア政府がなすべき対応
 
第二部  「朴裕河現象」を考える
 ・早尾貴紀  「和解」論批判 ――イラン・パペ「橋渡しのナラティヴ」から学
ぶ
 ・李在承 感情の混乱と錯綜: 「慰安婦」についての誤ったふるい分け
 ・前田朗 植民地解放闘争を矮小化する戦略
 ・金富子 新しさを装った歴史修正の動き
 ・能川元一  『帝国の慰安婦』における資料の恣意的な援用について
 ・李娜榮  「『帝国の慰安婦』事態に対する立場」声明の経緯と今後の方向

第三部 朝日新聞記事訂正問題を問う
 ・今田真人  「吉田証言」は本当だった――公文書の発見と目撃証人の登場

第四部 植民地主義と知識人の責任を問う
 ・徐京植 日本知識人の覚醒を促す――和田春樹先生への手紙
 ・前田朗  「慰安婦」問題と学問の暴力 ――植民地主義とヘイト・スピーチ





CML メーリングリストの案内