[CML 043402] 「帰還兵はなぜ自殺するのか」 デイヴィッド・フィンケル 亜紀書房

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2016年 5月 15日 (日) 07:26:33 JST


「帰還兵はなぜ自殺するのか」 <http://blogos.com/article/118758/> デイヴィッド・フィンケル
<http://www.nikkei.com/article/DGXKZO86144440V20C15A4MZC001/> 亜紀書房
<http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=712&kw=%E5%B8%B0%E9%82%84%E5%85%B5%E3%81%AF>

イラク・アフガン戦争から生還した兵士200万のうち、50万人が精神的な傷害を負い、毎年250人超が自殺する。

本書は、5人の兵士とその家族の実話。戦争で壊れてしまった男たちと、その家族たちのレポート。

194 帰還兵
睡眠中の妻を殺そうとする。子供に暴力をふるう。警察に訴えても何もしてくえない。ふと、機転を効かせて...未成年への性的関与を訴える(嘘)
帰還兵本人は司法取引を認める。

233 帰還兵の自殺前の行動

内田樹 <http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/282325983f19efc6a938619022cca81f>
の推薦文

「戦争はときに兵士を高揚させ、ときに兵士たちを奈落に突き落とす。若い兵士たちは心身に負った外傷をかかえて長い余生を過ごすことを強いられる。
その細部について私たち日本人は何も知らない。何も知らないまま戦争を始めようとしている人たちがいる。」



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...★福島みずほ応援団」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内